« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

情シス2.2.プロセス管理

情シス用語を引用しまくるブログ。
基本ソフトウェアの2回目(1.xから累計で8回目)はプロセス管理。

というか、基本ソフトウェアは用語の区切りが難しい。
参考書を書くのも難しいだろうな。

僕も何をキーに探せばいいか、判断が難しかったので、プリエンプションに絞ってみました。

Continue reading "情シス2.2.プロセス管理"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.30

RGB-15

お夜食ってやつです。ついに会社でもやってしまった。pic_0498.jpg

食べたい人は、こちら
http://www.asahi-fh.com/hc/products/balance_up.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホンネとタテマエをうまく使う、そんな貴方は

「歯磨き粉&歯ブラシ」です。おとなしそうな「歯磨き粉」と、活動的で気が強い「歯ブラシ」の二つの心をケースバイケースで使い分けることが出来ます。

日用品占いより
面白いサイトを見つけたよ経由)


自覚したことないが、俺も、そんな一面があるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情シス2.1.プロセスとスレッド


情報処理の試験に出てくる用語って、参考書ではWindowsとかPentiumとか実際の製品名を書かずに説明せざるを得ない事情があるのか、それとも参考書を書く人の技術が足りないのか(そんなことはないだろうが)、とにかく味気ない。

というわけで、先週から情シスの「ハードウェア」に出てくる用語をネットで探して引用するという試みを始めてみた。非常に回り道ではあるのだが、味気ない用語が活き活き感じられるのは快感である。

そんなわけで、今週も情シスの「基本ソフトウェア」に出てくる用語について書かれている記事を引用してみたい。

最初はプロセスとスレッド。

「ハードウェア」では、早い段階で日本有数のCPUアーキテクトの連載を見つけることができて、いろいろ吸収できたが、「基本ソフトウェア」で、そういった記事を見つけられるか、今から不安である。

Continue reading "情シス2.1.プロセスとスレッド"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

霧箱@KEK

pic_0489.jpg

物理つながりの友人と高エネルギー加速器研究機構を見学。霧箱で放射線を見てました。

参考
http://www.kek.jp/newskek/2003/julaug/kiribako.html

ドライアイスとアルコールがあれば、家でも再現できるということで、実験キットはお持ち帰りだが、果たして家で再現するかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.29

業界初?視力測定をできるPDA

70cm離すと…pic_0488.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.28

情シス1.6:メモリと仮想記憶

アイテックライブブックスのコンピュータアーキテクチャでは、仮想記憶の章を

以前はプログラマにとって、プログラム作成時の主記憶の容量が大きな壁となっていました。今回は、その主記憶の容量制限からプログラマを解放するお話をしましょう。

と紹介しています。

この中で紹介されているページング方式やセグメント方式をIntel系のプロセッサが取り入れて行く様子を書いているのが、第1回でも引用した

Continue reading "情シス1.6:メモリと仮想記憶"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.27

あなたのカラータイプは?


「診断・占い」というカテゴリを作ってから、手当たり次第に、診断サイトで遊んでる気がする。

あんまりかっこよくないけど、会話のネタになって、探すみたいなことがあれば、役立つかな。

さて、

Passion For The Future:いつのまにか人を支配する色の見つけ方

で紹介されていた

POWER-COLOR:自分のカラータイプを知って楽しく活用しよう

で簡易診断できるので試してみた。

で、結果。

 あなたのカラータイプは、家庭犬タイプです。

なぬ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RGB-14

ロフトで見つけた写真立て。これだけカラフルだと、一つだけじゃなく、全色揃えた方が楽しいでしょうねpic_0485.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分の寝相に自信がもてない

ヌーベルブログで『寝相で性格診断!』というのをやってました。

http://www.100shiki.com/sleep.php

うーん、俺は左から3番目だと思うが、結果を見ると、「疑い深かったり、皮肉屋である傾向が高いです」だって。

自分では、あっけらかんとしてる方だと思うんだけどな。

<追記>
なんだか、綺麗な人からトラックバックが来てたので、トラックバック返ししてます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

情シス1.5:VLIW・スーパースカラ(あのCrusoeもVLIW)

