« 英語で読む「GoPro」 | Main | 英語で読む「You Don't Need jQuery」 »

2018.10.02

英語で読む「Ready.gov」

災害が多い夏だった。インフラ等のディザスタ・リカバリを見直す企業も多いだろう。アメリカのDHS(Department of Homeland Security:国土安全保障省)はサイバーセキュリティの分野でもよく聞く省庁だが、2003年から自然災害などへの準備を促進するReady.govというサイトを運営しており、このサイトのIT Disaster Recovery Planというページから引用する。

An information technology disaster recovery plan (IT DRP) should be developed in conjunction with the business continuity plan. Priorities and recovery time objectives for information technology should be developed during the business impact analysis.

まず計画を立てましょうと。で、これはbusiness continuity planと一緒に計画するのがいいと言ってる。contigency planという言葉も有名だが、continuityは事業の「継続」するための代替手段などを含み、contigencyは「非常自体」で社員がどうするか教育するといった違いらしい。Ready.govはcontinuityをアメリカ国民に求めている。

Without one component of the “system,” the system may not run. Therefore, recovery strategies should be developed to anticipate the loss of one or more of the following system components:

システムは一箇所でも止まると機能しないので、一箇所以上のlossを想定しなさい。

This is a very expensive solution that only larger companies can afford. However, there are other solutions available for small to medium sized businesses with critical business applications and data to protect.

こうするとコスト高になってしまうが、中小企業でも利用可能なソリューションがある。大企業だけでの理想論でないことを強調しているあたり、熱がこもってる。

There are vendors that can provide “hot sites” for IT disaster recovery. These sites are fully configured data centers with commonly used hardware and software products.

そしてITのディザスタ・リカバリは「ベンダ」が用意している。日本で政府のドキュメントに「ベンダが用意してる」と書くだろうか。

Ready.govはIT関連はあっさりしてるのだが、家族や地域に関する方は子供やペットなどリソースが充実していて、こちらも日本のものと読み比べても面白いかもしれない。

|

« 英語で読む「GoPro」 | Main | 英語で読む「You Don't Need jQuery」 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事