« RGB-19 | Main | 事例研究 - 製造 »

2004.09.11

50:え:エクスポート

50音ブログの4回目。

「エクスポート」について書いてみようと思ったのだが、

OutlookExpressのアドレス帳をエクスポートする時の注意点を教えて

という記事を見つけたぐらいで、しばらく停滞していた。

考えてみれば、メールをエクスポートする機会なんて、PCの更改頻度を3年ぐらいだから、自分のためにエクスポートするのなんて、それぐらいの回数だし、エクスポートを頻繁にするなんて、メールソフトオタクか、人のパソコンを設定してあげる心優しい人ぐらいだろう。

とか言いつつ、俺は、その「メールソフトオタク」で「心優しい人」なものだから、割とノウハウがあったりするのだが、自分自身は、そんなエクスポートとは無縁の生活を選びたい。というか、そうするために四苦八苦してみた。

--
メールフォルダを外付けHDD

これは外付けHDDが小さくなったころに思いついたのだが、メールフォルダを外付けHDDに入れて持ち歩いていた。

当時、3箇所で仕事してて、それぞれに自分のパソコンがあったので、HDDを運ぶだけで済んで、結構、楽だった。俺の場合は、入社して5年ぐらいで、大体1GBぐらいだった。(今は、もう少し多いかな?)

仕事柄、重たいExcelやPowerPointを受信するのだが、いちいちローカルに保存しないし、重たいメールの方が、むしろ重要だったりするので消すに消せない。エクスポートのためではないが、知らないうちにエクスポート不要という感じで、なかなかよかった。

ただ、あれである。HDDが壊れると、泣くに泣けない。というか泣けた。HDDは壊れるものである。
バックアップは残していたが、メールの1週間のロスは大きい。

Gmail

そもそもエクスポートって、過去のメールを参照したい、という発想からだと思う。参照できればよいわけで、そういう観点で言えば、無料で1GBのメールフォルダを提供するGoogleのGmailって、素晴らしいソリューションだと思う。

(登録制じゃなく紹介制なので、使ってみたい人はGmailを使ってる人に誘ってもらうしかない、というのも、ちょっと変わってますね。私もインビテーション権が余ってますので、メールくだされば送ります)

Gmailについては、色々な人が書いているが、フォルダに振り分けできない、というのが挑戦的である。検索すればよかろう、という思想なのかな?IPOでも話題になったが、株主の話すら聞きたがらない会社っぽいので、フォルダも作らないだろうな。

話が飛んだが、そんなわけでGmail参照専用にすれば、エクスポート不要な生活もできるだろうか。

--
最近は、メールソフト以上に、携帯電話のエクスポートの方が重要度が高いだろうか。

参考書的には

携帯・PHSをなくしたら~対応と対策

なんかが参考になる。アドレスは、外付けメモリに書き出せるようになっているものの、普段は外付けメモリも携帯に入れてるから、役に立たんよ、というつっこみはともかく、ネット上に保存したり、Felicaを利用停止にしたり、いろいろ新しい話題が載っている。携帯アドレスの保存のためにソフトを買う時代は終わったということだろうか。

|

« RGB-19 | Main | 事例研究 - 製造 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 50:え:エクスポート:

« RGB-19 | Main | 事例研究 - 製造 »