« 英語で読む「Refactoring」 | Main | 英語で読む「AWS on github」 »

2018.09.27

英語で読む「AWS Well-Architected Framework」

AWS Well-Architected FrameworkはAWSのベストプラクティスのようなものだ。だったら「ベストプラクティス」と呼んでもいいんじゃないかと思うが、5本の柱を設け、トレードオフを考慮するという点がフレームワークなのかな。とにかく読んでみよう。

Eliminate guessing about your infrastructure capacity needs. When you make a capacity decision before you deploy a system, you might end up sitting on expensive idle resources or dealing with the performance implications of limited capacity.

オンプレでは構築時にキャパシティを考えるが、クラウドではキャパシティを考えない。考えないことを考えるという、なんだか禅問答のような原則。

In the cloud, you can create a production-scale test environment on demand, complete your testing, and then decommission the resources. Because you only pay for the test environment when it's running, you can simulate your live environment for a fraction of the cost of testing on premises.

上の話と対になるのが、クラウドではテスト後にリソースを廃止できるのだから、テスト環境は本番環境と同じようにやりましょうという考え方。

Automation allows you to create and replicate your systems at low cost and avoid the expense of manual effort. You can track changes to your automation, audit the impact, and revert to previous parameters when necessary.

そして自動化しましょう。

このような6つのGeneral Design Principalが紹介された後にOperational Excellence、Security、Reliability、Performance Efficiency、Cost Optimizationの5つの柱ごとにBest Practicesなどを紹介し、実に60ページ超というボリューム。全部を読むのは大変だが、それぞれの柱ごとに、例えばこういう場合はCloudWatchが使えるなどの情報も載っているのでAWSで設計する人には必見だろう。

|

« 英語で読む「Refactoring」 | Main | 英語で読む「AWS on github」 »

英語で読むITポリシー」カテゴリの記事