« 英語で読む「Agile Manifesto」 | Main | 英語で読む「Rails」 »

2018.09.11

英語で読む「Benevolent Dictator For Life」

Pythonの生みの親であるGuido van Rossumが仕様策定から引退するというニュースが流れたこともあり、quote for TOEICからPython関係を紹介する。

RossumといえばBDFL(Benevolent Dictator For Life:優しい終身の独裁者)という肩書が知られているが、その肩書は、なんとPythonの仕様拡張を議論するドキュメント群であるPEPの最初のドキュメントであるPEP1で定義されている。

There are several references in this PEP to the "BDFL". This acronym stands for "Benevolent Dictator for Life" and refers to Guido van Rossum, the original creator of, and the final design authority for, the Python programming language.

その肩書だけでなく、Pythonの仕様策定におけるBDFLの役割まで決まってる。終身独裁者なのだから、後継者を選ぶというのは確かに変な話だが、これだけの権限を失ってPythonは大丈夫だろうかと心配ですらある。

Once the authors have completed a PEP, they may request a review for style and consistency from the PEP editors. However, the content and final acceptance of the PEP must be requested of the BDFL, usually via an email to the python-dev mailing list.

quote for TOIECでは幾つかのPEPを引用しているが、そのなかでユニークなのがPEP20:スタイルガイドだ。普通のスタイルガイドは空白やタブなどコードを見やすくするための規約だが、Pythonはスタイルが言語仕様なので、空白やタブの話を飛び越え、こんなところにまで言及する。

Limiting the required editor window width makes it possible to have several files open side-by-side, and works well when using code review tools that present the two versions in adjacent columns.

プログラマはレビューのときなどに、ウィンドウを横に並べて表示するから配慮しようというわけだ。まさに技術者の城だ。

PEP20:Zen of Pythonも人気がある。

Special cases aren't special enough to break the rules. Although practicality beats purity. Errors should never pass silently. Unless explicitly silenced.

特別なケースというのは、ルールを破るほど特別ではないという、なんとも哲学的な書きっぷりだ。最後の「Unless explicitly silenced.」も歌詞のようだ。

パワポばっかり書いてるホワイトカラーの裏で、ヒゲのおじさんたちの、こういったクールな美学が実装を支えている。

|

« 英語で読む「Agile Manifesto」 | Main | 英語で読む「Rails」 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事