« Book Portfolioを閉鎖しました | Main | ステートレスな携帯UI »

2007.10.26

プレゼンの仕方

Steve Jobs dismissing the competition
Photographer
Steve Rhodes
License
Creative Commons (by-nc-sa)
Tool for photo selecting
Gigazinize Tools - Image

過去に書いたエントリが、あるキーワードでGoogleで不思議と上位にいることがありますが、僕にとって「プレゼンの仕方」もそんなキーワードのひとつ。「仕方」って言葉は、検索には使われるけど、ブログでは使われないキラーワードなのでしょうか。

検索結果がきっかけで読んでもらえるのは嬉しいことですが、自分の意見を書いたわけでもなく、今だったらソーシャル・ブックマークしただけかもしれない内容なので、ちょっと後ろめたくて、いつか「プレゼンの仕方」というタイトルで自分の考えを書いてみようと思ってましたが、転勤してプレゼンする機会が激減したので、忘れないよう書き残してみようかと思います。

1.口頭で喋るためのタグ

学生の頃、教授から「眠くなるのは、わかりきってる話なのか、まるで付いていけてないか、のどちらかだ」と教えられました。聞く人を眠くさせないために、書いてることは平坦でも、喋る内容は緩急を織り交ぜるのが効果的です。ただし、やはり書いていないと喋るのを忘れてしまいますので、資料に「補足」とか赤字で書いたりしてました。

2.難易度は2段階

同じく、聴衆には2通りいて、理解しやすい言葉を望む人と、精度の高い言葉を望む人がいます。同僚や上司であれば、どういう言い方をすればいいか身に付いていると思いますが、初めて喋る相手が、どちらの言葉を好むかを一瞬でつかむことは簡単ではありません。理解しやすい言葉と精度の高い言葉を、振り子のようにいったりきたりしながら説明するのは、どちらの聴衆も満足させられる無難な手。準備もせずに、そういう喋り方ができれば言うことナシだけど、プレゼンなら時間をかけて準備できます。見出し語は、わかりやすい言葉で。そして専門的な言葉で補足して、同席する専門家に疑問を残さないバランスがベスト。

3.分岐は3つまで

僕自身もブログでは確信犯的に「7つの方法」とかタイトルに付けるけど、プレゼンの中でそれをやると、課題の分類や体系化のできてない証拠を見せているよう。経験は感じられるかもしれないけど、7つも羅列している箇条書きに知性は感じられません。3択は経営者でも素人でも判断できそうな気になる不思議な数字。同じように見積もりも3パターン+オプションとした方が親切な気がします。

4.流れを変える勝負ワンペ

勝負を決める一枚は、印象に残るためのさりげない小技を駆使したい。個人的に多用していたのは、他のページは見出しやヘッダ・フッダが統一されているのに1枚だけ枠をはみだして全面表示するとか、流れを止めるようなハッとさせる演出。写真を使うのも効果的だ。フリー素材でなく、お客様に関係するもの(建物とか)を使うのも効果的だ。言うまでもなく、この手を使っていいのは1枚だけ。例えば商品自体は他社と差異はないが、納期だけは負けない、という場合はスケジュールを勝負ワンペにする。もしシステム構成図を勝負ワンペにしたいと思ったとしたら、本当に、その構成図が勝負すべきポイントかは自問しよう。

5.よい質疑を生むためのまとめ方

勝負ワンペの後、制約事項や課題などを一通り紹介して、最後にまとめの1枚。聴衆が最も目を留める資料だから、なるべく具体的な数字を並べて、質問を誘い出す構成にしよう。質疑応答と交渉は紙一重。

--

お役に立ちそうですか?

理系のための プレゼンのアイディア
理系のための プレゼンのアイディア 平林 純

おすすめ平均
starsひと手間のかけ方
stars性的な比喩がなければ最高なんだけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条
大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条 佐々木 直彦

おすすめ平均
stars嫌われるぐらいでちょうどいい
stars非常に読みやすい
stars物語るチカラ
starsまさに元気の素に
starsアナログなコツを論理的、ビジュアルに伝えることに成功している

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ひとつ上のプレゼン。
ひとつ上のプレゼン。 眞木 準

おすすめ平均
stars「ひとつ上」を目指してみる
stars技術的なプレゼンテーションにおいてもとても参考になる
starsプロの技
stars自分自身を知ることの大切さ
starsポジティブなプロ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« Book Portfolioを閉鎖しました | Main | ステートレスな携帯UI »

プレゼン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プレゼンの仕方:

« Book Portfolioを閉鎖しました | Main | ステートレスな携帯UI »