« イベントに行った際の会社への報告は5行✕5段落で | Main | それでもExcelで課題管理しないといけない場合のTips »

2017.08.19

スマホ2台持ちをIFTTTで少し楽にする

久しぶりのIFTTTネタです。

最近、仕事で持たされている携帯がガラケーからスマホ(しかも、かなり重たい端末)に変わったのを機に「持ち歩いてたけど、カバンの中に入れっぱなしで着信に気づかなかった」を少しでも減らせたらと試行錯誤してみました。いやー、個人携帯の方はしょっちゅうチェックしてるんですけどねぇ。

なお、会社端末にIFTTTを入れてよいかどうかは、所属する組織のポリシーに従ってください。

会社携帯がAndroidであれば、下記のように電話やSMSの着信をトリガーに出来ます。これらをトリガーに、もう片方の端末に通知するようにすれば、個人端末に業務端末の着信が集まって便利。ただしIFTTTのNotificationsを使うと両方の端末に通知が飛んでしまうので、私の場合はSMSで個人携帯に転送するようにしてます。最近、LINEにも対応したのでLINEでもいいかもしれませんね。

Android

しばらく、電話とSMSだけ転送していたのですが、ドコモメールを受け取って気付かないことがあったので、Android端末の通知のうち、ドコモメールに関するものだけを他の端末に転送するようにしてみました。これは色々と応用できそうですね。

Android2

そのほか、Android DeviceではWiFiに自動接続したり、位置情報をトリガにすることもできるので面白いのが思いついたら追記してみます。

|

« イベントに行った際の会社への報告は5行✕5段落で | Main | それでもExcelで課題管理しないといけない場合のTips »