あのCrusoeはVLIWだったんですね。それを、どの参考書も教えてくれない。
いつも引用させていただいている『頭脳放談』から、そのあたりの面白い話を引用します。

Continue reading "情シス1.5:VLIW・スーパースカラ(あのCrusoeもVLIW)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情シス1.4:キャッシュ(1GHzのCPUが690MHzに)

情シスも、もう4回目です。

というか、延々とハードウェアをやってると試験に間に合わないんじゃないの?という気もするので、一応、今後のロードマップを。今週(8月23日~28日)は、1日1エントリでハードウェアについて書いてますが、午前対策としているOSと開発手法のうち、OSぐらいは書いてみようかと思います。

そうそう、この記事、実は8月22日の深夜にマラソンの記事を見ながら書いていて、ココログの機能で1日ずつずらして公開することにしています。まとめて書いて、あとはボーっとするという、キャッシュの逆のような試みですね。

で、今回はキャッシュの話を、参考書の何倍も活き活きと書いている下記の記事の紹介から。

Continue reading "情シス1.4:キャッシュ(1GHzのCPUが690MHzに)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.25

情シス1.3:パイプライン(Pentiumの工夫の歴史2)

情シス用語引用ブログの3回目です。

Continue reading "情シス1.3:パイプライン(Pentiumの工夫の歴史2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.24

情シス1.2:RISC、CISC(Pentiumの工夫の歴史1)

情シス試験に出てくる用語が、実際のコンピュータアーキテクチャの歴史で、どのように使われているかを引用しまくる第二回。

参考書では「CISCにRISCの技術を組み合わせている」と、しれーっと書かれているだけであるが、このあたりは本当は面白い。

最初は、どきっとするタイトルのこちらから。

Continue reading "情シス1.2:RISC、CISC(Pentiumの工夫の歴史1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.23

悪い噂のほうが少ない人

このサイトによれば、俺はそういう人なはずなんだが。。。

http://atama.cside.com/kantei/uwasa/

(「面白いサイトを見つけたよ」経由)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RGB-13

んー、ちょっと甘すぎるなぁpic_0483.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情シス1.1:CPUアーキテクチャ(フェッチとデコードって?)

ANの試験勉強で、どうにも午前問題の勉強が退屈に思う。

ANの午前問題は
・コンピュータシステム
・システムの開発と運用
・セキュリティと標準化
・情報化と経営
の4分野なのだが、最初に選んだ参考書はCPUの動作原理を5ページでCPUの動作原理から高速化技法(RISCとCISC、パイプライン)マルチプロセッサを駆け足で紹介する。

アイテックライブブックスというシリーズは、講義で喋ったまま本にした感じで、頭に入って来やすいが、それでも、試験にしか出てこないような言葉ばかりである。国家試験の参考書という手前、特定のメーカーの製品名とかを入れたりするのは問題あるんだろうか。

というわけで、情シスに出てくる用語が、実際の製品で使われている例などを、Webで見つかった記事を引用しながら紹介してみようかと思う。

(多分、連載になると思う。始めたばかりの50音ブログそっちのけで)

Continue reading "情シス1.1:CPUアーキテクチャ(フェッチとデコードって?)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.22

RGB-12

割とよく利用してます。pic_0478.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.21

50音ブログ:あ:アクセシビリティ

ブログのネタを50音順に書いてみようかと思います。誰か、やってるかもしれない手法かもしれませんが、自分の知識の棚卸しにはいいかもしれない。


アクセシビリティ

初回は「あ」ということでアクセシビリティについて書きます。
アクセシビリティっとは、Webの見やすさや使いやすさを表す言葉ですが、さらに一歩進んで、目の見えない人が音声読み上げソフトでサイトを見ることも配慮されているか、といったことも含んでいます。

そのアクセシビリティについて、客から喋って欲しいと言われたことがありました。これって解のないものじゃないの?と困惑しましたが、なんてことはない。W3Cがすでに標準化していたので、そのときはそれを紹介することにして難を逃れました。(標準化って素晴らしい!)

