« November 2007 | Main | January 2008 »

2007.12.31

【2008年版】パソコン操作を華麗にスピードアップ(100tips)

on bike
Photographer
wvs
License
Creative Commons (by-nc)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

2006年の暮れに書いたuessay: パソコン作業を華麗にスピードアップ(100tips)はてなユーザーの評価livedoorユーザーの評価Buzzurlにブックマーク  は、おかげさまでいろいろな人にブックマークしてもらえた記事になったわけですが、2008年版もやります。昨年は転勤して、触るPCが何台もあり、そのたびにCtrlキーの位置が微妙に違うのがストレスだったので、Ctrlを使わないTips、それから去年は紹介しなかった「そもそも論」みたいなのを多めに並べてみます。相変わらずWindows XP向けです。

スピードアップは文字入力とファイル選択から

1.「ミcろそft」と入力してしまってもF9で「Microsoft」(全角英文字)と変換される。

2.さらにF8で「Microsoft」(半角英文字)となる。F9+F8に慣れると途中まで入力したのをDeleteで消してIMEを切り替えて入力し直す人がアホに見えてくる。

3.単語の選択にマウスを使わず、Shift+矢印キーで選択。この状態でDeleteするもよし、上書きするもよし。あらゆるソフトの編集がスピードアップ。

4.マウスのトリプルクリックに慣れる。ソフトによるが、ダブルクリックで単語単位、トリプルクリックで行単位が選択されるので、使いこなせば高速編集が可能になる。

5.単語を選択して変換キーを押すと確定した漢字も修正したり、F8で全角半角を変えたりできる。

6.エクスプローラはWindows+Eで開く。

7.エクスプローラでTabキーを押すと、フォーカスされている箇所が切り替わり、全くマウスに触れずにファイルを選ぶこともフォルダを移動することもできる。

8.フォルダに通し番号を振ると、数字キーで一気に選択できる。なお「71.アラスカ」「72.ハワイ」と「7」で始まる2つのフォルダがあっても「7」を2回押せば「72.ハワイ」を選択できる。1文字目が重要。

9.やっぱりデスクトップにファイルが散乱してる人は仕事が遅い。間違いない。

そういえば普段、使うキーボードの種類が多いので半角/全角の位置が違ってるのもストレスだった。F8+F9を多用するようになったのも、こんな背景があったりして。

【1年もの外貨定期】 NZドル年 7.5 %  米ドル 年 1.5 % (税引前) 新生銀行

Excelで巨大なシートにも立ち向かえ

11.Ctrl+マウスホイールで表示倍率を変えられる。

12.シートを参照するだけなら、あえてScrollLockを使うと改行の入ったセルを選択して数式バーが視界を遮るという事態を防げる。vi風に言えば閲覧モード。これを知るまでは、いちいち数式バーを非表示にしていた。。。

13.逆にセルを選択して編集モードにするには、F2キーを使う。編集するだけのためにマウスでダブルクリックなんてしちゃいけない。

14.コピペの応用範囲を広げるため、数式の絶対参照のマスターは必須。数式バー上でF4で切り替えるのが最速。

15.Ctrl+PageUp(Down)で高速にシートを切り替える。

16.ついでにShiftを押しながらCtrl+PageUp(Down)で複数シートを一気に選択できる。この状態で印刷プレビューを押すと全シートを印刷プレビューできて、一気に印刷できる。

17.改行を含むセルを印刷すると文字がはみ出て印刷されてなくて大騒ぎになる。改行をひとつ余分に入れる習慣を身につけると、そういう事故を防げる確率が高まる。まあ、そもそも気取って丸ゴシックとか角ゴシックを使うのではなく印刷イメージのずれにくいMSゴシックを使うのが一番だが。

18.複数のセルを選択すると、ステータスバーに合計値が表示される。これを知ってると計算間違いのチェックに電卓がいらない。(74の「プログラムを指定して実行」からExcelを呼び出すのと組み合わせると、電卓より早いかも)

19.最初からヘッダに日付と作成者、フッタにページ数の入ったテンプレートを使う

大きなお世話かもしれないけど、セルを結合したりフォントを変えたり、見た目にこだわってるシートというのは編集に時間がかかる。

物件数100万件以上!不動産のことはお任せ!

PowerPointは使い回したもの勝ち

21.図形を選択してCtrl+Dで複製できる。コピペより2倍早い。

22.パーツ単位に複製するだけでなくCtrl+Gでグループ化して一気に複製した方が早い場合も。

23.複数のファイルを開いている状態でCtrl+F5すると、ウィンドウが最大ではない状態になる。一方のファイルから、もう一方のファイルにドラッグしてファイルを移すことができて、まさに使い回しモード。

24.図形の位置調整も、図形の調整(Alt+R)→配置/整列(A)→上揃え(T)のように全てキーボードで操作できる。この組み合わせを「RAT、TはTop」と覚えておくと左で揃える場合「LeftのLだから、RAL」とか応用が利く。詳しくはこちら

25.PowerPointもCtrl+マウスホイールで表示倍率を変えられる。編集しやすい倍率で作業するのも立派なスピードアップ術。

26.最初からCopyrightや作成日、ページ番号の入ったテンプレートを使う。わざわざpot形式にするのではなく普通に読み取り専用にした方が便利だったりする。言うまでもないけど、テンプレートもバージョン管理しておくこと。古い方がよかった、なんてことは頻繁にあるので。

27.スライドショーを表示してて「19ページに質問だけど」と言われたら19(数字)+Enterで該当ページに移動できる。

28.スライドショーの最後はB(Black)を押して暗転、またはW(White)を押して白地。プロジェクターからケーブルを抜いてから編集画面に戻らないと、舞台でセットを動かしてるみたいな滑稽さが漂う。立つ鳥、後を濁さずで。

29.言いたいことは赤字にしておくと相手に3倍速く伝わる。ついでに手直しさせられる箇所も減るかもしれない。

ショートカットだけでなく、プレゼンのコツも混ざってしまった。混ざりついでにもうひとつ。プレゼンの一枚目は、タイトルだけでなく、最終的に頼みたいことを書くページ。「ご確認の上、最終的な案をX日までにお選びください」など。この一文で会議の時間が短くできれば、他の仕事に時間を回せる。

本・CD・DVD・ゲーム激安セール 105円から!

WordとPDFで、あのエディタのスピード感を手に入れよう

31.Ctrl+Fで検索。章構成のわかっている文書であれば「4.1.3」と章番号を検索すると、PageDownで各ページを表示しながら探すのに比べ格段に早い。

32.Ctrl+Gでページ指定ジャンプ。ページ指定はほかにステータスバーをクリックしても可能。とにかくCPUの割にWordは表示が遅いので、CPUが遅い時代のエディタの技が生きる。

33.ページとページの間の空白をクリックすると空白部分を非表示にできる。小さい画面で作業する時は、ここを非表示にするだけで文章が連続的に見えて編集楽になる。

34.目次の自動作成、図表番号の挿入、クロスリファレンスを使いこなせない人は置いていかれる。というか、意図的に置いていこう。

35.あまりに頻繁に参照するファイルであれば、PDFにした方がページ展開が早い。変換はクセロPDFがおすすめ。

36.PDFは「←」「→」でページめくりできて、Wordより早い。

37.PDFはCtrl+Fで検索(Wordと同じ)、Ctrl+Gで次を検索(Wordと違う)に慣れる

38.ページ指定ジャンプはステータスバーをクリック

39.そんなわけで、目次のページだけ印刷するというのは、よくやっている。

普段の作業でWord以外のエディタを使うと「Wordではできないの?」と隠された機能を探すきっかけになる。そういった意味で操作性が対極にあるViエディタは勉強になる。

ギフトなら無印良品

ブラウザはLunascape最強

41.検索窓から検索したら常に新規タブで開くという仕様がいい。

42.で、タブだらけになってもCtrl+Qで一気に閉じられるのもいい(ほかにタブを一気に閉じるタブブラウザを知らないだけだが)

43.閉じたタブは「最近閉じたタブ」の一覧に表示される。ページ遷移して、最終的に辿り着いたページだけの履歴だから、途中のページも含まれる「履歴」の一覧よりも探しやすい。

44.Alt+Dでアドレスバーを選択できる。で、アドレスバーにGoogleのI'm Feeling Luckyを割り当てると、よく見るサイトをマウスを使わずに開ける。「livedoor reader」とか「gmail」とかサービス名は直接入力してる。

45.Alt+Sで検索バーを選択できる。

46.検索エンジンでgooを選んでおくと「路線」や「辞書」で検索すると駅名入力欄などのページに飛ぶ。(googleの「乗換 出発地 到着地」といい勝負)

47.ブックマークもクリックした頻度で自動で並び変わってくれるのが便利

48.はてなブックマークなどRSS出力するSBMを使っていたら、自分のブックマークのRSSをブックマークに入れて見ることもできる。(Firefoxのライブブックマークに相当する機能)

49.愛用しているのはLunascapeだが、実はFirefoxのGreasemonkeyのPagerizationも羨ましいという話は内緒

特定のブラウザのショートカットを並べるのは、ちょっと反則かな。

ブラウザ選択の時代を読み解く ブラウザ選択の時代を読み解く
スコット グランネマン Scott Granneman 江村 秀之

by G-Tools

Becky!でメールを読む時間、探す時間を大幅短縮

51.作業の中断になるので、メールの自動巡回機能はOFFにしておく。ついでにWindowsのタスクバーも非表示にしておくと集中力が途切れない

52.受信箱には、処理が必要なメールしか残さない。逆に自動振り分けされたメールも処理が必要であれば受信箱に戻しておくと受信箱がToDoリストになる。

53.Becky!の予定表プラグインは、ミーティングの通知などを登録しておけばメールを素早く探せる。登録時にメール本文から自動で日付と時間を取ってくるのが素晴らしい。

54.添付ファイル便利ツールも、添付ファイルだけを探すということができて便利。

55.サーバからメールを削除するのを「2日後」に設定しておくと、リモートボックスで2
日分のメールだけ表示できる。自動振り分けだと探しにくい「昨晩に送ったんだけど」というメールが一発で探せて、かつPCが壊れた時も直前のメールがサーバに残っていて二重の効果がある。

56.自分の名前とアドレスが入っていないメールは表示色を灰色にすると未読の山から自分が先に読むべきメールを探すのが早い(Becky!ではできるけど、ほかのメーラーはどうでしょう)

57.「例の件、よろしく」みたいなタイトルで送ってくる駄目メールは、後で探しやすいようなタイトルに書き換える。ところでメール本文やタイトルを書き換えられるのって、記録としてはどうかと思うけど、Becky!以外もできるんだっけ。

58.メールのヘッダを解析してスレッド表示するモードは最強に便利。

59.スレッド表示をさらに便利に使うコツとして、自分のアドレスをBCCに入れておく。そうすると自分が送ったメールもスレッドに表示される。

メールの自動巡回については、前の職場では集中して作業するためにOFFにしていたが、今の職場は「午後の会議場所が変わりました」みたいなメールが平気で流れるので、いつまでもOFFでよいかは悩むところ。

はじめてのBecky!Internet Mail2 (I/O BOOKS) はじめてのBecky!Internet Mail2 (I/O BOOKS)
勝田 有一朗

by G-Tools

「ファイル名を指定して実行」で呼び出すコマンド10選

61.「ファイル名を指定して実行」はWindows+Rで呼び出す

62.notepadでメモ帳を呼び出す。瞬時にメモを取るのに便利

63.calcで計算機を呼び出す。

64.excelpowerpntも、ここから呼び出せる。MDIで立ち上がるので、Alt+F4で既に開いていたExcelを閉じずに、新たに呼び出したExcelだけを閉じることができる。

