« 英語で読む「You Don't Need jQuery」 | Main | 英語で読む「Zachman Framework」 »

2018.10.04

英語で読む「Dropbox」

「決算が読めるようになるノート」でDropboxのIPOの上場申請書が紹介されていて面白かったので、真似をして証券取引委員会(SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION)の原文を読んでみる。

Unleash the world's creative energy by designing a more enlightened way of working.

多分、上場申請書の裏表紙みたいなところに書かれているDropboxの「our mission」。クリエイティブを解き放て!

While traditional tools developed in the desktop age have struggled to keep up with evolving user demands, Dropbox was designed for the cloud era. We build simple, beautiful products that bring joy to our users and make it easier for them to do their best work.

「デスクトップ世代のツール」はユーザ要求に苦労していたが、我々はクラウド世代ですよと、どこかのサービスとは違うというアピールですね。自分たちをbeautifulと言っちゃうあたり、なんかナルシストです。今も創業者コンビがCEOを務める会社ならではです。

Our 500 million registered users are our best salespeople. They’ve spread Dropbox to their friends and brought us into their offices. Every year, millions of individual users sign up for Dropbox at work.

5億人のユーザが友人や企業に広げてくれている。

Bottom-up adoption within organizations has been critical to our success as users increasingly choose their own tools at work. We generate over 90% of our revenue from self-serve channels—users who purchase a subscription through our app or website.

ユーザがトップダウンではなくボトムアップで組織に採用してくれている。「セルフサーブ」つまり営業を介さずに採用される率が90%を占めている。こういった事実は株主に向けて強くアピールしたいんでしょうね。

More than 90% of our users’ data is stored on our own custom-built infrastructure, which has been designed from the ground up to be reliable and secure, and to provide annual data durability of at least 99.999999999%.

DropboxといえばAWS上でサービスしていたものを自社インフラに載せ替えたことも話題だが、ドキュメントで何箇所もAWSの話題に触れている。まずユーザデータの90%は自社設備だ。これでもかというほど9が並んでいる。なお自社設備はカリフォルニア、テキサス、バージニアにある。

We also utilize Amazon Web Services, or AWS, for the remainder of our users’ storage needs and to help deliver our services. These AWS datacenters are located in the United States and Europe, which allows us to localize where content is stored.

残り10%がAWSで、米国とヨーロッパにある。グローバルでは、まだまだAWSの優位性が高いということだろう。

今回、上場申請書を初めて読んでみたが、そもそも日本語でも読み慣れてない文書を読むのは大変だった。あまりに大変だったので、複数のキーワードをハイライトできるChrome拡張を入れたり試行錯誤して読んだが、たまに読むのに大変な文章に向かってみるのもいいかなと。

|

« 英語で読む「You Don't Need jQuery」 | Main | 英語で読む「Zachman Framework」 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事