ただ、その当時は、ガイドラインは存在していても、ホームページを半ば手作業で評価していたか、サイト診断として門外不出のツールとして存在していたのだと思います。

それが最近、無償で提供されています。

日立、富士通、NEC……大手ベンダー各社がWebアクセシビリティの取り組みを相次ぎ発表

--

Continue reading "50音ブログ:あ:アクセシビリティ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アテネとセキュリティ

競技も、もう後半戦ですね。
アテネのセキュリティ関連で幾つか記事を紹介します。

オリンピックの縁の下で活躍するIT企業
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0408/19/news028.html?eb30

フランスのATOSという会社が受託して、3年半かけて構築したとのこと。
ATOSの社員400人+ボランティア3000人だそうです。(ボランティアって。。。)

裏話で面白いのが

オリンピックでは40年にわたってIBMがコンピュータを提供していたが、同社は国際オリンピック委員会(IOC)と契約条件をめぐり衝突し、シドニー大会後は手を引いている。
とのこと。へぇ。


同じくITmediaで

オリンピックのITセキュリティはどうなっている?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0408/16/news005.html

1日に20万件程度の警報が出るだろう、と予測し、その中でも本当に必要な警報は10~50程度であるとし、それぐらいの件数に減らしたい、と考えているらしい。

もっともではあるが、その減らすノウハウを、どこから持ってくるかが問題だろう。オリンピックという特殊な運営経験はどこの会社でもあるという性質のものでないながらも、過去のオリンピックでの事例を研究して、CAのeTrustでフィルタリングしてるらしい。

また、同じ記事で

またウイルスやそのほかのソフトを直接アテネのネットワークに持ち込もうとしても、PCとサーバのCD-ROMドライブやフロッピードライブ、USBポートはすべて無効となっている。

 フィリップス氏によれば、サプライヤーに標準的なマシンを提供してもらい、その上でドライバをアンインストールし、BIOSレベルでドライブとポートを無効にするほうが、マシンを特注するよりもコストがかからないという。

とのこと。この辺は基本なんでしょうね。

--

CNETでは

空前の警備態勢を敷くアテネ五輪--セキュリティ関連予算は総額15億ドル超に
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20070448,00.htm

という記事で

アテネ五輪と総額で3億ドル近い契約を結んだシステムインテグレーターのScience Applications Internationalは、その一環として警備インフラを構築した。同社でプロジェクトマネジャーとして働くDavid Tubbsによると(以下、略)

あれ?ATOSじゃないの?と思ってたら

大会関係者は、警備の準備と実施のための費用が総額で15億ドルを超えると見積もっている。これは、2000年のシドニー大会の時に比べて約5倍の金額だ。

と、まあ、いろいろな会社が契約しているというわけですね。

CNETの2つ目の記事

アテネ五輪に向けてハードルを越えたシステムベンダー
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20059742,00.htm

では、

油田/情報関連の技術サービスを提供する米Schlumbergerが、米国時間7月2日に明らかにしたところによると、同社は大会関係者の身元やアクセスを管理するシステムをアテネ五輪実行委員会に納入したという。

と、別のベンダを紹介。この会社、CNETの別の記事でも出てて

セキュリティの懸念からオリンピックで採用されないWi-Fi
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20059888,00.htm

では

アテネオリンピックのITリソースを提供する契約を結んでいる、米Schlumbergerの技術統合責任者であるPhilippsは、「これほど大きな規模の大会で採用できるところまで、Wi-Fiセキュリティはまだ成熟していないというのがIOCの考えであり、われわれもそれと同意見だ。ワイヤレスはこれからのトレンドだし、将来的にはオリンピックでも採用できるようになると思うが、今回はまだ早い」と語った。

(略)

Philippsのチームが構築するシステムは、約1万台のデスクトップPCと850台のサーバを含む。また、ギリシャの送電システムに障害が起こり、それが大混乱を招くことを避けるため、 無停電電源装置のほかにディーゼル自家発電機も配備される予定だ。

 またオープンソースソフトウェアの入り込む余地はないようで、代わりに米SunのSolaris OSが採用される。

と、興味深いコメントを披露してくれてます。


で、最初に出てきたATOSは

「ウイルスやワームも心配」、テロだけでなかったアテネ五輪関係者の心配の種
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20069996,00.htm

という記事に出てました。

「われわれの最大の懸念は、誰かが故意または偶然にネットワークの1つをウイルスに感染させてしまい、それが深刻な被害につながることだ」とアテネオリンピックのデータ/放送ネットワーク構築を担当する企業Atos Origin(本社フランス・パリ)のエグゼクティブバイスプレジデントJean Chevallierは述べている。