65.cmdでコマンドプロンプトを呼び出す。今の職場では、あまり使わなくなったかな。

66.mspaintでペイントを呼び出す。個人的にはスクリーンショットを必要な箇所だけ切り出すのに多用するんだけど。

67.mstscでリモートデスクトップを呼び出す(よく使ったなぁ。。。)

68.shutdown -sでリモート環境からWindowsを終了する。

69.漢字の書き方が分からないとき、この欄で入力して変換してみる

余談ですが「ファイル名を指定して実行」って作業履歴が残ってて、ほかの人が呼び出してたら入力途中で自動補完され、逆に誰も呼び出してなかったら最後まで入力できる。このあたりがフェティッシュで楽しい。

ガジェット系

71.デュアル・ディスプレイは、やっぱり参照と編集を繰り返す作業には便利らしい。僕は被害を被っているけど。

72.電話はヘッドセットでした方が両手を動かせて便利

73.一度、冗談でテンキーマウスというやつを買ってみようかと思ってる

SANWA SUPPLY NT-MA1 テンキーマウス SANWA SUPPLY NT-MA1 テンキーマウス

by G-Tools

74.もしくは、こんなのも悩ましい

バッファローコクヨサプライ Arvel クリッカープロ シルバーメタリック CP01SV バッファローコクヨサプライ Arvel クリッカープロ シルバーメタリック CP01SV

by G-Tools

75.ケーブルを最速で片付けるには、これ!

キングジム ケーブルケース キングジム ケーブルケース

by G-Tools

76.EXLIMは動作スピードが速い

CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム)  EX-V7BK ブラック CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム)  EX-V7BK ブラック

by G-Tools

77.PCには繋がらないけど、書類を処分すると作業が効率化しそう

KOKUYO デスクトップシュレッダー<S-tray> KPS-X30W KOKUYO デスクトップシュレッダー

KPS-X30W



by G-Tools

78.これって、どうなんだろう

ハギワラシスコム 名刺スキャナ HUD-BCR256J (ストレージ内蔵ケーブル付) ハギワラシスコム 名刺スキャナ HUD-BCR256J (ストレージ内蔵ケーブル付)

by G-Tools

79.でも一番はコレでしょう

BUFFALO DD400-512M PC3200(DDR400) DDR SDRAM 184P BUFFALO DD400-512M PC3200(DDR400) DDR SDRAM 184P

by G-Tools

便利に使えるソフトを幾つか

81.TeraPadなど矩形選択できるエディタがあれば、処理スクリプトを書かなくても

82.今年もWinMergeでWordやPowerPoint、そしてテキストファイルの差分を読みまくったなぁ。

83.クセロのPDF出力できるソフトもよく使ったなぁ。

84.縮小専用。みたいなソフトは共感を覚える。まあ、縮小するぐらいなら最初からデジカメで解像度を低くして撮影するのだけど、高解像度を受け取ることも多いからね。

85.colinux、って書いてる時点でコンセプトが違う気がする。まあ、仮想環境を手元に作れて、そうとう検証がはかどったのは間違いないんだけど。 

86.Google Desktop Searchとか、最初はびっくりしたけど、そもそもアレに頼らなきゃいけないなんて自分の作った書類の保存場所を体系化できてないだけって話じゃないの?

87.本当は仕事中もiTunesを聞いていたいと思ってる。なんかリラックスできそうなので。

88.Photoshop。ああ、僕はPhotoshopを使う職種じゃなくてよかったと思う。あんな我流ばかりひしめく道具を使いこなす自信なんて無いので。

89.Windows Vistaを使うと仕事が早く片付くらしいよ!

