« 見事なジャンプを見せてくれている「犬」の写真いろいろ | Main | 大画面とか、デュアル・ディスプレイとか(チッ) »

2007.12.09

10大ニュースを下書きレベルで

in touch with the outside
Photographer
aloshbennett
License
Creative Commons (by)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

こんな感じで。

・自分のはてなブックマークをつらつらと
・自分の書いたブログをつらつらと

一応、毎年書いてるからね。

1.あの会社とあの会社がモバイル参入

いわずもがな、iPhoneとAndroidは衝撃。ただ、例のタッチディスプレイは騒ぎ過ぎじゃないかな、というのが正直な感想。これまで通信業界への参入と言えば、ベンダが腰を低くして参入するというイメージだったのに対し、AppleはAT&Tに対して随分と優位に交渉を進めた気がする。もう一方のGoogleは正面突破ではなく、真綿で閉めるような戦略に知性を感じた。

その昔、ソフトバンクがADSLのサービスを始めるより前に、孫正義氏のインタビューでインフラへの執着を語っていたのを読んだことがあり、当時のITの成功イメージがMicrosoftぐらいしか思いつかなかったのでピンとこなかったが、Googleが天才の確保に躍起になっているのを見るに付け、必ずしも全員が天才でなくてもよい設備産業というのは、成長戦略のひとつとして理にかなってるのかもしれない。

2.ニコニコ動画が調子に乗ってた

ユーザが作る新しいコンテンツ、なんて言葉はブログが流行った頃にも耳にしたが、幾つもの点でブログより波に乗りやすかったのだろう。ひとつは閉じたサービスの中なので、評価が明確に数字になり、面白いコンテンツが埋もれることなく、確実に上位に現れる。もうひとつは、ブログはコメントを付けたり付けなかったりが表現者の自由だった(中にはリンクすら拒否するひともいるぐらい)のに対し、ニコニコ動画はサービス側のルールである。

もちろん全てをコントロールして今の姿があるわけではないと思うが、自由にしすぎないことが自由な雰囲気を生んだ例ではないだろうか。

3.結局、ブログでも未解決事件を語ってはいけない

とあるアイドルが、未解決事件を語ったことが原因で活動自粛になった。詳細を思い出せないし、検索しても見つからなかったのだが、2〜3年前にアメリカで、とあるオンラインメディアの記者が失踪して、日々、失踪直前の情報を公開したりしたという出来事があった。(詳細を覚えていないのは、英語で読んでいたから)

結局、その記者は亡くなっていたのだと思うが、似たようなことが日本で起こるたびに詐欺だ、売名行為だ、無責任だと外野の声が飛び交う。そのたびに、この国はネットを娯楽にはできるが、それを使って社会を変えられないのではないか、という気分になってしまう。

4.都市伝説

近所のTSUTAYAで「やりすぎコージー」のDVDを見てから、かなりはまってた。それまでネットでは単なる情報に価値があったが、芸人の語り口がミックスされて、蘊蓄とも違う新しいエンターテイメントが生まれたと思う。

気のせいかもしれないが、増田あたりで内容ではなく文才に溢れる文章が頻出したのも、やはり同じ流れではないだろうか。

5.JavaScriptの新しい波

これも個人的に、ちょっと時間をかけて楽しんだ。衝撃的だったのは、Amazonのページを見ていると、近所の図書館に蔵書があるか表示してくれるGreasemonkeyと、imageにclass=reflectionとか書くだけで反射効果を表現できるreflection.jsというスクリプト。

Ajaxの反作用で、JavaScriptがオイシい箇所だけコピペできる言語から、一気に難解な言語に飛躍したのが去年なら、それを再び使いやすい形で手元に戻って来たのが今年ではないだろうか。

6.FON上陸

うっかり忘れてしまいそうだが、日本への本格的な参入は去年の12月なので今年のニュース。

7.ビリー隊長も今年だっけ?

あれも一種のマッシュアップだよな、とか思った。

8.SEO業界も大騒ぎ

知り合いのネットショップを手伝っとことがきっかけで、SEO関連のアンテナを伸ばしていたが、この1年で見事にイメージが変わってしまった。SEOを、検索エンジンの動作を解読する高い能力が駆使されている現場かと思いきや、結果が全ての妄言が飛び交う世界だった。

Googleが有料リンクの評価を下げたことが大きなニュースになり、商売ロジックが崩れたかと思うと、今度は「中身が一番」と手のひらを返す。逞しいなぁ。

9.このブログから、はてなブックマークで1000userを超えた記事が登場

個人的ですみません。でも、やはりひとつ大きなコンテンツを持ち、いろいろなところからリンクされると、何もしなくてもアクセスが続くのを実感しました。昔は1日のアクセス数が100件を下回ると、そろそろ何か書こうと思ってたのだが、おかげさまで、さっぱり書く機会が減ってしまいました。

10.ええと、数合わせ

去年も10個書かなかったし

--
それぞれ、どの記事について語ってるかリンクとか貼ってもよかったけど、なんか面倒だったので、代わりにタイトルを「下書きレベル」にしました。

|

« 見事なジャンプを見せてくれている「犬」の写真いろいろ | Main | 大画面とか、デュアル・ディスプレイとか(チッ) »

IT History」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10大ニュースを下書きレベルで:

« 見事なジャンプを見せてくれている「犬」の写真いろいろ | Main | 大画面とか、デュアル・ディスプレイとか(チッ) »