« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.25

検索が上位であることより重要なこと

jQueryを使ったブックマークレットを作ったのだが、ふと別の環境で試したくなって、Googleで「jQuery ブックマークレット」と検索して自分のページを探してみたら、海外の誰かが作ったものを「こういうものがあるらしい」「使ってみた」みたいな記事ばっかり。ひどいのは「これ、誰が使うんだw」みたいな。

何かを紹介するページが存在すること自体は否定しないけど、その量が多いのと、紹介記事でSEOに熱心な人が多いので「自分で作ってみました」みたいな記事が埋もれてしまうのが残念。

Googleの検索結果にはてなブックマーク数を表示するGreasemonkeyとかが少しは補助してくれるかと思ったが、どうも違うらしい。ブックマークする人はRSSリーダからの流れでブックマークしてるけど、はたして同じ情報を検索結果から得て、同じようにブックマークするだろうか。

では、pathtraqは?と作ってみたのが、こちらのPipes

http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.info?_id=9b6bfb3cd691eaa28879754b67277441

Googleの検索結果とPathtraqの組み合わせ。

作ってみてから、GreasemonkeyでGoogleの検索結果に乗せた方が使いやすいかな、と思ったが、今日は眠いのでここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.07

jQueryで他サイトのtoto予想を効率よく収集するブックマークレット[totob]

toto予想のために前シーズンのJリーグの公式記録を解析していたが、残念なことに、今シーズンの日程が発表された途端に参照できなくなってしまった。というわけで当初の予定、つまり他の予想屋の情報を効率よく摂取するほうに専念することにする。

前に、予想屋のブログを自動で解析するようなものを作りたいと書いたが、自動解析は諦めた。費用対効果が悪そうだし、開幕まで間に合わなさそうだし。

そのかわり、こんな戦法を思いついた。

  1. はてなブックマークのブックマークレットと同じように、既存のページにオーバーレイするブックマークレットを作り、手動でtoto予想を集める。jQueryを使えばオーバーレイするダイアログを1行で書けるので、これを使う。
  2. ストレージはMySQLなどのRDBMSではなくGoogle Spreadsheetのform機能を使って流し込む。幸いgoogleドメインの外からpostしても使える。

で、作ってみたのがこちら。ブックマークレットにして呼び出すと任意のページでダイアログをオーバーレイ表示する。それぞれのチェックボックスが何を意味するかは書いてないがtotoに詳しい人ならわかるかな。で、送信ボタンを押すと、Google Spreadsheetにポストされる。(色々と見にくい点は後述)

totob/03.js (old version : 02.js)

作るうえで苦労したことを幾つか書いておく。

ブックマークレットからjQueryを使う

JavaScriptを本格的に使ったことがないので知らなかったが、jQueryのような外部スクリプトをスクリプト中でロードするのは簡単ではないらしい。amachangが提案している方法も、なぜかブックマークレットでは使えなかった。

で、ブックマークレットの中でjQueryを呼び出してみた。ブックマークレットが長くなる点が気になるが、Firefoxでは動いているのでOKとしておく。

ブックマークレットにCSSを適用させられない

最初に作った試作版ではjQuery用のCSSを適用していて、ダイアログの色やボタンまで、バッチリ装飾されている。好みではないが、jQuery標準のfloraというテーマだ。

totob/01.html

ブックマークレットで表示しているダイアログにもCSSを適用できたらいいのだが、jQueryお得意のCSSの要素変更も試しても適用されず、ものすごくカッコ悪い。

(ここから追記)ブックマークレットで表示しているダイアログにCSSを適用するには、ダイアログを表示した後にjQueryでCSSプロパティを操作すればよい。最初、ダイアログを表示させる前に指定したが効果がなかった。そんなものかな。

元のCSS(http://view.jquery.com/tags/ui/latest/themes/flora/flora.dialog.css)で

.flora .ui-dialog,
.flora.ui-dialog {
background-color: #e6f7d4;
}

とあった場合、

$('div.ui-dialog').css({
'background-color':'#e6f7d4'
});

と書く。これを、flora.dialog.cssに書いてある分だけ延々と手作業。これってjQueryをブックマークレットから使う時だけの苦労かな。誰か汎用化してないかな。

なお、元のCSSではdiv要素という指定はないので$('[class="ui-dialog"]')と指定する書き方もあるが、クラスだけを指定すると非効率的とnitoyonさんが書いていたので、なるべく要素を指定することにした。

