2011.05.14

さくらインターネットにOpenCVをインストールし顔画像認識

以前にPython+PILで画像処理してハードウェア(arduino)と連携させるという記事を書いたが、PILより面白いことができそうなOpenCVにも挑戦してみた。

ちなみにプラットフォームはMacBook+Pythonではなく、さくらインターネット+Pythonにした。また、お題はOpenCVの顔ともいえる顔画像認識を選んだ。

 

4873114136 詳解 OpenCV ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識
Gary Bradski Adrian Kaehler 松田 晃一
オライリージャパン  2009-08-24

by G-Tools

Continue reading "さくらインターネットにOpenCVをインストールし顔画像認識"

|

2011.04.17

Pythonを使いTwitterアイコンから綿菓子を作る技術

突拍子もないタイトルですが、「インタラクティブわたがし」をエレキジャック・フォーラムで展示してきましたので、このあたりの技術情報を書いておきます。

100_3027

「インタラクティブわたがし」とは、@a_onoさん、@weed_7777さんと共同で開発している、3色のザラメを使って綿菓子を作るというプロジェクトです。3色の比率を綿菓子機側でシリアル通信で受け取るように作っているので、理論上はシリアル通信ができれば何でも綿菓子にできます。(そ、そりゃ言い過ぎじゃないか・・・)

私は来場されたお客様のTwitterアイコンに似た色の綿菓子を作るために

 ・Pythonで画像処理する

 ・Pythonでハードウェアを制御する

というパートを担当したので、このあたりの技術情報を紹介します。

Continue reading "Pythonを使いTwitterアイコンから綿菓子を作る技術"

|

2010.12.12

Google AppEngineの雑テクニックを7個(Python歴2ヶ月目)

Google AppEngineで変な物を作っている。Gitで変更点にコメントを残しながら書いているが、機能に関係しない類のノウハウは埋もれがちだ。そんなわけで、ちょこまかとしたものを、こちらに転記する。

タイトルのとおり、Python歴2ヶ月なので、あまり期待しないように。

Continue reading "Google AppEngineの雑テクニックを7個(Python歴2ヶ月目)"

|

2010.12.10

Pythonを電卓として使う(桁区切りもさせる)

Pythonチュートリアルの前半の方に、インタプリタを電卓として使おう、と書かれている。

確かに1+2と入力してエンターを押すと、3と返ってくるので電卓として使える。計算履歴が画面に残るし、入力履歴も↑↓と入力すれば呼び出せる。変数に割り当てたりできるので複雑な計算にも便利だ。

足りないとしたら、視認性かな、と補強してみることにした。(ちなみに僕はWindows+Cygwin+Zshで使っている)

Continue reading "Pythonを電卓として使う(桁区切りもさせる)"

|