なんと今年は本当にOfficeばっかり使ってたので10個も出てこない。だからというわけではないけど、ツールが仕事を速くするとも限らないんじゃないかという気がしてきた。この流れは加速しそう。

最後にメンタル&フィジカル系

91.ショートカットも練習を繰り返して身に付く。例えばIMEのF8+F9なんて頭で理解しているだけでは手癖に流されてしまうので、繰り返してみた方がいい。

92.人と一緒に作業すると、思わぬ発見がある。昼食時にショートカット山手線ゲームとか、、、しないよね、やっぱり。

93.Microsoftのショートカットキー一覧は、一度は目を通しておくべき。

http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/default.mspx

94.こちらも参考になるかも。

@IT/ITpro/pconline/

95.はてなブックマークで「ショートカット」タブで検索してもいいかも(これ書くために初めて見たけど)

96.ながらでもよい作業も存在する。情報収集とか。

97.でも基本は集中。そして集中を維持するための休憩。

98.少しパソコンから離れて、歩いたりすると頭がスッキリして作業スピードが上がる。職場でちょっと歩いても周囲に不思議がられないコースを見つける。別フロアの自販機とか。ん、それは怪しいか。

99.肩こりや腰痛などは集中力の妨げになる。なんだかんだ正しい姿勢が一番の効率化。

--

というわけで、2007年は腰痛に悩まされた一年でした。2008年は健康がテーマです。

2008年も、よろしくおねがいします。


--

now playing from iTMS...

iTunes Music Storeのセレブリティ・プレイリストで村治佳織さんが推薦してましたが、Michel Camilo&TomatitoのA mi nino Joseがオススメです。今回のタイトルと同様、Camiloの超絶ピアノとTomatitoのスパニッシュなギターの華麗な手さばきがスピーディーに絡みます。同じ楽器で、どうしてここまで楽しくできちゃうんだろう。Michel Camilo & Tomatito - Spain - A mi ni?o Jos?

| | Comments (12) | TrackBack (3)

2007.12.29

となりから覗き込んだ人もびっくりした携帯メール系サービス3選

便利だと思うサービスは、小出しに紹介すればいいものだけど、どうも何ヶ月か使ってみて本当に便利だと思わないと紹介する気になれない。そんなわけで貯めてると「3選」みたいになるのだが、そっちの方が読む方もお得感あるかな、と思うので書いてみることにする。

1.明日は燃えるゴミの日です、という情報をメールで教えてくれるサービス

そもそも、このエントリを書こうと思ったのが、このメールを読んで「明日はペットボトルか」と呟いたら、同僚がびっくりしてたので。

2.朝、やるべきことをメールで教えてくれるサービス

check*padにはToDoリストの特定のフォルダを決まった時間にメールする機能があるのだが「明日の朝、忘れずに例の資料をカバンに入れないと」みたいな事項を登録している。特に朝することがなくても、check*padが厳選された名言をメールに挿入してくれるのがよい。

3.RSSフィードをメールで届けてくれるサービス

はてなRSSは特定のフィードを定時にメールで届けてくれるので、スポーツ新聞のRSSやはてなブックマークで特定のタグのRSSを登録している。何時にメールを送るかというのは微妙な問題だが、僕は11時あたりが絶妙でいいかな、と思う。仕事の緊張感がほぐれるので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.28

AliceとBobのRFC旅行

Phone Home
Photographer
Georgie Sharp
License
Creative Commons (by-nc)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

人々の人生を翻弄する文書を寄書と呼ぶのであれば、RFC3261も間違いなく寄書の部類に入るのではないかと思う。RFC3261はIP電話に関する技術の標準化文書なのだが、あえて自由さを残したことが多くの方言を生み、標準化団体が幾つも生まれる始末なのだから。

で、そんなRFC3261を少しでもドラマチックに描いてみたいな、と思ったのが、今年最大の収穫である「暗号解読」を読んだ僕の感想。

ところでAliceとBobというのは、RFC3261に登場する仮想の人物。普通であればUser AとUser Bと書くところを、茶目っ気を含んでこう書いている。

Figure 1 shows a typical example of a SIP message exchange between
   two users, Alice and Bob.  (Each message is labeled with the letter
   "F" and a number for reference by the text.)

