« June 2008 | Main | August 2008 »

2008.07.17

史上、最もライフスタイルにインパクトを与えた本棚

タイトルは、やや釣りです。しかし、ここ最近の買い物の中では、かなり嬉しい部類。

2年前に引越して、先月、また引越して、その都度に処分したので蔵書量がかなり減った。前に住んでいた家では本棚を置かなかったが、今の家では本棚が欲しい。でもコンパクトさは保ちたい。そんなニーズを意外な形で満たしてくれるのが、サピエンスという本棚。

コピーには「未読本だけを」と書いてあるが、僕としては、いっそのこと全ての蔵書をこの棚に完結させたい。少なすぎるかもしれないが、何度も読みたいものだけを手元に残して、残りは処分したところで困ることはないだろう。

そもそも僕は本を読むのが遅いので、買うスピードと読むスピードが釣り合わない。いつか読まなきゃ、という罪悪感が募り、新しい本を買う意欲まで削がれている気がする。新しい本を買うということは、新しいことを始めることの一部だから、新しいことを始めようとする気まで制限してしまっていた気がする。

この本棚が素晴らしいのは、縦一列までは「読みかけでもかまいませんよ」と許してくれるスペースがあるということだ。そんなの壁一面の本棚の、この列だけ未読にするとか、自分でルールを決めればいいんじゃないか、という話もあるが、本が普通の棚に並ぶのと、サピエンスにように横にぐだっと並んでいるのでは、許しの度合いが違う。

それでいて、すべての本が常に見えるため、長い間、手付かずの本が把握できる。スペースが限られているから、買うと同時に何かを手放さないといけないという厳しさも併せ持つ。モッチー風に言えば、「やめること」にセンシティブになるわけだ。

まるで人間がそびえ立ってるような本棚を見てると、こんな本、読むことないよな、という本が、まるで贅肉のように見えてくる。「本棚は、その人を表す」という格言があるが、この本棚は、その人の読書の体脂肪まで見えるような気がする。だから、寝室に置くというのは、案外、いい選択かもしれない。

追記

この本の魅力を別の角度からも書いてみました。

uessay: 壁面収納がオシャレなのはわかったが、無理なので、こんな家具を選んだ はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.14

食器とネットワーク機器の選び方の共通点

引越をして、食器を幾つか買い足しているのだが、ネットワーク機器の選び方と不思議な共通点を見つけた。

どちらも、コジツケだが3Sがキーワードであると考えている。Stackable(積み重ねできること)、Sustainable(長く使えること)、Simpe(単純であること)で3S、ただし全て○であることが良いというわけではない。

1.Stackable - プロはスタッカブルなものを選ばない

スタッカブルHUBというHUBがある。形状がスタッカブル(積み重ね可能)というだけでなく、コリジョン・ドメインを機器間で共有できるという妙な特徴を持つ。スイッチ全盛の今となっては、気にする人なんていないと思うが、レイヤ2でカスケードの段数を節約できるというメリットがある。しかし、そもそも16ポートのHUBを3台スタックさせるなら、最初から48ポートを選ぶのがプロでしょう。

食器も同じく、収納の本なんかを読むと、積み重ねできる食器がいいですよ、と書いてある。でも、いわゆるプロ主婦って、食器の第一の役割、すなわち食事をおいしく見せることにこだわっていて、積み重ねできるか否かで食器を選んでない気がする。

2.Sustainable - 「長く使う」ために必要な心がけ

こちらもStackableと同じ論調で。ネットワーク選びで「長く使える」って、メーカーの信頼性にほかならない。ハード的には何年も使えそうなのに、ファーム更新が停止するので来年から機能が使えません、とメーカーから一方的に言われたことが何度かあるが(特にセキュリティ関連で)そんなことを言い出さない(もしくは妥当な代替措置を用意してくれる)メーカーを見極めるのも重要な仕事だ。

話を食器に移すと、デザインが気に入って、このデザインで揃えよう!と思って買い始めたら販売終了になるみたいなことが相当するだろうか。長年、同じデザインで販売し続けているメーカーで買うというのも考えうる予防措置。

3.Simple - その目的に合致していること

昔、すごいシンプルな食器を見つけて、デザインが気に入ったので買ったのだが、すごく使いにくかったことがある。人間が使うのに必要なところまで省略してしまった結果だ。

ネットワーク機器で必要なのに省略されてしまう機能は思い当たらないが、使うときにLEDがどう見えるか、とかは重要かな。特にデータセンタに置く場合は、最初に機器を見るのは常駐してる人であって、設計者ではないからLEDで、どこまで切り分けられるかが重要になる。

Linuxベースで高機能、と謳ってる機器にありがちな、フロントパネルはLEDが2つだけという構成。こういう機器は選んではいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近頃、toto予想で困っていること

Yahoo! Pipesで得点ランクを抜き出したりGoogle Docのlive formで他人の予想を集約したり、最低限の手間で効果的な予想をしたいと考えているのだが、ある本を読んで「活躍してる選手が不調だと勝ちパターンにならないんじゃないか→得点ランクと選手のコンディションを収集」という僕の単純な予想ポリシーでは到底、当たらないんじゃないか、という気がしてきた。

4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)
4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343) 杉山 茂樹

おすすめ平均
starsこれこそが求めていた一冊であるぞよ!!
stars結局・・・サイドってこと?
starsとにかく読み易い!
stars「監督目線のサッカーファンへ」の「日本初”布陣の教科書”」
stars面白かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本、例えばジダンがいた頃のレアルが、なぜこのチームに負けたか、などをフォーメーションの重要さという観点から幾つものエピソードを交えて紹介してくれている。時間軸がわかりにくいとか、いろいろ不満な点はあるが、かなり勉強になった。ニュースでゴールシーンのハイライトを見てるだけでは何にもならないんだな。

で、本当かいな、とウイイレで妙な布陣で戦わせたりして楽しんでいる。逆の言い方をすると、ウイイレを楽しみ尽くすには、4-2-3-1が必読とも言える。

Jリーグ ウイニング イレブン2008 クラブチャンピオンシップ
Jリーグ ウイニング イレブン2008 クラブチャンピオンシップ
おすすめ平均
starsバカたれ
starsいいかげん転換期では?
starsかなり期待!
starsコナミも良くはないしかしレビュアーも悪い
stars「Jリーグ」を冠している以上…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、戦略が大事だと言うことはよくわかったのだけど、それって、どこからどんな情報を取り込めばいいんだろう。戦略で失敗したら、次の試合では補強してくるはずだし。

仕方なく、個々の試合のレビューに目を通し始めたのだが、ネットなどを通じて試合前に得られる情報で、どこを読めば予測できたんだろう、と思うことばかりである。なんだか「政治家の善し悪しは歴史が決めることである」みたいなフレーズが頭をよぎった。


ついでに細かいことだけど、Yahoo PipesでJリーグ公式サイトの得点ランクをhtmlのtableからRSSに変換して読んでいるのだが、時刻情報を付加してなかったので、RSSリーダで最新情報を読むことができない。誰か、この問題をクリアできた人はいないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

意外なところで見かけた「カバンを軽くする文具」

引っ越して、身辺が大きく変わったのだが、不思議とブログに書こうと思うことが少ない。まあ、週に何回書くとか自分に課してるわけではないので、どうでもいいのだけど。

そういえば、こないだ大江戸線に乗っていたら、uessay: カバンを軽くする文具7選2007 はてなユーザーの評価  livedoorユーザーの評価  Buzzurlにブックマークで書いていた例のアイテムが微妙なデザインでポスターになっていた。

これ、700円なんだそうな。DEL FONICSより安いが。。。

ついでにもうひとつ。かなり前になるが、本場lifehacker.comの父の日ギフトの特集で、無印良品のノートが取り上げられていた。

Gift Guide: The Lifehacker Father's Day Gift Guide はてなユーザーの評価  livedoorユーザーの評価  Buzzurlにブックマーク 

へぇ、アメリカでも売ってるんだ、と思った。アメリカ人って、やけに大きいノートを使ってるようなイメージがあったけど、こういうノートも好きなんだ。

そういえばファミマで買った無印良品の小銭入れが小さくて、金具も付いていて鍵まで付けられて便利。紹介したかったけど、無印ネットストアには、まだ掲載されてないみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.07.04

コンビニは不要と言うけれど

最近、夜間の営業停止の話が飛び火して、コンビニそのものの存在を不要とする意見を耳にする機会が多い気がする。その度に、進化が止まってるなぁ、と思う。

コンビニの進化って、進化論から見ると強引すぎる。新しいことが、全国で一斉に始まる。Windowsが一斉にWindows Updateをすることなんかの比ではない。うちは、からあげくん扱いませんから、とかできないわけである。(よく知らないけど、例外はあるでしょうね)

そんな業務形態、今までの歴史で、あっただろうか。「よそがうまくいってるみたいなので、うちも」という悠長な進化ではないわけだ。失敗する時は全国的に失敗する。そんなスケールの大きい進化を目にしているのだ。

1.電子マネー

この、全国規模の同時展開があったからこそ軌道に乗った概念のひとつが電子マネーだと思う。社会学者や、それ風の人が何年も前から口にしていたが、もう一方で「便利かもしれないけど、広げるのは大変」と思われていた。多分、コンビニが存在しなかったら、今も電子マネーなんて社会学者かぶれのアイテムの域を出てなかっただろう。

2.それなりにエコ

こないだ弁当を買ったら、いつもの弁当全体を覆う包装ではなく、テープで蓋が止められているだけだった。それでいいんだよね。

過剰包装を広げてしまったのもコンビニかもしれないが、新しいルールを作る存在感を持っているのもコンビニだと思う。

3.公共料金、宅配便

夜遅くまで仕事をしていて、休みも取れない人なんて、ごまんといる。そういう人が、仮にコンビニで公共料金の取扱をやめてしまったら、どうなっちゃうんだろう。

宅配便も、コンビニで扱っていなかった頃は、宅急便センターみたいなところに行くしかなかった。10年前、就職活動で書類を送るために宅急便センターに行った覚えがあるが、あの頃はそれしか方法が無かったんだよな。

荷物を送ることが、ある程度まで便利になったからこそヤフオクも軌道に乗ったんじゃないだろうか。ネットで、いくら充実しているサービスでも、結局のところ、どこかで現実世界と繋がっている。その接点の、かなりの部分を受け持ってるのがコンビニだ。あまり安直に規制すると、ネットまで元気がなくなっちゃうよ。

(追記:タイトルを少しだけ変えました)

--

そういえばテレビで椎名林檎がデビュー10周年だとかで特集してた。ファーストアルバムのツアーを、会社の入社研修を抜け出して観に行こうか迷ってたなぁ。

私の発電
私の発電 椎名林檎

おすすめ平均
starsまあ買うけど.
stars最高のPV
starsこれはアリ
stars林檎のすべてここに大結集
stars阿漕な商売だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ImageMagick、なかなかよいぞ

汎用性のない測定プログラムの画面をコピペして、欲しい箇所だけ切り抜いてという作業を繰り返していて、10回ぐらいで、もぉやだ、となった。

そんなわけで試したImageMagick、なかなかよい。

Rubyから呼び出して使っているのを聞いたことがあったが、単体でコマンドラインから呼び出しても全然便利。

たとえば画面をコピペして、Windowsのペイント(mspaint)に貼り付けて、該当箇所をマウスで選択して、さらに別の箇所へコピペ。マウスでピクセル単位で選択するのって肩が凝る。ImageMagickであれば、コマンドラインから

convert -crop 128x128+10+20 input.jpg output.jpg

みたいに入力すれば、綺麗にくり抜かれた画像を生成できる。(わかりにくかったら、こちら

そんだけ。(追記:タイトルを一文字だけ変えました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »