« 動画、展示、その次のこと | Main | 開発ノートでアイデアを煮込む »

2014.01.26

ボタン電池で動き、ボタン電池と同じ大きさのArduino(Adafruit Trinket)

Gizmodeでも話題になってた指先サイズのArduino互換マイコン。

http://www.gizmodo.jp/2013/10/arduino8bitadafruit_trinket.html

正直、マイコンだけ小さくなってもなぁ、と思って英文ページを見てたら、3Vでも動くと書いてあったので、ボタン電池で試してみたら、ちゃんと動きましたよ。

Dcim0452

Arduino Pro Miniもボタン電池で動きますが、TrinketはUSBシリアル通信まで犠牲にしてピン数を減らしてるので、ボタン電池から少しはみでるぐらいの小ささにできるのが魅力かと思います。

Arduino互換機を触ったことがある人ならArduino IDEにTrinketの定義ファイルをコピーするぐらい苦労なくできるでしょうし、Adafruitがコピー済みのArduino IDEまで配布してるので、これを使うという手もあります。

問題はドライバですが、Win8/8.1TrinketのドライバであるUSBtinyが署名されてなくて、Win8で「ドライバ署名を強制しない」というモードにする方法を見つけるのが大変でした。

一応、Adafruitのページで英文で書いてあるのですが、

http://learn.adafruit.com/usbtinyisp/drivers

こっちの方が親切でした。

http://freesoft.tvbok.com/win8/testmode.html

あとは、IDEで書き込み装置をUSBtinyISPにしたり、Trinketのリセットボタンを押して、LEDが点滅してるうちに書き込まないといけないなど、ところどころトラップがあり油断禁物です。

|

« 動画、展示、その次のこと | Main | 開発ノートでアイデアを煮込む »

Arduino」カテゴリの記事