元々は暗号化の説明で使われていたようで、Allice,Bob以外にCarol,Dave,Ellenと続く場合もあればCharlie,DanieだったりChris,Dianaだったりする。RFC検索を使って、Aliceの登場回数を調べてみると(暇だな。。。)なんと107件もあった。それぐらいRFC Editorにはお馴染みだ。なおAliceが最初にRFCに登場したのはRFC1449で、Sun MicrosystemsのAlice Wangであるというのは冗談である。

こういうこともあるので、「Alice Bob」で検索するとシーケンス例などでAliceと表記している例にヒットするかもしれない。65件あった。いろいろなプロトコルに使われているが、やはりSIPが多い気がする。

ところで二人で話しているだけではドラマがない。せっかくなのでAllice,Bob,Carolの三人で検索してみると一気に話が展開する。RFC3261では一人で登場してREGISTER上げてるだけのCarolだが

For example, the UA for
   the user "sip:carol@chicago.com" addresses the REGISTER request to
   "sip:chicago.com".

RFC3515では

This can be used to enable many applications, including Call
   Transfer.  For instance, if Alice is in a call with Bob, and decides
   Bob needs to talk to Carol, Alice can instruct her SIP user agent
   (UA) to send a SIP REFER request to Bob's UA providing Carol's SIP
   Contact information.  Assuming Bob has given it permission, Bob's UA
   will attempt to call Carol using that  contact.  Bob's UA will then
   report whether it succeeded in reaching the contact to Alice's UA.

と転送先として指定されている友人に格上げされる。しかし、あろうことかRFC4916ではCarolがBobの盗聴をしようとしている。

In this example, Carol's UA has been reached by retargeting at the
   proxy and thus her identity (AoR) is not equal to that in the To
   header field of the received INVITE request (Bob).

しかし、RFC4975でもBobはCarolに転送しようとしている。気づいていないのだろうか。それとも気づいていて、あえて転送しているのか、謎は深まるばかり。

For example, during the above chat session,
   Bob decides Alice really needs to be talking to Carol.  Bob can
   transfer [21] Alice to Carol, introducing them into their own
   messaging session.

こんなことが続いて、RFCが5000番台ではどう進展してしまうか、本当に続きが楽しみでRFC Editorの方々には早く続編を作って欲しいものである。

--

RFCではRemeoとJulietもよく登場するので、次回はそれをネタに。(いったい、いつになったらドラマチックになるんだろう)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.24

英語に慣れるためのIT系Podcastまとめ

Good Things
Photographer
StarbuckGuy
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

iPod nanoを貰ったので、今更ながらPodcastに手を出してみて、いろいろ聞いてみて取捨選択する段階になったので記録として書いてみることにします。

Continue reading "英語に慣れるためのIT系Podcastまとめ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.12.15

大画面とか、デュアル・ディスプレイとか(チッ)

the lab
Photographer
Grafix Guru
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

少し前に、デュアル・ディスプレイやらが作業を効率化するので、投資効果があるなんて話題をよく見かけたが、彼らの仕事っぷりが、ミニチュア+シングル(造語)な面々の仕事に良からぬ影響を与えてきたので、そろそろ一言いっておく。

パワポを全画面で扱うアホウ

大画面だからって全画面表示しなければいけない決まりなんてないのに、小さい画面で育った貧乏性からか、PowerPointを全画面で表示して、椅子を机から離して資料を見ているオジサマを見つけてしまった。で、ページをめくるために、机に近づきマウスをクリックし、また机から離れる。

すべての大画面ユーザがそこまで極端ではないにしても、俺のように会社から支給されたパソコンが電話機より小さかったような男にとっては、実に迷惑な資料を量産してくれる。例を3つ挙げる。

  • デザインにすぐれたフォントを使いたがる。小さい画面では見にくいだけなので、結局、印刷してしまう。Microsoftが、画面でも紙でも見やすいフォントを開発するのに、どれだけのリソースを使ったか知ってるのだろうか。
  • 不要なぐらいリアルなクリップアートを使いたがる。バカハブに光沢も影もいりませんから。
  • なんでも一枚にまとめたがる。まあ、気持ちはわからなくもないが、きっと、この資料がニコイチリャンメンで印刷され、プロジェクターで表示された瞬間に会場がざわめくなんてことは想像してないに違いない。

そういうオジサマに教えてあげたい。ウィンドウズは全て全画面で使うことを想定して開発されたものではないんですよ!

