« 忙しいとサンドイッチ率が高まる | Main | アーキテクチャ(もしくはワイン)を語るための戦術 »

2018.06.24

海外旅行に持っていくものリスト2018

昔、似たようなのを書いて、旅行するたびに自分で参照している。普通の持ち物リストは文字通り持っていくものの羅列だが、自分なりの「定位置」も合わせて書き残しておくと便利だ。そろそろ10年たってテクノロジーも変わってきているので、改めて書き直してみる。

http://goodsite.cocolog-nifty.com/uessay/2009/04/2009-f43b.html

スマートフォン関係

10年前の旅はガラケーを持っていき、充電器までガラパゴスだったので変圧器も持っていったが、気づけば最近は変圧器が活躍する機会も少ない。やっぱり旅行先でGoogle Mapが使えるのは便利。時計とか電卓もガラケーでは厳しかったがスマートフォンなら気にならない。ウォーキングを記録したり、看板の文字を翻訳したりというのは、ここ数年ならではかな。

一方、自分の端末が渡航先に対応しているかのチェックなどが必要かもしれない。自分の場合はドコモのパケットパック海外オプションを24時間ごとに申し込む前提で考えていたが、暗証番号など忘れていたので再設定するために店頭に行った。

(参考1)iPhoneで事前にやったこと

  • ドコモ海外利用アプリをダウンロード
  • モバイル通信の設定で海外で使わないアプリの通信をすべてオフ
  • モバイル通信の設定で統計情報のリセット(通信量をチェックするため)

(参考2)iPhoneで現地でやったこと

  • 写真撮影
  • 地図
  • 路線検索
  • 翻訳
  • 行った場所の記録(Swarm)
  • ウォーキングの記録(Strava)
  • ひまつぶし(Kindle、楽天Kobo)
  • ポケモン

電子マネー関係

刻々と変わるので、その都度チェックかも。フランスで空港を降りてバスの自販機がクレジットカードしか対応してなくて、こんな少額をカードで払っていいんだろうかと思ったけど、最低限クレジットカードがあれば困ることはなかったかな。

旅行のしおり

スマートフォンとパスポートがあれば飛行機もホテルもチェックインできるが、日本人の名前のスペルは伝わりにくいのでプリントアウトしたものを見せたほうがスピーディーだ。以前はデポジットバッグ(航空券も入るサイズの財布)をすすめてたけど、現地でレシートなどが溜まるので、間仕切りできるクリアファイルにパスポートも一緒に放り込む方が楽な気がする。

  • パスポート
  • 飛行機のeチケット
  • ホテルの住所、付近の地図(タクシーに伝えやすいように)

機内に持ち込むバッグに入れるもの

スマートフォンのモバイルバッテリーはスーツケースに入れてはいけないので機内持ち込み。電源プラグ付きのバッテリーにすると充電器が減る分、荷物がスッキリする。

飛行機を乗り継ぎするときとか歯磨きをしたくなるので、これも機内持ち込みがいい。

  • 旅行のしおり
  • ガイドブック
  • ボールペン、付箋
  • スマートフォン、充電器、バッテリー、変換プラグ
  • 歯磨き
  • ポケットティッシュ
  • 折りたたみ傘
  • 薬(頭痛)

スーツケースに入れる①

昔から無印の洗面用具ケースを愛用しているが、洗面用具以外にも、ワインオープナーのように機内持ち込みできないもの、財布を盗まれたときのバックアップなどの定位置にすると、荷物がばらけなくてパッキングが素早くできる。

  • ひげそり
  • シャンプー
  • 整髪料、ブラシ
  • 爪切り、耳かき
  • ワインオープナー
  • クレジットカードの予備、eチケット、ホテルなどのコピー

スーツケースに入れる②

このあたりは忘れることはないと思うのだが、そういえば今回はスパがあるホテルに泊まったのに水着を忘れた。あと、休日に田舎に到着してコンビニもなく困ったので、行先によっては日本から多少のスナック菓子や粉末スープなどを持ち込むのもいいかもしれない。

  • 着替え
  • 下着、肌着、靴下
  • パジャマ
  • 洗剤、ハンガー
  • 水着(スパがあるホテルもあるので)
  • ビニール袋
  • エコバック
  • スナック菓子、粉末スープ

|

« 忙しいとサンドイッチ率が高まる | Main | アーキテクチャ(もしくはワイン)を語るための戦術 »