« Yahoo! Pipesのテクニックを10個(後編) | Main | 壁面収納がオシャレなのはわかったが、無理なので、こんな家具を選んだ »

2008.09.15

Art Beat APIで何か作ってみました

前にYahoo! Pipesで、いろいろなAPIを叩くのが楽しいなんてことを書きましたが、叩き甲斐のあるAPIがありました。

TOKYO Art Beatは展覧会などの情報を発信してるサイトですが、ここが公開しているAPIは緯度経度を元に、近所の展覧会情報を出力するというもの。Hotpepper APIの展示会版といった感じかな。

緯度経度が必須キーなのが敷居が高い気がするが、前にYahoo! JapanのローカルサーチAPIを使ったYahoo! Pipesを作ったので、それと組み合わせて適当な地名を入力するとArt Beat APIから半径1500m(調節可)の展示会を一覧表示してくれるYahoo! Pipesを作ってみた。

art_beat_eazy_go

試しに最寄りの駅を入力したら、ちゃんと表示された。相変わらず残念なのがYahoo! Pipesで表示される地図の解像度が低すぎて使い物にならないのと、日本語が通らない点。

art beat apiはLanguage=enと指定すると英語で出力するバイリンガルAPIなので、英語で出力して使っているが、地図の解像度はどうしようもない。Pipesを捨てて、もしくはPipesの情報を使いつつ、地図だけはGoogle MapsやYahoo! 地図に出力するしかないだろうか。

それと、画像が大中小と3つ出力されるのだが、どれもimg srcでしか指定されていないので、どれかひとつを抜き出すということができないところも困った。SmallImageUrlとか属性の名前で抜けるよう にしてもらった方が使い勝手が良い。(楽天のAPIは、そういう仕様)

|

« Yahoo! Pipesのテクニックを10個(後編) | Main | 壁面収納がオシャレなのはわかったが、無理なので、こんな家具を選んだ »

自作」カテゴリの記事

pipes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Art Beat APIで何か作ってみました:

« Yahoo! Pipesのテクニックを10個(後編) | Main | 壁面収納がオシャレなのはわかったが、無理なので、こんな家具を選んだ »