« arduinoでEthernet Shield利用パターン(送信編) | Main | 犬トイレ時計を7セグLEDで進化させてみた »

2010.04.06

高城剛の著書に影響され、旅行のための情報収集を磨く

高城剛の著書が面白く、日本の商業主義的なガイドブックに頼らない情報集取を実践してみようと思った。

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
おすすめ平均
stars面白い読み物
starsサバイバーな海外旅行をしたい人には面白いと思う
stars旅慣れた人の旅行技術開陳。 だが旅慣れた読者が読むべき内容は薄いです。
starsお役立ち情報の一方で、なかなか万人の理解を得られない記述も多く見られる
stars評価できる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつ行くか不明だが、とりあえずパリをターゲットに。それと、できれば英語を中心に集めていくこととする。

1日1サイト

なにごとも継続が大事なので、まずGoogleDocで日付入りのURL一覧を作って1日1サイトというペースで情報収集することにした。もちろん、忙しくて情報収集なんかしてられない日が続くこともあるので、調子が良くて1日に5サイトぐらい見たら5日分記録したり、ゆるい感じでモチベーション維持をしてる。

ちなみに高城剛はCIAのサイトで旅行情報を得ることを薦めている。ほかにも、著書に推奨サイトが幾つかあるので、最初は、本を片手に、このあたりを辿るのがいい。

百式さんが毎日、新しいサイトを紹介している舞台裏を想像しながら情報収集を楽しんでいるのだが、パリに関する情報は1日1つずつ量産されているわけではないので、Googleの検索結果を追っているだけでは、あっという間にカレンダーに追いつかれてしまう。そんなわけで、情報収集の方法を工夫しなければいけない。

ソーシャルサイトの手を借りる

1日1サイトを実践すると、検索結果の上位を拾っても2週間ぐらいしかもたないので情報収集の手を広げるわけだが、具体的にはこのあたりを探ってみた。

  • Delicious
    日本で言えば、はてなブックマーク。はてブと同じように特定のタグを含む情報だけRSSリーダーに取り込んでおけば、文字通り、情報があちらからやってくる。

  • Digg
    日本で類似のサービスを示すのが難しいが、アメリカで盛り上がっているサイトなので外せない。ところでサイトの性質上、「Paris」で検索すると某セレブばっかりヒットしてしまうが、Googleと同じように「Paris -Hilton」と除外するキーワードを設定しておくことができて便利。

どちらのサイトも、人気がある順に並び替えることができ、検索結果のランキングで見つからなかったサイトが見つかるのと、新着をRSSなどで取得することで、書かれたばかりの情報に接することができる。

定番サイトを狙い撃ちする

1日1サイトを続けていると、良い情報は良いサイトに集まっているという当たり前のことに気付く。であれば、検索オプションで、良いサイトのドメインに絞って検索すると、文字通り芋づるである。

下記のサイトは、行き先の情報に限らず、旅行全般で良質なコラムが読めて、RSSも提供している。Livedoor Readerで購読者がほとんどいないのが不思議である。

旅行専門ではないが、www.time.comやwww.nytimes.comも、たまに旅行に関する記事がある。

Pipesの作者の情報源を除く

定番サイトがRSSを提供しているなら、そのRSSを束ねて、特定のトピックスについて書かれている場合だけ抽出して、ということをすれば、余分な情報に目を通す時間が節約できる。

Pipesというのは、米Yahoo!が提供しているサービスで、上に書いた複数のサイトの情報を束ねてフィルタリングして、といったことをビジュアルに実現できるサービスで、僕もMatadorやらjauntedやらをPipesに放り込んでいる。

似たようなことをしている人は大勢いて、例えばFrommerを入力元にしているPipesを検索すると、旅行のためにPipesを使っている人が、ほかに、どんな情報を集めているのかを知ることができる。

http://pipes.yahoo.com/pipes/search?r=source%3Afrommers.com

Pipesが最もレベルの高い情報収集ツールだというわけではないが、元々、大量の情報から必要な情報だけを見たいと思うような人が使うサービスなので、入力元も有益な情報が含まれている場合が多い。

残念なのが、RSSの出力にfeedburnerを使っているサイトは、ドメイン指定で探せないところ。こういうところは機会損失だよなぁ、と思う が、ちょっとニッチすぎるかな。

まとめ

インターネットからの情報収集は、検索サイトだけでなくソーシャルサイトの力を借りるのが近道だが、ツールを使ってまで情報収集している人に辿り着けると、濡れ手に粟である。

|

« arduinoでEthernet Shield利用パターン(送信編) | Main | 犬トイレ時計を7セグLEDで進化させてみた »

pipes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高城剛の著書に影響され、旅行のための情報収集を磨く:

« arduinoでEthernet Shield利用パターン(送信編) | Main | 犬トイレ時計を7セグLEDで進化させてみた »