« 「きのこの山」を判別して「たけのこの里」を発射する装置 | Main | 泥酔ポータルZ、はじめました »

2015.03.31

IFTTTで自分のサーバにデータを送る方法

IFTTTというサービスがあります。例えばFacebookで何か投稿があったら、Twitterに投稿するといった感じに、トリガー(if)を機にアクションを起こせるWebサービスです。

If1

このところ、FacebookなどのSNSだけでなくWeMoなどのIoTもIFTTTに対応してきて可能性が広がってますが、任意のサーバにデータを飛ばすということはできないようです。

ところで、自分で建てたWordPressサーバを中継させると、IFTTTから任意のAPIを叩ける気がしたので、試してみました。

まず、自分のサーバにWordPressをインストールし、IFTTTからアクティベートします。

If3

次にWordPressの/wp-contents/plugins配下に、WordPressへの投稿をトリガーに動作するプラグインを書きます。

プラグインの書き方はQiitaに書いたので参考にしてみてください。

http://qiita.com/usopyon/items/aef887cae323e3dd0e6f

最後に、IFTTTでレシピを作成します。個人的には、Facebookでタグ付けされたりするのをトリガーにするとか面白いかと思います。

If2

|

« 「きのこの山」を判別して「たけのこの里」を発射する装置 | Main | 泥酔ポータルZ、はじめました »