« 高城剛の著書に影響され、旅行のための情報収集を磨く | Main | 秋葉原でarduino開発合宿、5/15にやります »

2010.04.11

犬トイレ時計を7セグLEDで進化させてみた

以前、arduinoに超音波センサとLCDを使って、犬がトイレに行った時間を表示する犬トイレ時計というものを作った。

100_1996

arduinoで犬がトイレに行った時間を記録する: uessay
はてなユーザーの評価

超音波センサを犬のトイレの近くに置き、犬がトイレに近づいた時間から時を刻むという時計で、それなりに便利だったのだが、ブレッドボードに剥き出しのLCDという外見は、ちょっときつい。そんなわけで、ちょっとだけ見た目にこだわってみることにした。

犬のブログ満載!「いぬのきもちweb」

今回の主役はこちらの7セグLED。ちょっと前に流行っていたが、そのときは流行に乗り遅れ、ようやく試してみることができた。

それと、シフトレジスタ。

74HC595APは、arduino.ccでサンプルも公開されていたので、思っていたほど抵抗なく使えた。

http://www.arduino.cc/en/Tutorial/ShiftOut

そのほか、

という感じで、1週間に1つペースでパーツを買い足し、ようやく完成。

写真は、PBのカラー基板に7セグLEDを載せたところ。紙フェノールのユニバーサル基板に比べ美しく、7セグLEDの収まりもいい。右上の青いパーツは、超音波センサの閾値を設定するためのもの。

100_2255

裏側は、こんな感じでArduinoを直に指している。arduinoに隠れている箇所は配線がカオス。ちょうどいい厚みで、スペーサーも重みがあるので、安定して自立している。

100_2249

で、完成したのがこちら。

100_2267

手前に置いてある超音波センサ(Maxbotix LV-EZ1)に手を近づけると、時計がリセットする。超音波センサを付けているところは汎用的にしていて、他のセンサも繋げられるようにしているので、面白いセンサがあれば、いろいろ試してみたい。

|

« 高城剛の著書に影響され、旅行のための情報収集を磨く | Main | 秋葉原でarduino開発合宿、5/15にやります »

Arduino」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 犬トイレ時計を7セグLEDで進化させてみた:

« 高城剛の著書に影響され、旅行のための情報収集を磨く | Main | 秋葉原でarduino開発合宿、5/15にやります »