« Maker Faire Tokyo 2015に展示してきました | Main | 2015年を振り返る »

2015.11.21

Mashup Awardで判定ショコラティエが受賞しました

判定ショコラティエがソレノイドコンテストでの受賞に続き、Mashup Awardでもドコモ賞をいただきました。

Mashup Awardといえば、2011年にトイレシュランというサイトを作った時に二次予選まで勝ち進み、僅差でFinal Stageを逃したという思い出があるのですが、トイレシュラン以降は勝ち残れず、飲み会だけ出てるという状況が続いて困ってるところでした。

この空白の2年間はハッカソンではハードウェア作品を作っていたものの、不思議と応募した作品はソフトウェア作品ばかりでした。つまり、自分はソフトウェア作品じゃ戦えないと認識してしまったわけです。

では、ハードウェアはどうかというと、ハッカソンで作った作品を1つも応募できていないという事実が物語っているように、ハードウェアにはチームで継続してブラッシュアップしていくことの難しさがあります。

今年のMashup Awardを制した参式電子弓も名前の通り3回目のブラッシュアップを経ての完成度の高さだと思いますし、自分自身もMaker Faire Tokyoなどで展示する機会はあったものの、新作を用意するより、マシュマロ・カタパルトを改良するほうが来場者のリアクションを想像できる分、モチベーションを維持できます。

そういう意味では、マシュマロ・カタパルトがソレノイド・コンテストで受賞して一区切りとなり、次の新しい何かを作らなきゃいけない状況に追い込まれたのはチームにとって、よい刺激でした。

判定ショコラティエは、最初の頃は試作してもビビビと来なくてピンチだったのですが、寝返りを打ちながらいろいろなアイデアを天秤にかけ、クライマックスの雰囲気に合わせて最適な曲(動画に「孤独のグルメ」のBGMの使用許諾をいただきました)が流れ、なんとなくマッシュアップしてる感じになりました。

受賞を区切りに次のアイデアに向かうのか、きのこの山を殲滅させるべくブラッシュアップに勤しむのかはまだわかりませんが、次のMashup Awardに照準を合わせます。

※懇親会ではMashup Award事務局の方々を次々と発砲して申し訳ありませんでした。深くお詫びいたします。

|

« Maker Faire Tokyo 2015に展示してきました | Main | 2015年を振り返る »