« 英語で読むITポリシー「Benevolent Dictator For Life」 | Main | 英語で読むITポリシー「GoF」 »

2018.09.12

英語で読むITポリシー「Rails」

Ruby on Railsは、DRY:Don't Repeat YourselfやCoC:Convention over Configurationといったコンセプトも含め、間違いなく開発スタイルに革命をもたらしたプロジェクトなので、quote for TOEICでも幾つか引用した。

Railsを使う人も、そうでない人も、Railsの作者DHHがDoctrineに書き下ろしたRubyへの愛情表現は読んでてテンションが上がる。

http://rubyonrails.org/doctrine/

Where Python might boast that there’s “one and preferably only one way to do something”, Ruby relished expressiveness and subtlety.

Pythonは「ひとつの方法」、Rubyは「表現力と繊細さ」

Where Java championed forcefully protecting programmers from themselves, Ruby included a hanging rope in the welcome kit.

Javaは「自己防御」でRubyは「首吊りの縄」と、ちょっと冗談がきつい。

Ruby took to not only recognize but accommodate and elevate programmer feelings. Whether they be of inadequacy, whimsy, or joy.

そして、Rubyはプログラマのフィーリングを高めていくと。プログラマの幸せを追求することを第一に掲げていることが、人気の秘密だろう。

It postulated that by giving up vain individuality, you can leapfrog the toils of mundane decisions, and make faster progress in areas that really matter.

次に第二のコンセプトであるCoC:Convention over Configurationから。無駄なIndividualityを諦めると、世俗的(mundane)な決断から逃れ、進捗が早くなる。IndividualityをPOSTDでは「個人プレー」と訳してますね。

Part of the Rails’ mission is to swing its machete at the thick, and ever growing, jungle of recurring decisions that face developers creating information systems for the web.

Railsのミッションを「ジャングルでナタmacheteを振り回すこと」と表現しています。ちょっと読んだだけでは、これと「設定より規約」が結びつかない。

表現が難解で長文ではあるが「小さなチーム、大きな仕事」「強いチームはオフィスを捨てる」などの著作もあるDHHの表現力に酔いしれてみよう。

|

« 英語で読むITポリシー「Benevolent Dictator For Life」 | Main | 英語で読むITポリシー「GoF」 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事