« スーツ選びは信頼性を重視するエンジニア、SRE(Suits Reliability Engineer) | Main | 2017年を振り返る »

2017.11.12

ブラウザに表示される広告を通じて嗜好がバレないためのベストプラクティス

会議とかで大画面でブラウザを開いて大人数で見るような場合に、ブラウザの隅っこに変な広告とか表示されると、つい目がいってしまう。

そのたびに、変な広告が表示されないような暮らし方をしないとなということで、簡単に対策をまとめておく。

  1. あらかじめ表示されても害のない広告を踏んでおく
  2. 本当に興味のある広告はシークレットモードで踏む
  3. Amazonや楽天は閲覧履歴を広告に出すことを日頃から意識して使う。妻の分とか買わない。
  4. ユニクロで妻の肌着とか一緒に頼まれても断固と断る
  5. 検索サイトの履歴やURL補完からも色々とわかっちゃうので、人前でサイトを開くときはブックマークから開く。
  6. ブックマークは、人に見えても差し支えないものだけ置く(そういえば元都知事のブックマークにも・・・)
  7. 変なのが表示されたら瞬時に閉じれるようショートカットを覚える。
  8. タブを閉じても復元できるよう履歴のブックマークを作っておく
  9. というかプレゼン前には履歴を消す

|

« スーツ選びは信頼性を重視するエンジニア、SRE(Suits Reliability Engineer) | Main | 2017年を振り返る »