« Google Maps APIと(pjax)pushStateが相性いい | Main | USBケーブルで充電が終わったことを検知する »

2013.05.06

TeraTermマクロのyesnobox

しばらく試験勉強をしてたのと、試験勉強が終わった途端にPCが壊れ、ものづくりから離れてました。

で、大抵のソースコードはDropbox上に置いてたので無事でしたが、レンタルサーバ上で動かしてるトイレシュランなどのログ確認用に使っていたTeraTermマクロをデスクトップに置いてて、バックアップを取り忘れてて作り直したので、備忘として書いておこうと思います。
実物はこちら。
; SSH接続
username = 'example'
hostname = 'example.sakura.ne.jp'
passwordbox username 'password'
msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=password /user='
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg inputstr
connect msg
wait "~"
; sampleのapp.logを表示
yesnobox "sample" "log"
if result then
  sendln "tail -n 100 ~/www/sample/log/app.log"
endif
後半部分はyesnoboxを表示させ、yesを押したときだけtailが実行されるようにしてます。exitは手打ちです。tailじゃなくgrepでもいいですね。

|

« Google Maps APIと(pjax)pushStateが相性いい | Main | USBケーブルで充電が終わったことを検知する »