« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.12

手ぶらBBQ愛好家のためのメモ

その昔、僕はBBQが好きで、コンロやらダッチオーブンやらを「所有」していた。

ダッチオーブン100レシピ―キッチンでも、アウトドアでも ダッチオーブン100レシピ―キッチンでも、アウトドアでも

主婦と生活社  2007-10
売り上げランキング : 70407
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その後、結婚を機にBBQもご無沙汰だったのだが、久しぶりにBBQの幹事を頼まれた。幹事を頼まれるのなんて初めてだが、幹事をしようにも、持っている道具は実家で豪快に錆びているはず。

そんなわけで

Continue reading "手ぶらBBQ愛好家のためのメモ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.01

次にTOEICを勉強するときのためのメモ

ついさっき、受験会場から帰ってきた。

多少、点数は上がったと思うものの、今年中にもう1回は受験したいな、という気分。ただ、いろいろ趣味を封印してたので(その割にはイベント三昧だったが)、暫くはそちらを楽しむこととして、次に勉強を再開するときのため、勉強の再開方法をメモしておく。いわばモチベーションの冷凍保存。

●早い段階で、朝に勉強するペースを作る

今まで、TOEICに限らず色々と勉強したが、今回は1時間半ぐらい早起きして勉強することを続けられた。20代の頃は、できなかった気がする。若い頃に比べて努力家になったわけではないので、単に生活サイクルの問題かもしれないが。

幾つか勉強法について書いている本を立ち読みしたが、大体1日3時間ぐらいは勉強することを薦めている。朝に1時間半も勉強できると、1日のノルマが半分達成できて気分的にもいいし、夜に比べて余計な割り込みも少なく、計画倒れしにくいのもいい。

●リスニングを向上させるためには、解説を読まない

リスニングの教材は、模試形式のものを中心にやった。リスニングで重要なのは、単に聞き取れるかだけではなく、本番の環境で回答を出すために、合間に次の問題を先読みするといった訓練を説いている参考書が多かったためである。

そんなわけで、毎朝、模試1回分をやったのだけど、やるたびに答え合わせをして、英文を読んで、日本語訳も目を通して、解説まで読んでるものだから、大体、模試5回分は、どんな会話をしているのか頭に入っちゃって、復習しようとしても、同じ場所にばっかり耳に入ってしまう。

多分、リスニングはレベルごとに適した勉強法があって、700点に満たない人は

  1. 実践と同じ環境(問題数、タイミング)で問題を解き、回答を見て◯×だけ付ける。
  2. ×だった問題を、再び解いてみる。時間は気にせず、繰り返し何度でも聞く
  3. どうしても納得いかなかったら、仕方が無いので解説を読む

ぐらいしないと、教材がいくらあっても足りない気がした。

今回は書店で目立つ位置にあった模試を使ったが、次回は評判のいいこれを使おうと思う。

TOEICテスト リスニングBOX TOEICテスト リスニングBOX

by G-Tools

●夜は英単語

リスニング(特にPart3,4)やリーディング(特にPart7)は問題を試験形式で解くと時間がかかるので、朝の決まった時間にやるのがベストだと思う。夜は仕事が早く終わる時間によって、たっぷり時間を取れたり、そうでなかったりするので、あまり計画的な勉強をしようとすると計画倒れになる可能性が高い。

そんなわけで、英単語を覚える時間に費やすのがベストだと思う。

最初の方は、中村澄子さんの千本ノックを繰り返しやれば、語彙も増えるんじゃないかと思ったけど、これも繰り返していると、語彙というより回答の位置を覚えてしまう。あと、二言目には「普段から英語に接してる人には簡単な問題」とか解説してるのだけど、そういうの余計だと思う。

1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6)) 1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))

by G-Tools

そんなわけで、途中から定番のDUOに戻ってきた。DUOは単語カード形式のものがあると知ったので、もっぱらこればっかり使っている。

DUO 3.0 / ザ・カード DUO 3.0 / ザ・カード

by G-Tools

カード形式なので、覚えられないものは何度も繰り返し、覚えたものはリングから外して卒業させ、紙でやるよりも効率的な気がする。Smart.fmもよいと思ったけど、カードの方が早いと思い、途中からSmart.fmはログインしなくなった。

●電車のなかでできることに、期待なんかしない

なんか、電車の中で勉強するのって、二宮金次郎っぽくて好きじゃないのだけど、不思議と電車の中での勉強時間を大事にするよう薦めている本が多い。

どっちかというと、電車の中では、行きも帰りも仕事のことを考えたいので、教材は常備するが、気が向いたときだけ何かするという程度で、計画には盛りこまないことにした。

で、電車の中で何が出来るかというと、リーディングとか、いいんじゃないかと思った。

1駅1題  新TOEIC TEST読解特急 1駅1題  新TOEIC TEST読解特急

by G-Tools

TEST詳解特急は、電車で読みやすいサイズで、問題もバラエティに富んでいていいと思った。この新書サイズが標準になってくれたら嬉しいのだが。

●問題集を解く前に済ませておきたいこと

Part5の文法とか、問題を解いて、解説を読んでから、へー、ここでは過去形じゃないといけないんだ、とか知るのは切ない。できれば勉強を再開する最初の1〜2週間は文法などの再チェックをしてから模試に取り組みたい。

長本さんの実況中継は、TOEICの文法の押さえどころを、一気に読めて便利。勉強再開する際も、最初に読もうと思う。

TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継 TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継

by G-Tools

あえて難を言えば、読みやすさを優先したためか、ひじょうに復習に使いにくい。幾つも例題があるのだが、答えを探すのが一苦労である。

イクフンのリスニング解答力は、試験からの帰り道に立ち読みしたのだが、Part2で出題されそうな疑問文と応答が550セット収録されていて、これを覚えれば、Part2の点数が上がらないわけがなさそうだ。同じように、Part3もPart4もしつこい構成になっている。

極めろ!リスニング解答力TOEIC TEST―韓国でシリーズ170万部突破!英語のカリスマ イ・イクフンのStep by Step講座 極めろ!リスニング解答力TOEIC TEST―韓国でシリーズ170万部突破!英語のカリスマ イ・イクフンのStep by Step講座

by G-Tools

これを極めたら点数が上がりそうだなぁ、という不思議な迫力がある。時間がかかりそうなので、勉強を再開するときは、真っ先に手を出してみよう。

●こういう参考書は手を出さないぞ

勉強を初めて、リスニング問題の聞き取れなさっぷりに絶望していた頃に、本屋で立ち読みをしていたら、何冊もの参考書を辛口で採点している本があった。その本の中で「こういう素晴らしいコンセプトの本が出ることは奇跡」と手放しで絶賛していたのが「闘耳」。

闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する 闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する

by G-Tools

理屈はわからないでもない。でも、30通りの発音を1ページずつ解説した後に、突然「だいたい1日15分〜30分で1〜2ヶ月かかったのではないでしょうか」とサラリと書かれて度肝を抜かれた。どんな修行僧を想定読者としているんだ。

で、次のページからは何の変哲もないTOEICの模試形式。おまけに解説ページは丁寧に、答えの選択肢は違う色で印刷されているから、復習しようにも答えしか目に飛び込んでこない。

まあ、評判だけで選ばず、どのように勉強するか、どのように復習するかをイメージして買わないとな、という教訓になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »