« November 2012 | Main | January 2013 »

2012.12.30

2012年を振り返る

今年を振り返ってみました。今年は終盤に展示会やら受賞が続いたので、そっちばかり印象に残ってしまいますが、1月ぐらいからチャレンジした結果が実った1年だった気がします。

1月~3月

昨年のMashup AwardでAndroidアプリの応募数の多さに刺激され、Titanium Mobileでアプリを作りリリースしたのが1月。地図の自由度が高くなくなかったのと、開発の作法が頻繁に変わって、継続して改善をできてないですが、よい経験になりました。

Androidアプリを作ってる裏でWeb版もインタフェースを揃えてたのですが、おかげで機能追加しやすいアーキテクチャになり、レスポンシブ・デザインにできたり、後に実現できたFacebook連携の布石となったわけです。

4月~6月

エープリルフールで「Facebook連携するトイレシュラン」というのをお披露目し、4月2日には畳んだのですが、池澤あやかさんがFacebookのコラムを書き始めたのに便乗して復活し、その勢いで「連れション」機能を実装させました。

Kinect巨乳WORLD CUPの決勝に出たのも、この時期。予選落ちしたけど、おばかアプリ選手権というのにも応募してました。今、考えると、人生で最も下ネタに精進してた時期かもしれない。

仕事では、7月ごろに転勤になるという暗黙の内示のようなものがあり、負の遺産を残さないよう、せっせと働いていてました。

7~9月

晴れて転勤で、今までのノウハウが使えず、歯痒い期間でした。

プライベートは失速してたかな。ブログを読み返すと、6月までに培ったKinectとArduinoの連携とか、後にマシュマロ・カタパルトに応用することになるKinectのFactTrackingなど書き残してますね。

10~12月

ともかくコンテスト三昧でした。去年もMashup Award、電子工作コンテスト、Maker Faireの3つは出してたのですが、今年はMashup AwardのNHN賞、電子工作コンテストの尻P賞、おばかアプリ選手権のパップ賞と、受賞も相次ぎました。

と言いつつも、いわゆる特別賞で、大賞には届かないレベル。大賞に手の届くものを目指せるかというと微妙ですが、一度は到達してみたい世界ですね。

身内だけで完成させるのではなく、トイレシュランのエコードワークスさんのコンテンツを組み込んだり、マシュマロ・カタパルトで多くの知り合い出演してもらってムービーを作ったりというのも個人的には大きなチャレンジでした。

チームを作ってコンテストに出すぞ、と大きく舵を切ったのは2年前だから、自分の最大のチャレンジとターニングポイントは2年前だと思ってましたが、年の瀬にしみじみと振り返ると、今年だって頑張ったじゃないかと。Kinect巨乳でプレゼンするのだって生半可じゃ無理ですよ。そういうのを乗り越え、普通じゃできない体験をできたんじゃないかと思います。

というわけで、来年も作りたいものを作って暮らしたいと思います。

|

2012.12.23

おばかアプリ選手権で戦ってきました

マシュマロ・カタパルトは、おかげさまで色々なところに呼んでいただいてますが、まさかまさかの「おばかアプリ選手権」に出させていただくことになりました。

ただ、間の悪いことに、当日になって体調が悪くなってしまい、医者で薬を貰い、アリナミン注射(別名:ニンニク注射)というのを打ってもらって会場にたどり着きました。プレゼンする前後ぐらいは復活してたんですけどね。

発表順は多田ルミエさんの後。電子工作フェスティバルではセクハラ・インタフェースの市原えつこさんの後だったし、最近は才女の後に喋らされることが続いてます。司会の方が途中で合いの手を入れ、すぐ後ろにいる審査員の方もリアクションしてくれて、ひじょうにやりやすかったのですが、時間配分がもったいないことになりました。トイレシュランも触れられなかったし。言い訳ですが、直前まで練習もできないぐらい体調不良だったんで。

当初は、アプリだけで人を笑わせるなんて大変だなぁ、と思ってましたが、プレゼンに工夫をして納得感を高めるスタイルが多かったですかね。優勝した「運命の人発見器」も抜群のプレゼンでしたし。あと女性とペアで参加する人が多かったのが裏山。夏のイベントでは学生ノリというか若さが目立った印象でしたが、今回は、経験豊富な方が多かったような。

後半は、ニンニク注射の効果が薄れ、プレゼンターの席から離れ、客席で目立たないようにしてました。あと、挨拶もせず帰っちゃったし、関係者の皆様、ほんとすみません。

食べ物ネタということもあってか、ザリガニワークスさんが生み出した「ごはんかいじゅうパップ」というキャラクターの賞を貰いました。

あと、東京カルチャーカルチャーのウェイトレスさんがかわいかったなぁ、と。

|

2012.12.17

おばかアプリ選手権に出ますよ

マシュマロ・カタパルトは、いつも思わぬ方向に飛ばしてますが、ひょんなことから、おばかアプリ選手権に出ることになりました。12/22です。馬鹿っぽく盛り上げたいと思います。よろしくおねがいします。

|

2012.12.05

PythonからArduinoを操る5つの雑技

※ポートを自動で選ぶ方法について、Arduino Microでも動くスクリプトを追記しました

Mashup Award、Maker Faire Tokyoと作る方に一生懸命でしたが、一段落ついたのでネタばらしします。

そもそもpyserialを使えるようにする

 WindowsはPythonに限らず、RubyとかPerlとか最新版に追随してない場合も多々あるので、あくまで今の時点の動かし方ということで。ちなみに当方はWindows7 64bit。それ以外は、よくわかりません。

Continue reading "PythonからArduinoを操る5つの雑技"

|

2012.12.03

Twilioを使って電話をかけたらアレを飛ばす(電子工作フェスティバル)

今年の9月頃から始まった、マシュマロを飛ばすという一連の作品群ですが、密かに増殖中です。

この秋はboundioというKDDIが発表した電話APIに夢中になりましたが、boundioで提供されているのはコンピュータが人間に電話をかけてくれる機能。その逆の、人間がコンピュータに電話を掛けたら何かが起こる機能を使いたくなり、TwilioというAPIを使ってみました。

Continue reading "Twilioを使って電話をかけたらアレを飛ばす(電子工作フェスティバル)"

|

« November 2012 | Main | January 2013 »