スクリーンセーバのアホウ

おまえのもうひとつの画面は何で俺をイライラさせるんだ、と怒り心頭。

  • もうひとつのディスプレイが、常に人の集中力を削ぐようなスクリーンセーバーを流しっぱなし(デュアル・ディスプレイではなくデュアルPCの人ですな)
  • スクリーンセーバーがデュアル・ディスプレイに対応してないやつで、画面の表示のされかたが気持ち悪い。

というか、スクリーンセーバに未だに興味を持ち続けてる人って尊敬してしまう。きっと、車とかも色々インストールしてるんじゃないかな。

これぐらいなら理解してあげてもいいが・・・Excel

表計算ぐらいは、本当に大画面で効率がアップするアプリだと思う。ミニチュア+シングルは、複数のシートをひとつのファイルにまとめても気にならないが、大画面族はひとつは並べて表示するという特権を持っているので、幾つものシートがひとつのファイルにまとまってると並べて表示できないので嫌う傾向がある。そうなると、ファイル間で相互参照するようなファイルを量産するようになり、開いたら#REF#としか書かれてませんよー、みたいな。

この点さえ気をつけて貰えれば、まあ、いいんじゃない、という気もする。

--
余談だけど、こういう指摘をすると「だったら君も大画面にすればいいじゃん。なんでレベル低い方に合わせなきゃいけないの?」みたいな返答も予想されるので、あんまり指摘しにくいんですよね。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.12.09

10大ニュースを下書きレベルで

in touch with the outside
Photographer
aloshbennett
License
Creative Commons (by)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

こんな感じで。

・自分のはてなブックマークをつらつらと
・自分の書いたブログをつらつらと

一応、毎年書いてるからね。

1.あの会社とあの会社がモバイル参入

いわずもがな、iPhoneとAndroidは衝撃。ただ、例のタッチディスプレイは騒ぎ過ぎじゃないかな、というのが正直な感想。これまで通信業界への参入と言えば、ベンダが腰を低くして参入するというイメージだったのに対し、AppleはAT&Tに対して随分と優位に交渉を進めた気がする。もう一方のGoogleは正面突破ではなく、真綿で閉めるような戦略に知性を感じた。

その昔、ソフトバンクがADSLのサービスを始めるより前に、孫正義氏のインタビューでインフラへの執着を語っていたのを読んだことがあり、当時のITの成功イメージがMicrosoftぐらいしか思いつかなかったのでピンとこなかったが、Googleが天才の確保に躍起になっているのを見るに付け、必ずしも全員が天才でなくてもよい設備産業というのは、成長戦略のひとつとして理にかなってるのかもしれない。

2.ニコニコ動画が調子に乗ってた

ユーザが作る新しいコンテンツ、なんて言葉はブログが流行った頃にも耳にしたが、幾つもの点でブログより波に乗りやすかったのだろう。ひとつは閉じたサービスの中なので、評価が明確に数字になり、面白いコンテンツが埋もれることなく、確実に上位に現れる。もうひとつは、ブログはコメントを付けたり付けなかったりが表現者の自由だった(中にはリンクすら拒否するひともいるぐらい)のに対し、ニコニコ動画はサービス側のルールである。

もちろん全てをコントロールして今の姿があるわけではないと思うが、自由にしすぎないことが自由な雰囲気を生んだ例ではないだろうか。

3.結局、ブログでも未解決事件を語ってはいけない

とあるアイドルが、未解決事件を語ったことが原因で活動自粛になった。詳細を思い出せないし、検索しても見つからなかったのだが、2〜3年前にアメリカで、とあるオンラインメディアの記者が失踪して、日々、失踪直前の情報を公開したりしたという出来事があった。(詳細を覚えていないのは、英語で読んでいたから)

結局、その記者は亡くなっていたのだと思うが、似たようなことが日本で起こるたびに詐欺だ、売名行為だ、無責任だと外野の声が飛び交う。そのたびに、この国はネットを娯楽にはできるが、それを使って社会を変えられないのではないか、という気分になってしまう。

4.都市伝説

近所のTSUTAYAで「やりすぎコージー」のDVDを見てから、かなりはまってた。それまでネットでは単なる情報に価値があったが、芸人の語り口がミックスされて、蘊蓄とも違う新しいエンターテイメントが生まれたと思う。

気のせいかもしれないが、増田あたりで内容ではなく文才に溢れる文章が頻出したのも、やはり同じ流れではないだろうか。

5.JavaScriptの新しい波

これも個人的に、ちょっと時間をかけて楽しんだ。衝撃的だったのは、Amazonのページを見ていると、近所の図書館に蔵書があるか表示してくれるGreasemonkeyと、imageにclass=reflectionとか書くだけで反射効果を表現できるreflection.jsというスクリプト。

Ajaxの反作用で、JavaScriptがオイシい箇所だけコピペできる言語から、一気に難解な言語に飛躍したのが去年なら、それを再び使いやすい形で手元に戻って来たのが今年ではないだろうか。

6.FON上陸

うっかり忘れてしまいそうだが、日本への本格的な参入は去年の12月なので今年のニュース。

7.ビリー隊長も今年だっけ?

あれも一種のマッシュアップだよな、とか思った。

8.SEO業界も大騒ぎ

知り合いのネットショップを手伝っとことがきっかけで、SEO関連のアンテナを伸ばしていたが、この1年で見事にイメージが変わってしまった。SEOを、検索エンジンの動作を解読する高い能力が駆使されている現場かと思いきや、結果が全ての妄言が飛び交う世界だった。

Googleが有料リンクの評価を下げたことが大きなニュースになり、商売ロジックが崩れたかと思うと、今度は「中身が一番」と手のひらを返す。逞しいなぁ。

9.このブログから、はてなブックマークで1000userを超えた記事が登場

個人的ですみません。でも、やはりひとつ大きなコンテンツを持ち、いろいろなところからリンクされると、何もしなくてもアクセスが続くのを実感しました。昔は1日のアクセス数が100件を下回ると、そろそろ何か書こうと思ってたのだが、おかげさまで、さっぱり書く機会が減ってしまいました。

10.ええと、数合わせ

去年も10個書かなかったし

--
それぞれ、どの記事について語ってるかリンクとか貼ってもよかったけど、なんか面倒だったので、代わりにタイトルを「下書きレベル」にしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見事なジャンプを見せてくれている「犬」の写真いろいろ

GIGAZINEさんの紹介している「見事なジャンプを見せてくれている猫の写真いろいろ」が面白いですね。でも、犬も表情豊かで面白いよ、というのと、こちらはブロガーなので、まんまコピーではなくGigazineze Toolsで楽しみながら探したのを紹介してみます。UNIQLO JUMPもビックリの躍動感!

--

まずは表情豊かな写真から。

Pippa Action
Photographer
10 Ninjas Steve
License
Creative Commons (by-nc-sa)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

犬は訓練でも飛ぶんです。

Flying Dog (With the help of his ears ! )
Photographer
Gravestone
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

こちらもドラマチック!

Wire action
Photographer
Hanafan
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

犬&犬のバリエーション

Dog Leapfrog!!
Photographer
tarotastic
License
Creative Commons (by-nc)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

猫にも負けない(でも、ちょっと体が固そう。。。)

Ratta-Roo
Photographer
teejaybee
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

橋のシルエットに合わせて飛んでみました。

Pico Jumps
Photographer
mylerdude
License
Creative Commons (by)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

君はどこへ飛んでいく?(もちろん、自主的だよね?)

Shamus Jumps
Photographer
AllistonPC
License
Creative Commons (by-nc-sa)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

最後に、ごあいさつ。

Yeeeaaaaagh!
Photographer
stuart100
License
Creative Commons (by-nc-nd)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

--

PR:スポーツの秋は満喫した?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »