« arduinoでドラクエのレベルを自動的に上げる | Main | toto開幕、さて今シーズンは、どんな技術で楽しもうか »

2010.02.13

35歳からの勉強に単語カードを使う

ちょっと仕事関係で試験を受けなきゃいけなさそうなので、勉強を始めた。

で、ノスタルジックに単語カードなんかを作っているのだけど、なかなか効率的に記憶できて、これをもっと早く知ることができたらなぁ、と思ったので、ノウハウをメモする。

最初に、私が使ってるカードについて書く。(この認識が合わないと後の話がブレるので)

  • いわゆるリングの付いた単語カードではなく、名刺サイズの情報カードを仕切り付きのカードケースに入れて使っている
  • 普通の本から、記憶したいと思った箇所について「〜について説明せよ」「〜のメリットを5つ」といった質問を作り、表に質問を、裏に回答を書く
情報カード 名刺サイズ 無地 C-211 情報カード 名刺サイズ 無地 C-211

コレクト 
売り上げランキング : 4173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カードケース200スモーク カードケース200スモーク

KMC 
売り上げランキング : 814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今のところ、普通に本を繰り返し読むのに比べ、カードを使うメリットというのは、このあたりにあるんじゃないかと思う。

  • 苦手箇所を頭に刷り込むという点では、本を何度も読むより効率的である
  • カードには前後の情報がないので丸暗記になるが、脳が無理に関連付け(語呂合わせなど)をする
  • 前後の情報が足りないのでフラストレーションが貯まり、後で本を読み返した際の吸収がよい気がする
  • 断片情報を記憶できると、難解な本でも理解ができるようになる、かも(英単語を覚えると英文を読むのが楽になるのと同じ理屈)

で、このメリットを最大限引き出すための単語カードを作るコツがこちら。

  • 最初は1枚あたりの質問は少なくする。余裕で回答できるようになったら、1枚で「メリットを5つ、デメリットを2つ」と1枚あたりの情報量を増やす
  • あとで原本で確認できるよう、カードに原本のページ数を入れる。原本の方は蛍光ペンで塗っておく
  • オモテ面の質問は答えやすい数字を入れる。「〜のメリットを5つ」など
  • ウラ面は、レイアウトにこだわる
  • 出来の悪いカードは躊躇なく捨てる。簡単すぎる質問や、著者の独り言みたいな、カードにするまでもないものをカードにしてることは、結構あるので
  • たまに遊びのカードを入れる。「試験に合格したら何を買うか」など

ついでに「使い方」も個条書きにする。

  • カードの束をめくりながら、「即答できる」「答えられない」に2分類する。親指と人差指で質問カードを挟み、残りの指の間にカードを挟んでいけば片手で3分類までできるが、まあ無理せずに。
  • 「答えられない」束を再び「即答できる」「答えられない」に分類する。1日で記憶できたことは定着しないことも多いので、時間をかけてじっくりと。
  • 質問が悪くて答えにくいものは、質問自体を見直す。
  • 「即答できる」束は、思いついたとき(週1程度?)読み返し、記憶が怪しいと思ったものは「答えられない」束に戻す。
  • 「即答できる」束で、1枚あたりの質問がシンプルな場合、前後情報と合わせて、より高度な質問にし、カードを成長させる
  • 「即答できる」束で、読み返す必要もないほど確実なものは「殿堂入り」にする。

で、この「殿堂入り」が増えていくのが、何気に楽しかったりする。

|

« arduinoでドラクエのレベルを自動的に上げる | Main | toto開幕、さて今シーズンは、どんな技術で楽しもうか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 35歳からの勉強に単語カードを使う:

« arduinoでドラクエのレベルを自動的に上げる | Main | toto開幕、さて今シーズンは、どんな技術で楽しもうか »