まあ自分でしか使わないので放置プレイかな。

jQueryで作る Ajaxアプリケーション
jQueryで作る Ajaxアプリケーション 沖林 正紀

おすすめ平均
stars最初の一歩
stars初心者に優しくない
starsjQueryの知識を深めるのにはちょうどいい。
starsjQueryへの理解を深める上で最適な教科書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (2)

お決まりのキーワードを連続的に置換するExcelマクロ

Excelで、お決まりの置換を何度もするということがある。不要な文字の除去や省略表記などである。ついこないだも、製品リストが長くて見にくかったので(TM)とか(R)といった表記を除去するなんてことをした。

Ctrl+Hで置換ウィンドウを開くのももいいが、置換はマクロから呼び出すこともできるので、変換用テーブルに検索語と置換語を並べておき、連続置換できると便利である。というか、いつも必要になるたびに一から作ってたので、再利用のために貼っておくことにした。

http://gist.github.com/59435

ココログにembedできないのが残念

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.06

【toto】順位が高いチームが勝つ確立は?

こないだ、順位が高いチームは、順位が低いチームより勝つ確立が高いだろう、と書いたが、本当にそうなのか確認してみた。

  1. 第1節終了時点での各チームの順位を第2節の試合結果にマッピング。これを昨シーズンのすべての節に対して実施
  2. 順位差ごとにHomeが勝った試合、Awayが勝った試合の数をカウント。例えばHomeが1位、Awayが18位だと順位差は18-1=17とする。

このためだけにExcelマクロまで作っちゃいましたよ。。。

で、グラフにしたのがこちら。

Graph1

順位が10ぐらい離れると勝ち負けの傾向が出てくるが、僅差だと全く読めない。

パーセンテージに変換したのがこちら。

Graph3

こういうのを見ちゃうと、順位で勝ち負けを占うのって危険だなぁ、という気になってくる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.02.04

toto予想には、どんな情報を収集すればよいか

今年の密かな野望がtotoで賞金を稼ぐことなので、イーバンクに口座を作ったり、Jリーグの移籍情報などをチェックしている。

始めて1年もたっていないので、どんな情報を集めれば効率的に予想を立てられるか試行錯誤中で、どちらかというと情報収集のための道具で遊んでいるだけという感じだが、一方で、そんなに多くの情報に振り回されたくないので、早いところ取捨選択をしておきたい。

あってもなくても関係ない情報

目標として、1回の予想に1時間もかけたくない。なので、「選手の気合い」みたいな、あまり意味の無い情報は見出しだけにしておきたい。他の予想サイトで見かける「何連勝(敗)中」という情報も同様だ。3連勝したら4連勝する確率よりも大きいファクターがあるはずだ。

あと、過去の戦績も参考にしなくてもいい感じがする。選手の移籍や監督の采配がゲームに及ぼす影響は、野球より大きいんじゃないだろうか。(野球はサッカー以上に知らないが)

ネガティブ要素は、どこまで効くか

もうひとつ、予想サイトなどで見かけるのが、選手の欠場情報や日本代表戦による疲労など。個人的には、代表選手は多少の過密スケジュールぐらいで動きに影響が出るほどヤワではなく、日本代表というハイレベルな環境でプレイした後にJリーグで試合するので、むしろ有利なんじゃないかと勝手に思ってるが、主力選手の欠場は勝敗に響くかもしれない。

Yahoo! PipesでJリーグ公式ページから得点ランク上位の選手を抜き出すRSSを作ったが、得点力の要となる選手が抜けたら、チームとしても誰に合わせたらいいかブレるので、勝ちにくいんじゃないかという気がする。

ただ、本当に主力選手が抜けたら負ける確率が高くなるのかは、よくわからない。逆に、相手にとってノーマークの選手が活躍したり、いい面もありそうだ。

妥当と思われるファクターの信憑性は

結局のところ「有利」といっても、どれぐらい信頼していいファクターなのかは不明確だ。「得点ランク10位以内の選手が欠場すると、80%負ける」といった感じであれば情報収集する価値はあるし、逆に50%という数字だったら、得点ランク上位の選手をウォッチする時間を別の情報収集に当てられる。

同じように、その時点でのチームの順位なども、多少は信頼していい情報ではないかと思ってる。極端な例として、1位のチームと最下位のチームが争ったら、そりゃ1位のチームが勝つだろう、と。

年間30節ぐらいだから、その気になれば過去の試合で、どれぐらいの相関があるかデータにできそうだが、正直、ちょっと忙しいので誰か代わりにやってくれないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2009 | Main | March 2009 »