Barcode var Cloud 〜 Arduinoとバーコードでクラウドコンピューティング

CONCEPT SYSTEM HOW-TO Q&A


はじめに〜Barcode var Cloudとは

Arduinoを使ってバーコードとクラウドコンピューティングを結びつけるプロジェクトです。本のISBNをバーコードで読み取って、タイトルをGoogle Docsに投稿します。

このような特徴があります。

①パソコンを使わずに、本のタイトルを記録できます

本を登録しようとしてパソコンを起動したら、うっかりパソコンで遊んでしまったということはありませんか?BVCの主役はarduinoという8ビットマイコン。バーコードリーダの読み取りからネットワーク接続まで黙ってこなしますので、読書の集中力を切らせません。

②楽天ブックスから本のタイトルを取得しています

バーコードで読み取ったISBNは楽天ブックス書籍検索APIにより書籍名に変換されます。このため、バーコードを読み取るだけで、新しい本もタイトルを取得できます。

③出力先はGoogle Docs(スプレッドシート)とGoogleカレンダー

バーコードで読み込んだ値は、任意のGoogle Docsに出力することができるため、自分好みにカスタマイズして、自分だけの読書メモなど活用の幅が広がります。また、Googleカレンダーに登録することもできます。

 

どんな使い方ができるの?

こんな利用シーンが考えられます。

①個人的な読書記録に

あの本、いつ読んだっけ、といった情報を手軽に記録できますので、個人的な読書記録に最適です。GooleドキュメントやGoogleカレンダーに保存できるので、iPhoneやandroid端末から参照することもできます。

②勉強の進捗管理に

数ヶ月かけて、じっくりと学習時間と進捗を管理しながら勉強したい時に、勉強を始める前に参考書のバーコードを読み込ませれば、後で、どの本で、どれだけ勉強したかを確認できます。(何時間勉強したかは手入力しないといけないですけどね)

③図書館っぽく貸し借りを

大学の研究室や企業など、本の貸し借りの管理が面倒だったら、バーコードを読むだけで記録することができます。パソコン等を立ち上げるより手軽で、コストもかかりません。

----

元ネタはこちらです。

http://goodsite.cocolog-nifty.com/uessay/2010/09/bacode-arduino.html

----

ガジェットカフェ様のイベントで、少し紹介させていただきました。 

Gc

----

CONCEPT SYSTEM HOW-TO Q&A