« October 2007 | Main | December 2007 »

2007.11.30

車載してもよさそうな加湿器<ベンタ>

毎年、この時期になると「車載加湿器」というキーワードで、このブログに辿り着く人が増える。まだ車を持っていた頃に、エアコンを付けると乾燥して困っていたので、いろいろ探してブログに書いたのだが、結局、気に入った車載加湿器に出会う前に車を持たない生活にシフトしてしまった。

なおかつ、何かの景品で加湿器をゲットしてしまったので、自分で加湿器を探す気なんて起きなかったのだが、こないだ飛行機に乗っていたら、飛行機の座席に必ず置いてある航空会社の通販雑誌にベンタの加湿器が出ていて、ああ、これだったら買ってもいいかな、という感じだった。もし「車載加湿器」というキーワードで辿り着く人がいたら、リンクがほぼ全滅している昔の記事ではなく、こちらをオススメしたいと思う。

もちろん車載用ではない。電源はインバータを介する必要がある。それでも車載としてもいいと思ったポイントを箇条書きにしてみる。

  • 大きさは30cmぐらい。小さくはないが車の後部座席の収まり、安定性は他の加湿器に比べても優れているだろう。
  • 気化式である。熱でボコボコと蒸気を出すタイプではないので、揺れる車内でも安心。
  • 水で空気清浄までしてくれる。フィルターを使わない方式だからホコリの多い車内でも安心である。
  • 電気も、そんなに使わない。ボコボコと蒸気を出すタイプだとバッテリーに負担がかかりそうだが、ベンタだと少し安心かも。

まあ、本当によいかどうかは、僕自身が買って試したわけではないので責任を持てないけれど、普通の加湿器よりかは絶対に良さそうな感じがする。

Venta 空気清浄器付き気化式加湿器 ホワイト (6畳) LW14-W
Venta 空気清浄器付き気化式加湿器 ホワイト (6畳) LW14-W
おすすめ平均
starsデザイン性に
starsいいですよ。
starsLW44を使っての感想
starsおしゃれだが。。。
stars水で空気を洗う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記:価格的にも本命はコレだろうか

コンパクト超音波式加湿器 【部屋にも車にもデスクにも使えるパーソナル加湿器】 ブルー CH-01BL
コンパクト超音波式加湿器 【部屋にも車にもデスクにも使えるパーソナル加湿器】 ブルー  CH-01BL
ドンキーボックス
売り上げランキング : 78


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.22

中3を塾講師した頃の話

Fast Utterance
Photographer
forezt
License
Creative Commons (by-nc-sa)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

ええ、パクリですとも。渡辺千賀さんのエントリの

僕も大学生活のうち、結構な時間を塾の先生のバイトに費やして、それなりに得るものはあったと思うが、文章にしたことはなかったな、と。そんなわけで思い出しながら書いてみます。

私がバイトしてた塾は、2人がけの長机をコの字に並べ、最大6人を学年とか混ぜこぜでマンツーマンするというタイプ。将棋で何人かを一度に相手にするのがあったと思うが、あんなイメージである。

教材は、いわゆる問題集を解かせるのではなく、1冊20枚程度のホッチキス止めが膨大な種類だけストックされていて、それを相手のレベルに合わせて解かせるというタイプ。苦悶、、、じゃなくて公文式に似ているが、先生が、その都度、解かせる問題を選ぶというのが最も大きな違いだろうか。

なので、先生の性格や生徒の組み合わせによって、進め方がインタラクティブに変わる。進みの早い生徒と遅い生徒がいたとして、新しい単元の説明を2度するのは面倒なので、進みの早い生徒には、わざと難易度の高い問題を出してペース調整をしたり。

そんなわけで、相手の弱点を見抜くコンサル的な技術を磨くことはなかったが、それでも幾つか、その後の糧になった経験もあった。

1.数学は寸止め

数学のできない生徒も四則演算ぐらいはできる。そうすると、とりあえず目に付いた数字を適当に足したり掛けたりして回答欄を埋めようとする。

こっちは一度に6人も相手にしてるので、余裕があれば、この子は帯分数を仮分数にしないで掛け算したな、とか判別できるが、なかなかそうもいかない。そこで、横着な生徒に対しては、最後まで答えを出すのを目的にするのではなく、「あとは足すだけ」という段階にしてから解け、ということを教え込んだ。(教え込んだ、というよりも、また途中を飛ばしたな!と怒っただけだが)

教材の種類が豊富すぎて、回答を探すよりも計算した方が速いというのもあり、採点する側にもメリットがあり、生徒にとっても、途中をしっかり意識する癖が付いて、割と効果があった気がする。

2.テストはスパイ活動

アバウトな塾だったので、授業中に急に生徒の親から電話がかかって来て「中間テストが近いので、よろしくおねがいしますね」と言われることも多かった。

よろしくと言われても、こっちは学校の先生が出すテストの出題範囲を知らない。で、成績の悪い生徒というのは、この出題範囲に見事に無頓着だったりする。そんな生き方も羨ましい、と思いつつ、一応、授業料を貰ってる身分なので必死の聞き込み捜査をする。

ただ「中間テストが近い」と言われてから、その子が塾に来るまで、1〜2回しか無い。運良く、その子が出題範囲を調べて次の週に教室に現れても、残された時間は少なすぎる。

そんなわけで、生徒と手を取り合い、出題範囲をいかに収集するか作戦を練る。よく言ってたのは、頭の良さそうな奴の中でも、勉強時間が少なくても点を取りそうと思う奴を見つけ、思い切って、どこらへんが出ると思う?と聞けというやつ。一回、教え込めば次回からは「君のヤマ師は、どこが出題されそうだと言ってた?」の一言で済む。一方、こっちはこっちで、別の時間に通ってる生徒から情報収集。先生と生徒でギブテクするというのは、中学生ぐらいにとっては新鮮らしい。

3.よい間違い

親しい間柄でクイズしていて、相手が外したからって突き放したような言い方をしないとは思うが、先生と生徒という関係では「何度、言わせるんだ」みたいな感情になることは珍しくない。だから、言葉だけでも親しい間柄で使う言葉を使おう、という割とあたりまえのことを気を付けていた。

そんなときに便利だったのが「いい間違い」という言葉。少しでも正解に近づいていたら使える。では、むしろ正解から遠ざかった時はどう言う?「あんまりいい答えじゃないね」とか言ってたのかな。覚えてないけど。

--

書いてて思ったけど、これぐらいでは、僕から教わりたいなんて名乗りを上げる人は現れないだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.17

ゲーム理論で図表力アップ

なんか気恥ずかしいぐらいセールス的なタイトルを付けてしまった。。。

本屋でたまたま手に取ったのだが、いわゆる図表の類いにバリエーションを増やせそうな気配。

479801754X ゲーム理論のポイントがわかる本―日本一わかりやすいゲーム理論超入門! (ポケット図解)
清水 武治
秀和システム  2007-08

by G-Tools

例えば意思決定の際に「その案では駄目だ」みたいなことを延々と喋り続ける人がいるとする。その人の主張なんて一度聞けば理解できているのに、いろいろ理由があって、その人の言う通りにはできない。一方、駄目だと主張する人は、自分の主張が理解されていないから、言う通りにならないのではないかと思い込み、一度し終えた論に再び弁を振るう。

そんなとき、メリットとデメリットをホワイトボードとかに書くと、ミーティングの出席者は同じ課題を共有していることをビジュアルに認識できるようになる。まあ、それぐらいの図示テクニックは平均レベル。しかし、この程度を駆使したところで熱弁を聞く時間は減るかもしれないが、膠着状態が早く訪れるだけで、意思決定自体が早くならないこともある。

利得表はゲーム理論で使われるツールだが、2つの案をメリット・デメリットで戦わせるだけでなく、相手の出方によって、得られる利得(メリット)がどう変化するかを書くことができる。2案を戦わせるというだけでなく、2案を自分の打つ手のオプションとして、相手(それは必ずしも人と限らず、予算であったり技術的難易度であったりする)に置き換え、単純なメリット・デメリット表だけでは判断のつかない意思決定にも効く。

「ゲーム理論のポイントが分かる本」は、そこまで仕事に役立てようという視点では書かれている本ではないが、ニュースの読み方など社会的な事柄を様々な理論に当てはめ、そのバラエティの広さに、普段のちょっとした課題でも当てはめられるんじゃないか、という気持ちになる。(ああ、こんな書き方をしてると、専門家から笑い者にされそうだが。。。)

ともかく、少し前に流行ったアイデアの出し方を列挙するだけのノウハウ本より、一歩進めた世界という感じがする。この本はゲーム理論の1冊目としてよかった。2冊目を読むとしたら、どの本がいいだろう。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.10

Wordで大人数で書くためのベター・プラクティス

何人かで分担してWordで文書を書こうとすると、文体もさることながら、ファイルを結合する時点でつまづくことが多い。変更履歴などの便利機能も、使う段階が早すぎると逆効果など、いくつか反省を踏まえて書いてみることにする。多分、この程度で3〜5人ぐらいの共同執筆までは耐えられるんじゃないかな。

1.書式を決め全員に配布

元が同じファイルであれば、コピペしても書式が崩れない。なので章番号、本文、それから図表番号まで数行程度のサンプルと一緒にして送る。章番号を自動連番にすると、全員が1章から書くという妙な作業になる。結合すれば、ちゃんと分担した通りの章番号になる。これにメンバーが違和感を感じるのであれば、自動連番しないという選択肢もある。

2.修正が落ち着くまでは、マージは編集役が行う

Wordは変更履歴を残せるから、とマージしたファイルを各自が編集しようとすると、履歴の洪水となり、作業が見事に破綻する。そんなわけで、最初のうちは編集役を決めて「この章の差し替えをお願い」とするのが破綻が少ない。
そんな機械的な作業、編集役に負担させなくても各自ですればいいだろ、みたいな声もあるが、変更する量が多くなければ、編集役に負担させず、次のステップに移ってもよい。

3.マージした文書を各自が手直し

細かい手直し程度になれば、編集役ではなく各自がマージしたファイルに各自がアクセスしても問題はなくなる。もちろん、同時に書き込もうとすると編集権の奪い合いになるので、各自はコピーした文書をベースに手直しし、他の誰かが編集していない頃を見計らって更新をかける。こう書くと、すごく制御が面倒そうに見えるが、難しいと感じたら編集役に結合を任せるステップに一時的に戻ってもいいだろう。

この時点では、変更履歴に頼らず、手動でバージョン番号を管理するといいと思う。例えば「焙煎ごま仕様書_0.12_蛯原」みたいにバージョン番号の後に名前を残すと「焙煎ごま仕様書_0.12_押切」みたいに同じバージョンに加筆しちゃった事件を防ぐことができる。が仮に発生してもリカバリしやすい。

4.変更履歴の記録をONにする。

Wordの便利機能は、この段階から使わないと冒頭にも書いたように履歴の洪水になる。変更履歴にあると悲しいものトップ3は、用語の不統一、表記の揺れ、文体の揺れなので、できれば変更履歴をONにする前に取り除ければいいが、残っていたらオフにしておくといいと思う。

個人的には、レビューには「ヨゴレ」と「ヨゴシ」があると思っている。自分たちでレビューして赤ペンで真っ赤になった版は「ヨゴシ」、外部からツッコミがあったものの反映は「ヨゴレ」である。外部のレビュアーは推敲の後なんて見たくなくて、自分のツッコミが反映されているか、ほかの外部の変なツッコミで中身を書き換えたりしてないか、つまりヨゴレを効率的に見たいのであって、変更履歴というやつは、それを効率的に見せるためのツールとして割り切ると、ちょっと使い方も変わってくると思う。

と言いつつも、1〜3については、ほかのツールを探すべきだと思っている。例えばWikiで書いてると同時編集があっても行単位でチェックできたりするが、あれをサーバを立てなくても共有フォルダに実行ファイル1つでできたらいいのに、と妄想することも少なくない。いっそWikiのまま仕様書を受け取ってくれないかな、なんて思うときもあるが、それはプログラムを内部で作るか外部で作るかの違いではない。文書の利用者が外部か内部かの違いであり、外部に文書を書かない組織なんてあり得ないので、やはりどこかで悩んでいるのだろうな、と思う。あ、このあたりは独り言なので気にしないでくだされ。(最近、組織内で開発したらしなくてもいいかもしれないような苦労にウンザリしてるのさ)





イメージズ・アンド・ワーズ
イメージズ・アンド・ワーズ ドリーム・シアター

おすすめ平均
starsHARD? いやART ROCKてしょ〜!
stars1つの完成形
stars衝撃でした
stars歌メロは凡庸
stars最初に聞いた時

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.08

Androidで、面白かったニュースを5つ

Androidの発表は、いろいろな意味で面白かったので、ちょっとシェア。

1.「Androidを評価するのは難しい」--MSのバルマーCEO来日

読み解くのが難しいなぁ、と思ってたら業界の重鎮も「難しい」と発言。多分、Microsoft社内でも情報収集に走り回った社員がいただろう。なにしろWindows Mobileのシェアに響くかもしれないニュースだ。ただ、それでも、このバルマーの発言となったわけだ。やはりプレスカンファレンス速報に勝る情報源はないのかな。

http://japanese.engadget.com/2007/11/05/google-android-oha/

2.アンドロイドは夢を見すぎか?(@IT)/Androidは無料携帯の夢を見るか?(ITmedia)

似たようなタイトルだなぁ、と思ったら、どちらもeWEEKの「Does Android Dream of Domination?」の翻訳。P.K.ディックの例の小説の原文は「Do Androids Dream of Electric Sheep?」なので、ITmediaの方が原文の意図を汲み取っている感じがするが、本文は全く同一。でも、せっかくだから本文も別の人が訳してたら面白かったかも。

話題のあの人も似たようなタイトルで書いてますが、アンドロイドといったら、あれなんでしょうね。

神尾寿の時事日想:携帯キャリアはアンドロイドの夢を見るか

3.グーグルの携帯プラットフォーム発表」とかけて「パリス・ヒルトン」と解く。その心は?

こちらもタイトルで煽るだけ煽ったという感じです。悲しいのは、Open Handset AllianceなのにOpen Hardware Allianceと誤記しちゃってる点。それにしても、今回は「Handset」のアライアンスなんですね。あまり使わない言葉な気がするけど、はてなやdel.icio.usでもタグとして使われてる言葉のようです。ノイズの少ないアンテナとしていいかも。

http://b.hatena.ne.jp/t/handset

http://del.icio.us/tag/handset

話は戻って、元記事だけど「現在の評価額が2230億ドルに達しているGoogleは、時折わたしたちにそのおこぼれを授けてくれる(AndroidやYouTube、Bloggerの買収がそうだ)」と微妙な指摘をして「Google創業コンビはスタンフォード大の先輩であるYahoo創業コンビとますます似てくるのかもしれない。おかしな方向へ行き始めたときは、市場が待ったをかけられればよいのだが」と結んでいる。そこまで書くメディアは多くないものの、そろそろGoogleもおかしくなり始めた感じている人は多いかもしれない。

4.グーグルAndroidは「局地戦」と見る、電話屋の見方

一番共感を覚えたのは、この記事。文中にある「OSを搭載している携帯電話は7%」という感覚はその通りだと思う。ただ「メーカーとキャリアの力関係や携帯端末市場の勢力図に革新的な影響力はない、つまり局地戦にとどまる、と私は思っている」という結びに一言加えるとすると、iPhoneは端末としてキャリアの力関係に影響を与えた例のひとつであり、Googleが、オープンだなんだと脇目を振らず、ただその一点にのみフォーカスしているのだとすれば、勢力図の塗り替えとまではいかなくても、キャリアとの力関係に影響を与えるぐらいであれば夢ではないのかもしれない。

5.gPhone雑感:「モバイル・プラットフォーム戦国時代」の幕開けだ

最後に、面白さで一番だったのが、この記事。前の自分のエントリで「電話のUIぐらいじゃ開発者にとってたいしたアドバンテージにならないだろう」なんて書いてしまったが、VMであれば、ちょっと納得はいく。なにしろ携帯OSが本当にオープンになったら、ウィルスが作られるんじゃないの?なんて記事も目にしたので、そうかな、と思っていたが、セキュリティも保てて、描画のある程度の認知度のある方式で心配いらないとなれば、メーカーにとっては比較検討の土台に上るだろう。(あと、通信のスタックも用意してくれたら、と思ってるメーカーもいるんじゃなかろうか)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.06

Androidは、本当にプラットフォームなのか

本当にiPhoneみたいなのが出て来たら、ニュース系サイトの方々にとっては、さぞ記事にしやすかったのだと思うが、そうではなく、ちょっと難しい話になった。

NovellとMicrosoftの提携があったときも脊髄反射的にエンドユーザ視点でしか、、、やめておこう。僕は僕のペースで書くことにする。

そっちの仕事をしている人には、大きなお世話かもしれないがWindows Mobileは、よくやっていると思う。Embeddedと合わせて、短期間で通信端末を世に出すという目的においては、良いプラットフォームに見える。

Symbianは、いい端末を作るには優れたOSかもしれないし、業績も好調のようだが、聞けば聞くほどアーキテクチャが難しそうである。つまり開発スピードという点では難ありだ。NokiaがSymbian端末を出しているが、SIMフリー、つまりキャリアがサービスを出す時期に合わせて開発する国内ベンダと異なる立ち位置を選んでいるというわけだ。

で、Linux。SymbianのCEOが言うには「Linux OSは統合化のスピードよりもバラバラに分裂するスピードの方が速い」。これについては、異論のある人はあまりいないだろう。

Googleが立とうとしているのは、そんな位置。世界制覇の足がかりみたいに反応した人も多いみたいだけど、僕にはペンペン草が生えている道を選んでいるようにも見える。

IBMが自身の製品への見返りを求めて大量の開発者をLinuxコミュニティに突っ込むと言うのであれば、まだ理解できる範囲である。Yahoo!がPHPにコミットしても、まあわかるかな。
では、Googleが携帯OSのプラットフォームを立ち上げて、どう利益を得ようとしているのかは、ちょっと理解に時間がかかりそうである。それに、単にOSだけでなくUIも含んでいるなんて記事にあるけど、電話のUIぐらいじゃ開発者にとってたいしたアドバンテージにならないだろう。

ただ、Googleが発表するものは何年か立って理解できるものも少なくない。Adsenseなんて今でこそ誰もが理解しているが、当時は頭では理解できても、どこか納得がいかなかった。Google Mapsだって、それ自体の面白さが光っているが、地図にきっちりと広告を表示して収入を得ている。

iPhoneが、UIで目立ちつつも、裏でAT&Tの通信端末販売スキームを破壊するかのような動きをしていたり、わかりやすいモノを見せて、わかりにくく稼ぐAppleに対し、稼ぎ方もわかりやすいGoogle。こういった稼ぎ方の特質は、たいていの戦略で受け継がれているものなので、本当に何年もたって、理解できるようになるのだとは思うけど。

B0009X7YO8自宅でカクテル! 回転式ボトルディスペンサー ショットバー4スタイル
アイアン

by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.02

ステートレスな携帯UI

yohe-y:weblog: ステートレスとは何かで紹介されていた、ステートレスとステートフルの例えが面白かった。引用するとステートレスは

  • 店員: いらっしゃいませ。○○バーガーへようこそ
  • 客: ハンバーガーセットをお願いします
  • 店員: サイドメニューは何になさいますか?
  • 客: ポテトで

一方のステートレスは

  • 客: こんにちは
  • 店員: いらっしゃいませ。○○バーガーへようこそ
  • 客: ハンバーガーセットをお願いします
  • 店員: サイドメニューは何になさいますか?
  • 客: ハンバーガーセットをポテトでお願いします

と、実にわかりやすい。Life is beautiful: 優秀な主婦はイベント・ドリブン(event-driven)方式でパンを焼くに並ぶGood Job!

で、タイトルにも書いた携帯UIの話。身近なところで、はてなRSSは携帯でも読みやすく、通勤電車の友と化しているが、所詮は携帯なのでグラフィカルなページは読めないのと、結構な頻度で「ご指定のページは変換が許可されておりません」が出る。

でも、ご丁寧にメッセージの脇に「はてなブックマークに追加」というリンクがあるので、ブックマークすることができるのだが、ここがステートフルを前提に作られているため、事前にログインをしていればブックマークできて、ログインしていなければログイン画面が表示される。

携帯がcookieを保持しない前提で書くと、URLなどでセッション情報を保持していることになるわけだが、戻るボタンで移動したり、ショートカットで別ページを開こうとすると、あたりまえだがセッションは途切れて、ログインをしなおす羽目になる。

そんなわけで、携帯でセッション保持なんてやめて、その都度、UIM(製造番号)をバシバシ投げた方が楽なんじゃないかなぁ、と思うわけだ。

それを前出のハンバーガー屋に当てはめると

  • 店員: いらっしゃいませ。どちらさまですか?
  • 客: 田中です
  • 店員: ご注文は?
  • 客: ハンバーガーセットをお願いします
  • (ここでセッションが切れてしまったとする)
  • 店員: サイドメニューは何になさいますか?
  • 客: ポテトで
  • 店員: ところで、どなたですか
  • 客: 田中です

となるところを、

  • 店員: いらっしゃいませ。○○バーガーへようこそ
  • 客: ハンバーガーセットをお願いします。田中です。
  • 店員: サイドメニューは何になさいますか?
  • 客: ハンバーガーセットをポテトでお願いします。田中です。

みたいになる。

UIMは固有の値で個人を特定できかねないので、あまり投げるべきではないという議論もあるにはあるが、なにしろ携帯はPCと違って電車に乗って次の次の駅に着くまでの、ほんの数分でも操作されうる道具なので、セッション保持の考え方もPCと違った進化がありうるのではなかろうかと。

(はてなRSSの例を出したのは、利用者が多そうだからという理由で、すでにそう言う例があればご教授ください)

DURALEX ピカルディー 220cc 6個セット
DURALEX ピカルディー 220cc 6個セット
おすすめ平均
stars完璧なガラスコップ
stars食器洗い機で使ってもへっちゃら♪
stars最高です。
stars手軽に使えて重宝しています。
starsコレを割ってしまう私って

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« October 2007 | Main | December 2007 »