« ジョン・コナー=シャルル・ド・ゴール説 | Main | ブラックペアンに見るツールと手作業と理想と現実 »

2018.05.08

文京区で高低差を堪能する(鳩山会館〜細川庭園〜小石川植物園)

5月の連休に高尾山でも登ろうかという話になったが、天候が不安だったので、都心でハイキング気分も楽しめるところを考えていたら、なかなかいいコース設定になったので公開してみる。10時集合で15時に解散。

護国寺に集合〜鳩山会館

有楽町線で池袋から2駅という好アクセスで、そこそこ喫茶店なども多いので待ち合わせによさげ。

鳩山会館は鳩山由紀夫元首相を始めとする鳩山家の豪邸。護国寺からは徒歩5分程度で入り口に辿り着くが、入り口から洋館までが結構な坂道で、ちょっとした運動になる。

洋館は600円で見学でき、様々な映画やドラマでも撮影された豪華絢爛な建物を楽しめる。特に洋館の大広間から眼下にバラが咲きほこり、その向こうに都心のビル群という光景は気分が高まる。5〜6月ぐらいはバラも見頃。

東京カテドラル関口教会〜椿山荘

鳩山会館から数分ほどで東京カテドラル聖マリア大聖堂。なかなか豪快な構造で、横から見るより中から見たほうがダイナミックさを堪能できる。

自分が行ったときは結婚式が行われており「教会としては世界最大級」のオルガン演奏まで堪能できてしまった。あとで知ったのだが、いつ結婚式が行われるかは、教会のページでチェックできるので、時間を合わせて行くこともできる。

東京カテドラルの向かいが椿山荘。次の目的地である肥後細川庭園へは胸突坂を下るなど幾つかコースがあるが、せっかく坂を下るのであれば椿山荘を突っ切るコースが楽しい。

肥後細川庭園〜永青文庫

椿山荘の冠木門を出て神田川沿いに早稲田方面に数分歩いたところにあるのが肥後細川庭園。少し前まで新江戸川公園と呼ばれていたスポットだ。

現在は文京区の資産だが、庭園の一角に永青文庫という細川家の宝物を管理する財団法人の建物がある。ここまで辿り着くにも、鳩山会館以上の険しい上り坂である。

展示はそれほど面白くなくてがっかりしたので、事前にチェックしておいたほうがよかったかも。ただ、山道を登ってきただけあって、都内を一望できる。

早稲田から都営荒川線(のつもりが・・・)

ここまで神田川沿いの目白崖線を登って降りての繰り返しだが、最後は都電荒川線で、のんびり坂道を登って大塚を目指してフィニッシュ。

という予定だったが、まだ歩き足りない面々がいたので、文京区のコミュニティバスに乗って小石川植物園へ。小石川植物園も結構な高低差で、ほどよい疲労感で解散。

10時に集合して15時に解散という、ちょうどいい暇つぶしでした。

|

« ジョン・コナー=シャルル・ド・ゴール説 | Main | ブラックペアンに見るツールと手作業と理想と現実 »