« 英語で読む「Dropbox」 | Main | 素人のアドバイス、プロの感想 »

2018.10.05

英語で読む「Zachman Framework」

AWSのWell-Architectureの冒頭で「オンプレではZachman Frameworkで」と書かれていたが、あまり聞いたことがなかったので調べてみたところオンプレ、クラウドに限らず、仕事全般に使えるんじゃないかと思った。本家は詳しくは書いてなかったので、Wikipediaから引用する。

The Zachman Framework summarizes a collection of perspectives involved in enterprise architecture. These perspectives are represented in a two-dimensional matrix that defines along the rows the type of stakeholders and with the columns the aspects of the architecture.

ザックマン・フレームワークは縦軸にステークホルダ、横軸にアーキテクチャを配した2次元フレームワーク。これは実物を見たほうが早い。

The current version of the Zachman Framework categorizes the rows as follows
(1)Executive Perspective
(2)Business Management Perspective
(3)Architect Perspective
(4)Engineer Perspective
(5)Technician Perspective
(6)Enterprise Perspective

縦軸に並ぶステークスホルダとしてExective、Business Managementなどが並ぶ。current versionではそうなのだが、おそらく色々なところで見ることができる縦軸は1992年のバージョンのものだろう。

In addition, the six categories of enterprise architecture components, and the underlying interrogatives that they answer, form the columns of the Zachman Framework and these are:

(1)Inventory Sets
(2)Process Flows
(3)Distribution Networks
(4)Responsibility Assignments
(5)Timing Cycles
(6)Motivation Intentions

横軸の6つは、省略版ではWhat、How、Where、Who、When、Whyと書かれていて、こっちのほうが直感的にわかりやすい。

Since the product development (i.e., architectural artifact) in each cell or the problem solution embodied by the cell is the answer to a question from a perspective, typically, the models or descriptions are higher-level depictions or the surface answers of the cell.

そして6x6の36個のセルにそれぞれ必要な管理手法が書かれている。平たく言えば、幹部、マネージャ、現場といった階層ごとに、5W1Hで漏れなく状況を把握するためのツールを俯瞰するフレームワークだ。例えばExectiveのWhatは「Goal List」、Business ManagementのWhoには「Work Flow」が必要と言っている。

その後に発明された様々な管理手法が、Zachman Frameworkのこのセルにあてはまるとアップデートされ続ければ、より魅力も高まると思うのだが、そういう使われ方にはなっていないようだ。それより組織内でマネジメント・ツールの整備を進めるために、このフレームワークを真似るというのが正しい使い方のようだ。

|

« 英語で読む「Dropbox」 | Main | 素人のアドバイス、プロの感想 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事