« Excel:条件付き書式でセル結合を撲滅する会 | Main | コメント »

2008.03.14

TeraPadからcygwinのUNIXツールやらRubyやら使う方法

Windowsで仕事をしていても、UNIXのsortやuniqを使いたいと思うことがある。そんなとき

  • メモ帳等にコピペして保存する
  • 保存したファイルをコマンドプロンプトから実行する。例えばsort temp.txt > out.txt
  • 出力したファイルもメモ帳などで開く

といった手順を踏まなければいけなくて億劫である。

普段、TeraPadというエディタを使っているのだが、このエディタはツールメニューから外部アプリケーションを呼び出すことができる。

http://harpy.org/delfy/tpadhelp/tool.html

T1_2

ところで、ここにsort.exeを割り当てたところで、一瞬、黒い画面が表示されるだけで何も起きない。確かに実行ファイルは呼び出されているのだが、実行ファイルの出力をTeraPadに取り込むには、もう一工夫が必要だ。

TeraPadの「標準入出力ツール」は、TeraPadで開いたページをsort.exeなどに渡し、出力を編集画面に取り込むことができるツールである。さきほどのTeraPadのツールの設定で実行ファイルを「TpConWt」とし、パラメータにsort.exeを指定する。書式がややこしいがreadmeのコピペで十分である。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tptools.html

T2

これで、TeraPadにsortしたいテキストをコピペして、ツールメニューから呼び出せばsortしたテキストが表示される。もちろんsortだけでなくuniqなど標準入出力系のツールは同じように呼び出せて快適である。

ではRubyの自作スクリプトなどはどうだろう。パラメータ欄にruby.exe test.rbとスクリプトを書くとprintみたいな出力はTeraPadに渡されるが、ARGVが渡されなくて、フィルタ系のスクリプトとして使う方法が見当たらない。(誰か知ってたら教えてください・・・)

苦肉の策として、exerbなどで実行ファイル化すれば大丈夫なようだが、それも面倒だなぁ。

はじめてのTeraPad (I・O BOOKS) はじめてのTeraPad (I・O BOOKS)
中村 昇

by G-Tools

Cygwinコンパクトリファレンス (Compact reference)Cygwinコンパクトリファレンス (Compact reference)
河野 寿 竹田津 恩 大橋 正巳

by G-Tools

|

« Excel:条件付き書式でセル結合を撲滅する会 | Main | コメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TeraPadからcygwinのUNIXツールやらRubyやら使う方法:

» 手持ちのエディタからのインタプリタ実行 [PamGau]
ちょうどRubyのいぢり始めだったところで、下記の記事に便乗させてもらいます。 TeraPadからcygwinのUNIXツールやらRubyやら使う方法 (uessay) パラメータ欄にruby.exe test.rbとスクリプトを書くとprintみたいな出...... [Read More]

Tracked on 2008.03.16 06:47 PM

« Excel:条件付き書式でセル結合を撲滅する会 | Main | コメント »