« July 2010 | Main | September 2010 »

2010.08.20

英語のアウトプットにflickrを使う

しばしば、効果的な学習方法として話題に上る「アウトプットせよ」という方法論。言う側は実践してるものだから、無茶だろうが相性が合わなかろうが、英語でブログを書いてみよう、twitterで呟いてみよう、と薦めてくる。でも、語がヘタッピな奴(自分)の書くブログとかtwitterなんて誰が読むんだ、と思うとモチベーションが続かない。

と言いつつ、最近になって、YouTubeに自分がアップロードした動画に英語でコメントが付いてるのを発見した。Flickrはコメントが付いていないが、どうも英語圏らしき人のFavoriteが付いていた。写真とか動画だったら、俺が英語を喋れるかとか、喋れないとか関係なく英語圏の人が見るよな、と思った。

YouTubeは敷居が高いだろうけど、Flickrぐらいだったら、写真をアップして説明を英文で書くことで、英語圏の人とのコミュニケーションが期待できるんじゃないだろうか。

というわけで、たった今考えた、使いこなし術を列挙してみる。

Continue reading "英語のアウトプットにflickrを使う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Google Docを使って海外ツアー情報(航空券+ホテル)を比較する

近々、海外旅行する予定で、例のごとく航空券やらホテルやらの手配をしたときに思ったことなどを書く。

予約サイトと旅行会社の差は、自作PCとBTOの差?

例えばパソコンを自作する場合、すでに持っているパーツを使う場合なんかは安くできるが、部品を一から揃えると結構な値段になって、結局、出来合いのPCを買ったほうが安いということがある。

海外旅行も似たような感じで、安い航空券と安いホテルを探すより、安いツアーを探したほうが便利で、金額的にも差がない気がする。「インターネットを駆使して安い航空券を入手するのが賢い旅行者」という風潮もあるが、今回はツアーを探してみることにする。

そんなわけで、手始めにExpediaをクリック。(下記リンクは言うまでもなく、アフィリですよー)

最低価格保証のエクスペディア:世界最大の旅行サイト

適当に行きたい都市を選んで検索ボタンを押すと、ツアーがどっさり出てくる。僕が見た時点で、パリで83件。選ぶのが大変だ。さて、このツアー一覧で僕が注目するポイントは3つ。

Continue reading "Google Docを使って海外ツアー情報(航空券+ホテル)を比較する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.16

arduinoとfioのピン変換シールドを作ってみた

これまで、LCD、7セグと進化を続けてきた犬トイレ時計を、さらに進化させるべく、LEDマトリクスを並べた表示器を作ってみた。シフトレジスタ(74HC595)を2つとデコーダ(74HC138)を1つ使っている。

100_2459

後ろから見ると、こんな感じにarduinoが刺さっている。

100_2460

これ、実は最初は、もっとコンパクトに、こんな感じで作りたかったのだけど

100_2469

作ってる途中に配線を間違えたりして、嫌になったので、ちょっと工夫をしてみた。

ポイントは2つある。

  • Ethernet Shieldのポートと干渉しないよう、バニラシールドを削って使っていたが、毎回、何か作るたびに削るのは面倒なので、ひとつ削ったものを作り、使いまわそう。
  • 汎用的なユニバーサル基板で作れるようピン配置をarduino fioと互換にしよう。

で、実際に作ってみたfioとピン互換のシールドがこちら。

100_2467

Ethernet Shieldを刺した状態で横から見ると、こんな感じ。ちょっと厚すぎ。

100_2468

fioのピン配置に合わせたが、fioの狭い配置にパーツを置くのが難しく、結局、サイズ上の制約が増してしまった気がするが、まあ時計だし、正面からしか見ないから、いいじゃないか、ということで。

さて、どんなソフトを書こうか。

Arduino Fio Arduino Fio

スイッチサイエンス 
売り上げランキング : 53929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユニバーサル基板 カラー基板(黒) 6枚組 70×90mm RoHS対応品 ユニバーサル基板 カラー基板(黒) 6枚組 70×90mm RoHS対応品

プリント基板センターPB 
売り上げランキング : 20075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

超薄型 両面 ユニバーサル基板(黒)  t=0.4mm  230x320mm 金フラッシュ 超薄型 両面 ユニバーサル基板(黒)  t=0.4mm  230x320mm 金フラッシュ

プリント基板センターPB 
売り上げランキング : 69021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.07

100万件のリストから10人の要注意人物を見つけるのにgrepを使うかdiffを使うか

ちょっと素人丸出しのネタを。というか、誰か教えてモードです。

100万件のデータ(A)に、特定の10件(B)が含まれているかを確認するというシチュエーションがあったとします。

アクセスログから要注意人物のアドレスの有無を見るとか、顧客リストから要注意人物が入会・退会したかを見るとか、特にデータ属性は限定しませんが、

  • 運用中のDBにSQLで叩くのではなく、CSVなどで出力されたものを扱う
  • AとBは都合よく同じ形式で、しかもソートされているとする。
  • 突発的な調査なので、最適化された専用ツールを使う、という回答もナシ。基本的に、あるものを使う

といったぐらいの縛りはしておきます。

そうすると、僕の場合はgrepを10回実行するかな、と。

では、Bが10件ではなく、1万件だったら?100万件だったら?

Chart1

上の色使いのセンスの悪いマトリクスは、僕だったら何を使うかなぁ、とまとめてみたもの。

③の100万件と100万件のdiffって、時間がかかるかなと思ったが、ほんの数秒です。diffにかけやすいよう、元データを整形する必要があるかもしれませんが、アルゴリズムも最適化されているだろうから、ほかの選択肢より速度面でも優れていると思います。

②は、ちょっと迷うところ。100行だったら、grepコマンドを100行分作ってもいいかもしれないが、1万行だったら、コマンドの呼び出しのオーバーヘッドがかかり、時間的にも損をしている感じがする。でも、Diffをかけて「100万行のうち99万行が一致しませんでした」と言われるのも、ちょっと芸がない。

それ、●●でできるよ、というのがあれば、誰か教えてください。

【追記】

このあたりをウォッチしてます。

http://bit.ly/cq7N5U+

http://b.hatena.ne.jp/entry/goodsite.cocolog-nifty.com/uessay/2010/08/grep_diff_excel.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.04

提案書を読む側になって思った、捨てられない提案書の書き方

仕事で提案書を何度も書いてきたが、仕事以外でオーソドックスな提案をしてもらって、いろいろと思ったことがある。何の提案かは伏せるが、どの業界も似たようなものだと思うので、書く側の参考になれば。

Continue reading "提案書を読む側になって思った、捨てられない提案書の書き方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »