« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.26

本屋のキャッチコピーを考えてみる

もうちょっとで、Book Portfolio!という本屋を始めて1年がたつ。(売れないなぁ・・・)

やっておけばよかったかな、と思っていることのひとつに、適当なキャッチコピーというのがある。最近、電車の吊り広告で10個ぐらいのネットショップを2行ぐらいで紹介しているものが見かけ、「これぐらいで家に帰ってパソコンを立ち上げて購買しようなんて思わないよな」なんて思ったが、一方で「ここで買ってみよう」というキャッチコピーもあるよな、とメラメラしてきた。

とりあえず、既存の本屋で練習。

Amazon・・・多分、いちばん多くの商品とレビューが揃ってます。

Passion For The Futureで「バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本」の書評があったが、その中で「なぜ買ったの?」という問いをAmazonにあてはめると、まさに「レビューが豊富で、買ってよいか否かを判断しやすいから」ではないかと思う。というわけで、このキャッチコピーは妥当じゃないだろうか。

ジュンク堂・・・見上げるほど高い本棚に、びっしり詰まってます。

ジュンク堂にはAmazonと同じ「なぜ買ったの?」が見つからない。あえて質問を変えると「なぜジュンク堂に買いに行ったの?」だが、それに対する答えが、このキャッチコピー。

有隣堂・・・ちょっとポップの言いなりになって買ってみるか

自分の店のノウハウを本にしちゃうほど、ポップにこだわりのある本屋。せっかくだから、立ち読みなんかしないで、店員のすすめるままに買っちゃおう、なんてことができてしまう。

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる
書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる 梅原 潤一

おすすめ平均
stars参考になります!
starsとてつもなく熱い本!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブックファースト・・・新鮮なランキングで時間をつぶせる

新宿のルミネにABC(青山ブックセンター)が入っていた頃、新宿で待ち合わせといったら、ちょっと早めに行ってABCで時間をつぶすのが習慣だったが、後に入ったブックファーストも、なかなか時間をつぶせる。買うか、というと、ちょっと難しい。場所がよすぎて、今買わなくても、と思ってしまう。売れてる本を並べるなんて、どこの本屋でもやってることだけど、ブックファーストの並べ方は、どこか新鮮な感じがするのはなぜだろう。この正体を、もっとズバリと言い当てられたら、ちゃんとしたキャッチコピーにできるのだが。

--

あと、ビレッジ・バンガードの「遊べる本屋」というキャッチコピーはシンプルで素晴らしいと思う。紀伊国屋とか丸善は本屋のイメージは湧くのだけど「なぜ、そこに行く?」と聞かれると「大量に揃ってるから」としか答えられなくて難しい。もっとも、大きい本屋が少なかった頃は、それだけで行く価値があったと思う。

で、最後に、この本屋を。

Book Portfolio!・・・この本屋では、あなたが本を並べることができます。(そして売り上げはあなたに入ります)

ちゃんと伝わるかな。ただのアフィリエイトと何が違うの?という問いに、ちゃんと答えられてないよな、とか、いろいろあるけど、「本を並べる楽しみ」を自分だけじゃなく、誰にでも作ったので、やっぱり、このキャッチコピーになるだろう。そういえば、Amazonがオンラインストア作成ツールの提供を始めたが、Amazonの方を使ってみて、商品の並べ方とか工夫したいな、と思った人もぜひ、Book Portfolio!もお立ち寄りください。(宣伝になっちゃった・・・予定通り)

http://uessay.atnifty.com/bport/

--

今日のBook Portfolio!

ネットで何かを売るのは難しいな、と改めて思いますが、実際に売ってる人の成功談を集めたら、何か変わるかな。

http://uessay.atnifty.com/bport/port.php?id=48

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.11.22

XXを無駄にしないExcelの7箇条

まるで何かの跡地のような殺伐としたところで何台もパソコンを並べ、遅い遅いプリンタと格闘していたら悟りを開いてしまった。

地球のため、俺自身のため、Excelで次の7箇条を手癖にしよう、と。

1.ヘッダに日付を入れる

ただそれだけのことで、印刷する紙の量は減る。

だいたい、Excelって全シートの1割にも満たない変更を確認するために何十ページだろうが印刷させられる運命になる。昔、ジャッキー・チェンの映画で長い詩を暗誦させられるシーンで、間違えると最初から、なんてシーンがコミカルに描かれていたが、遅いプリンタで無駄な9割が出てくるのを待つのなんてコミカルでもなんでもない。

差分をよこせ、と言わせるためにも日付重要。XXを無駄にしない!

2.ヘッダにページ数を入れる

会議で数十枚の資料を配った後にページを入れ忘れたことに気づいたときほど居心地の悪いことは無い。皆が気づいてるのに、わざわざ「次からはページを入れてください」と言ってくるおじさんも寒い。

というわけで、これは必須項目。XXを無駄にしない!

3.ヘッダにファイル名を入れる

A1セル(一番上のセル)に表のタイトル(「XX課題一覧」とか)を入れるのが一般的だが、それだと表のタイトルが「XX課題一覧」なのにファイル名を「20061122a.xls」みたいにするトリックスターにやられてしまう。

逆に自分がトリックスターをやっちゃうと、夜中とか休日に上司から「あのファイルはどこのフォルダに保存してある?」なんて電話がかかってきてしまうので、前もって主張しておくわけだ。このファイルは「課題一覧(11月22日).xls」という名前だから、探したかったら検索してね、と。

4.項番は忘れずに

「コウバン」で変換しないんだね。普通な呼び方じゃないのかな?

箇条書きにしたときに左側に1,2,3と振るやつだけど、あれを忘れたときもページ番号を忘れたときと同じぐらい、ミーティングがギクシャクする。

どれぐらいギクシャクするかというと、「次は上から16番目ぐらいの行で、あ、それじゃなく、ちょっと太くなってるとこで、あ、そこはだめです」みたいなプレイを男同士で繰り広げるわけだ。想像つくよね。

5.白黒で大丈夫なシートにする

ほかにミーティングがギクシャクとなるので「カラーだと見えるんですけど」と白黒の印刷物を配った場合。会議の貴重なツカミが塗り絵の時間になってしまう。蛍光ペンを持ち歩いていない上司が、お絵かきの時間にクレヨンを忘れた幼稚園児のように見えてせつない。

枠線を使うとか太字にするといった工夫もあるが、「重要」という列を一つ作り「●」とか入れる方が、後でオートフィルタで絞り込めるので、そっちがおすすめ。

--

7箇条と書いたのに5個しか思いつかなかったが、続きはコメント欄で。

ExcelがWordの.dotみたいにテンプレートを作れればいいんだけど、あってもCtrl+Nで新しく作っちゃって効果ないだろうな。

Excelって列の幅とか調整して見苦しくないところで1枚に収めるという難所があるから、そこをクリアすると、ついつい安心して印刷ボタンを押しちゃうけど、その前に日付、ページ番号、ファイル名、項番、白黒の5つを思い出して、XXに優しいExcel使いになろう。

※文体が普段と違うのは殺伐とした環境でシゴトしてたからだと思います。

--

今日のBook Portfolio!

ピタゴラスイッチのあの人の本を集めてみました。

http://uessay.atnifty.com/bport/port.php?id=47

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.20

NovelとMicrosoftの提携について掘り下げてみる

のど飴の会社じゃない方のノベルがマイクロソフトと提携をした。この記事で「歴史的」と評するCEOがいたり「Linuxの勝利だ」と声高に騒ぐ外野がいたりと騒がしいが、このあたりの何が歴史的なのか、古株な方々がなかなか書いてくれないので、自分で書いてみることにする。

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20300467,00.htm

まず、歴史的というからには「Novellが何であったか」が重要なわけだ。現在の姿であるSUSE Linuxのディストリビュータという顔を除外すれば、やはりNetwareの会社ということになるだろう。

少し前に新入社員にWindowsサーバについて講師をする機会があったのだが、そのとき、入社したときからActiveDirectoryにログインしてファイルを共有している人たちに何を喋れば効果的か考えた挙句、ネットワーク・コンピューティングの無かった時代の話をしてみることにした。そして、最初にWindows(当時はMS-DOSか?)でファイル共有できる環境を作ったのはMicrosoftの製品ではなくNovellという会社の作ったNetwareという製品で、その思想を吸収して今のWindows Serverがあるという話をした。(Netware以外にも、その時々でSunやLinuxからも大いに吸収しているわけだが、それは別の機会に)

http://ja.wikipedia.org/wiki/NetWare

私が社会人になった1999年はMicrosoftのWindows 2000 Serverが出る少し前で、新入社員はWindows NT 4.0の資格(MCP)あたりが最初の目標とされた。で、MCPの参考書を開くと、聞いたこともないプロトコルの互換性の話が延々と書かれていた。つまりNetwareの互換性、移行などを知らなければMicrosoftの技術者として認定されないような仕組みになっていたのだ。それぐらいNetwareがもたらしたネットワーク・コンピューティングは実用的だったということだ。そしてNetwareとの置き換えでWindowsがシェアを奪っていったのは言うまでもない。(Novellはディレクトリサービスの考えをエンタープライズ分野にもたらすが、それもWindows2000のActiveDirectoryに飲み込まれてしまった。これについても、そのうちに)

興味深いのが、Windowsサーバの参考書に時々書かれている「WindowsのNetware互換はクリーンルームで開発されたものです」という文言。おそらく、Netwareの利用許諾みたいなものに「リバースエンジニアリング禁止」みたいなことが書かれていて、それを抵触しないことを示しているのだと思うが、提携なんかしなくても、それで顧客に迷惑がかからない時代があったということか。

で、時代が変わってNovellとMicrosoftが提携するわけだが、CNETのトラックバック一覧をひとつひとつクリックして、大半が「MicrosoftがLinuxをねじ伏せられなくて提携した」という論調で、ちょっと失望してしまった。(だからこそ書いているというのもあるのだが)

それで海外の大物が「歴史的」と発言するだろうか。歴史的というぐらいだから、これは大きな変わり目を象徴しているわけだ。では何が変わったことを象徴しているのか、それを並べてみることにした。

(1)Linuxが十分に成長し、Netwareの互換性を自力で模倣して飲み込んだ当時のようなことがMicrosoftですらできなくなった。

(2)Linuxを初めとするオープンソースのライセンスが根付き、単体レベルでの駆逐をできるレベルでなくなった。(複雑にGPLしまくり、一部を切り離せないなど)

(3)OSの仮想化など過去のソフトウェア資産を生かすことが求められ、ベンチマークでなく相互運用性の確保が生き残る策となった。

(4)IT業界における提携のあり方が多様化し競合しつつ協力するというモデルができあがった。

個人的に興味があるのは(4)。「日本ではDVDの規格の違いで揉めているが(はっきりいってどうでもいい)、欧米企業には争うところは争っても、手を組んだ方がいいときにはあっさりと矛先をおさめる器用さがある」とは先日、発表されたYahoo!、Microsoft、Googleがsitemapを発表した際の小川さんのコメントだが、本当にそう思う。

http://blogs.itmedia.co.jp/speedfeed/2006/11/microsoftyahoog_5d88.html

そういえば個人的には華麗な引き抜きがMicrosoftの成長を支えてきたと思い、2年前にブログに書いた。

http://goodsite.cocolog-nifty.com/uessay/2004/05/microsoft.html

これほどの規模の引き抜きは、今でも簡単ではないと思うのだが、提携や買収のバリエーションは、その差を少しでも埋める戦略ではないかと思っていた。しかし、蓋を開けてみれば、その提携や買収をもっとも効果的に仕掛けているグループにMicrosoftもいるのだな、とあらためて感じた。

--

今日のBook Portfolio!

IT企業の衰退を復習したくなった方は、こちらで。

http://uessay.atnifty.com/bport/port.php?id=15

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.13

(ケータイでも)英語を無理なく摂取するRSSリーダの作り方

英語を仕事で使う機会は多くはないのだが、たまに英語しかマニュアルのない機械を触ることもあるので、スラスラ読めるようにはなっておきたい。そんなわけでLivedoor Readerで英語ブログを読み始めたのだが。

・英語のタイトルより日本語のタイトルの方が興味を引く
・特に時間の無いときは日本語ばかりクリック
・未読が溜まり始める
・完全に未読症になる

というステップが待ち構えていた。これはフィードごとにしか表示できないから。

その点、はてなRSSはフォルダに日本語と英語のRSSを混ぜて表示できるという点で「英語を無理なく」という要求を満足できる。誤解の無いよう書いておくと、既読も含めて「きっちり」読んでいきたい場合はLivedoor Readerが向いてると思うよ。

で、はてなの方は適当にフォルダ分けして使い始めて、そろそろ落ち着いたかな、という頃なので公開してみます。

フォルダを分ける

僕の場合は受信箱のほかにgeek、reader、watcherの3つを作成。フォルダ作成のキモは英語と日本語が同じジャンルで適度にブレンドされること。

受信箱にdel.icio.us

http://del.icio.us/popular/

はてなの受信箱は言ってみれば「未分類」みたいなものだが、これにはdel.icio.usのpopularを読み込ませている。これとはてなブックマークのホットエントリをブレンドすると、ちょっと時差の文だけ分離するが、ほどよく日本語と英語のブレンド具合となり、かつ一日に目を通す量として最適になる。

ちなみにdel.icio.usのフィードを読んでみようと思ったキッカケは下記のエントリだなんてことは秘密。

手っ取り早くGIGAZINEになる方法
http://anond.hatelabo.jp/20061021045636

Geekにlihehackerと43folders

http://www.43folders.com/
http://www.lifehacker.com/

便宜上、geekというフォルダ名にしたが、lifehackという名前よりマシかな、という程度。この2つは携帯から読みやすい量にまとまっていてオススメである。

米国時間に固まって配信されるのでブレンド具合はよくないが、そこは日本のgeek殿に昼夜を問わず良エントリを配信していただくしか解決策はない。

時間帯があちらの人(jkondoとか)を大量に登録しておくといいかな。

watcherにdiggとtechcrunch

http://www.digg.com/ 
http://www.techcrunch.com/

最後にwatcher。これもフォルダ分けは適当だが、まあ「視点」を提供してくれるようなブログを中心に集めている。たとえば梅田さんとか。あと切込隊長も僕にとっては、このジャンル。それからほぼ日の糸井重里さんのコラムも。

diggは、ちょっと量が多すぎるので外すか絞り込むかしないと、と思ってるのだが、まあタイトルだけでも摂取しておけば、そのうち日本語のニュースサイトで見かけるときもくるかな、と期待して。

(追記:diggはやっぱり多すぎるので削除。無念)

まとめ

まとめというか、実物はこちら。

http://r.hatena.ne.jp/uessay/

--
今日のBook Portfolio!

前に英語を勉強しようと思ったときに手をつけた履歴のようなポートフォリオ。

http://uessay.atnifty.com/bport/port.php?id=18

RSSで流し読みもいいけど、音読も並行すると効果ありそう。知らないうちに続編も出てたんだな。

1日5分で英語脳をつくる音読ドリル
1日5分で英語脳をつくる音読ドリル ディビッド・A.セイン

おすすめ平均
stars手軽感がよい
stars今まで続かなかったあなたへ
starsこのお値段ならお得です!!
starsやりとげられそう
starsすこし文章がむずかしいかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1日5分でもっと英語脳をつくる音読ドリル―3大弱点克服トレーニング
1日5分でもっと英語脳をつくる音読ドリル―3大弱点克服トレーニング ディビッド・A.セイン

おすすめ平均
stars唯一繰り返し使っている教材の第2弾

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.11.07

営業とSEの両極を口癖化してみる

営業とSEのいる職場にいると、それぞれの考え方の癖みたいなものがあると感じることがあるだろう。営業をしていたものがSEになったり、その逆になると考え方の癖まで逆転してしまうのを見たことがあるが、職種や環境が考え方まで作ってしまうみたいでぞっとする。

揶揄ではなく、自分も偏ってしまわないように、という自戒を込めて。

誰が言った?
vs.根拠資料は?

営業をしている人は「誰がどういう言い方をしたか」にこだわるケースが多いように思う。これが行き過ぎた例が「XXが大丈夫って言ったから大丈夫なんだよ」みたいな言い方だが、逆に客の心情の動きを言葉として記憶する習慣の成せる技だと思う。

一方、SEは二言目に「根拠資料」だろう。

どんなメリットがある?
vs.どんなデメリットがある?

僕はどうも客から「このシステム、大丈夫だよね?」と言われても「心配な点があります」と反射的に答えてしまう。

まあ、安心を求めているという気持ちも理解できるので「安心していただいて結構ですが、僕自身は完全に動き出すまでナイーブに考えますので」と言い添えるようにしているが、デメリットに対する嗅覚がなくなったら、おしまいだと思う。

一方、システムアナリストの勉強をしていたせいか「安心できる設計です」と「導入によるメリットがあります」が別物だとわかってない人もいるということに気づくようになった。

このあたりは営業の方が嗅覚が鋭い。

後でもいいので言ってください
vs.早めに言ってください

同じ情報を貰うなら早い段階に貰った方が後の工程への影響を考える上でも有利なのだが、それを「後でもいいので」と言えるなんて、なんてサービス精神!と思うのだが、多分、逆の立場であれば「そんなに客に判断を急かさないでよ」みたいな感覚の方が重要なのかもしれない。

--
と、つらつらと書いたが、最初に書いたように営業とSEの特色を分けたいのではなく、自分自身は偏らないようになりたいので、それを防ぐ意味で二つの視点をセットに口癖化してみようかと思う。

・その情報については、誰が何と言っていた?
 客観的にはどうか?

・メリットは?
 デメリットは?

・早い段階で教えていただきたいですが、
 全体への影響が少ないことでしたら後でも

うーん、3つ目は反則かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »