« コメント | Main | 匿名の心理戦(ついでにDEATH NOTEほか4冊を紹介) »

2008.03.19

普段の仕事でコマンドプロンプトを使う

コマンドプロンプトの黒い画面で仕事をしてると、仕事ができるようになった気がする、と誰かが言ってたのを耳にしたが、そういう奴に限ってpingとかipconfigしか使ってなかったりする。

まあ、僕も9割がネットワークの切り分け目的だったのだが、ちょっとプロジェクトの規模が大きくなり、扱うファイルが増えてきたのでdirを使ってファイル管理していたら、なかなか便利だったのでメモしておく。

¥¥192.168...なディレクトリもドライブ割り当てでcmdからアクセス

とりあえず大前提から。今時、ローカルディスクだけで仕事してる会社なんて化石だと思うが、¥¥192...で始まるパスはコマンドプロンプトからアクセスできないので、ドライブ割り当てしておく。

cmd.exeのショートカットを作り、作業フォルダを空欄にすると、そこがカレントディレクトリになる

有名かもしれないけど、知らずにcdを連発していたとしたらお試しあれ。

dir /s /bで最新のディレクトリ情報を出力する

ここから本番。エクスプローラのファイル検索は遅いし、Google Desktop Searchはリアルタイム性がないし(今の時点で、誰が更新していないか一覧にするのはGDSには無理だろう)と考えていたら、かつて会社の金で行ったMicrosoftの研修で講師がパフォーマンスモニタでCPUやらディスクアクセスのグラフを見せるためにコマンドプロンプトでdir /sと打ち込んだのを思い出した。(今考えても、説得力のあるパフォーマンスだったなぁ)

dirは「/s」でサブフォルダも指定でき、「/b」でフルパス表示できる。より細かく、/adでフォルダだけを表示させたり、ある文字列を含むものだけを表示させたりとできるが、/s /b以外のオプションは使わず、dir /s /b > temp.txtとかしてテキスト出力して、テキストをいじった方がいちいちdirしなおす手間やディスクアクセスが省ける気がする。

コマンドラインからnotepad temp.txtでファイルを開ける

これを最初に知った時は目から鱗だった。こういうエントリを書くとvimを入れれば(ry、とかコメントが予想されるが、notepad.exe(メモ帳)は、どのパソコンにも入っているのが素晴らしい。dirの出力結果をnotepadで開いて何をするかって?フルパスを送るから処理しておいて、と同僚にメールするわけです。

来年の「パソコン操作を華麗にスピードアップ」にも書こうっと。
 


Windows DOS/コマンドプロンプト辞典
Windows DOS/コマンドプロンプト辞典 飯島 弘文

おすすめ平均
starsコマンドプロンプトの辞書として役にたつ本
starsms-dosの基礎知識を高めたいと思い購入しました。
starsリファレンスとしては良著
starsDOSを使う方、興味のある方には最良の書だと思います
starsWindowsでコマンドプロンプトを使う時に役に立ちました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« コメント | Main | 匿名の心理戦(ついでにDEATH NOTEほか4冊を紹介) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 普段の仕事でコマンドプロンプトを使う:

« コメント | Main | 匿名の心理戦(ついでにDEATH NOTEほか4冊を紹介) »