Atosは2002年のソルトレークシティで初めてオリンピックネットワークのプライマリ・システムインテグレータを務めた。同社はイタリアで開催される2006年冬季オリンピックと、中国での2008年夏季オリンピックでもネットワーク構築を行う契約を国際オリンピック委員会(IOC)と結んでいる。

と、北京までの仕事を獲得したそうです。

この、オリンピックと企業の契約の仕組みについてはTOPと呼ばれていて

中国の大手PCメーカー、オリンピックの公式スポンサーに
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20065155,00.htm

に、さらりと書かれています。

中国最大手のコンピュータメーカー、Lenovo Groupが、オリンピックのスポンサーとなる独占契約を結んだ。

 TOP(The Olympic Partner)プログラムという名称のこの合意の下で、Lenovoは2006年にイタリアのトリノで開催される冬季オリンピックと、2008年北京で開催される夏季オリンピックで、コンピュータ機器を提供することになる。

(略)

 なお、TOPプログラムに参加するパートナー企業には、Lenovoのほかに、Coca-Cola、Atos Origin、General Electric、John Hancok、Kodak、McDonald's、Panasonic、Samsung、Swatch、Visaなどがある。

いいなぁ、仕事があって。

--

最後に、オリンピックが終わっても話題になりそうなネタをタイトルだけ紹介します。

・Interview:仏AtosOrigin、日本でもアウトソーシングを強化する
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/0402/18/epn10.html

・第1回:「WebSphere」を知ろう
 WebSphereは長野オリンピックのサイト運営でデビュー
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/0305/23/epn20.html


<追記>

最初の記事「オリンピックの縁の下で活躍するIT企業」で

アテネでは、仏ITサービス会社Atos OriginがメインのIT受託業者となっている(8月16日の記事参照)。同社は今年に入ってSchlumbergerからSema Groupを買収したことで、この責務を引き継いだ。

と記述がありました。(このエントリでCNETから大量に引用した意味がなくなっちゃった。。。)

<追記2>

Wiredには、もっと面白い記事も載ってはずですが、探してみると大変なので、載せてませんでした。でも、これだけは一読の価値あり!

オリンピック本番を待つばかりのIBM情報統括センター
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/technology/story/20000911302.html

SEMAがIBMにかわってオリンピック技術提供
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/1727.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

LAMP

(少し前に書いた駄文。研修先に迷惑をかけないよう時間差で掲載)

WebDBを作る際の定番で、「LAMP」と呼ばれる組み合わせがある。

 Linux + Apache + MySQL + PHP

の頭文字らしい。

一方、Microsoft製品だけで、同じ事をしようとすると

 Windows + IIS + SQL Server + ASP.NET

ということになるんだろうか。

いろいろ意見はあるだろうけど、Microsoft製で固めると
・全てのアプリがGUIで、なおかつ、コンソールをまとめられる
・全てのアプリに資格試験がある
というのは、よくよく考えてみたら、凄いことである。

そういえば、

 Windows + PWS + Access + ASP

なんて組み合わせもあったな。(弱そう。。。)


強力そうな組み合わせで言うと、

 Solaris + Oracle + Apache + PHP

だろうけど、Solarisの場合もPHPとかApacheが標準なのだろうか?と思って調べてみたら、
・SolarisにはSun Web Serverが標準らしいが、Apacheも付いてくる
・PHPもSolarisで動く(当然だが)
ということらしい。

で、頭文字を取ると、SOAP。
ん?SOAPってXMLのオブジェクト間通信のプロトコルじゃん!

http://www.atmarkit.co.jp/aig/01xml/soap.html

とかボケてみたが、かなりどうでもいい。

なんで、こんなことを書き始めたかというと、来週、会社の金でWebDBの研修に行かさせてもらうのだが、未だにプラットフォームがわからない。

この際、
・PostgreSQL
・ColdFusion
あたりを教えてくれると面白いんだが。

逆に、サイボウズ・デジエを持ってきてくれたら、それはそれで拍手したい。


<追記>
予想通り、Microsoft SQL+ASP.NETでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.20

RGB-11

筒井さんまでRGB!pic_0468.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.19

プロキシ男とファイアウォール

電車男のような喝采とは無縁なまま、2回目の登場となるプロキシ男ですが、今回は、プロキシ男とファイアウォールについて書いてみようかと思います。(ちなみに1回目はこちら

そのまえに、CNETで「ビル・ゲイツ:良いファイアウォールは良い隣人を呼ぶ」なんて記事がありました。

「隣人を呼ぶ」という表現が適切かどうかはともかく、「悪意あるコードを送信する人から隔離することが必要」であることは、昔も今も変わりません。

では、プロキシ男も悪意あるコードから身を守ったり、ファイアウォールに守られたりするんだろうか?というのが、今回のテーマ。

人的なファイアウォールとは?

噂話をパケットフィルタリングする、というのはネタとしては面白いが、現実的には難しいだろう。せめて外部ネットワークと内部ネットワークをつなぐ存在ということにでもしておこうか。


人的な「悪意あるコード」とは?

ウィルス的に、間違っている噂が流れないように守っているということかな?結婚話の誤情報も迷惑だが、逆の話題なんかの情報源になっちゃったりしたら、それこそ人格を疑われる。

大変だなぁ、ファイアウォール男。(新種誕生)


ところで、MicrosoftのISAなんかもそうだが、最近のプロキシは、どれもファイアウォールと一体で使うことを前提としている。
(ネットワーク設計屋としては、VPNもコンテンツフィルタもウィルス対策もファイアウォールも一体になろうとする傾向は、どうも好きになれない。こんな問題こんな問題もあるし)

ということは、ファイアウォール内蔵プロキシ男というのが、最近のトレンドか。そういえば、あの人。。。

--

名前が好きなプロキシ専用機であるcache flow(現在はBlue Coatに社名変更)のサイトを覗いてみたらIMやP2Pのコントロールなんて機能まである。

--

こちらの記事もあわせて読むと面白い。

Macはセキュリティの優等生--でも「人付き合い」はちょっと苦手

| | Comments (0) | TrackBack (0)

原稿用紙とSTARBUCKS

pic_0481.jpg

とある資格のため、勉強を始めた。昔から、家で何かしようとしても集中できないので、ファミレスに参考書を持ち込んでいる。

「30字以内で書きなさい」な問題も多い試験なので、原稿用紙も持ち込んでいる。

そのほかに、
・赤ペン
・電卓
・付箋
・FRISK
なんかも持ち込んでいる。(お、もうちょっとで七つ道具か?)

というか、毎年、この季節になると、こんなことをしている。

今年、変わったと言えば、スターバックスにも立て籠もるようになったことだろうか。

Latin Jazz Bestをそのまま流してるような定番な選曲だが、ファミレスより音量が大きくて、他の客の会話が気にならないのがいい。それと、ショッピングモールの中のスタバなので、人の流れがあって飽きない。

最初、人目とかも気になったが、最近は麻痺したな。人間として変な方向なので、さっさと合格して、足を洗おうっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.18

RGB-10

記念すべき10作目はCABINの新パッケージ。こういうのを見ると、時代かなぁ、と思います。あ、俺はたばこは吸わないので、吸う人がいたらコメントください。飲むときにでも持っていきます。pic_0479.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.17

RGB-9

RGB-5の中身。着色料って、いろいろあるんだなpic_0475.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浮気終了

いつもA5サイズのノートを使っているのですが、Ciscoのノベリティで、かっこいいノートパットを貰ったので2週間ほど浮気。でも、大きすぎてアレなので、元のサヤに収まりましたとさ。pic_0477.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.16

日記的な猛暑

(数日前にアップしたかと思ってた駄文)

「記録的な猛暑」を「日記的な猛暑」と読み間違えた。

ただ、それだけなんだが、誰が読んでるとも知らないブログに、わざわざ猛暑までネタにしかねない自分を、ちょっと連想した。

最近、Greeに知り合いが急増している。それまでGreeを、数回しか会ったことのない人とか、長いこと連絡を取ってない人とつながる仕組みと位置づけていた。なので、Greeにもブログのリンクを貼ってたりしたが、最近になってGreeに良く知ってる人が増えてきて、ちょっと戸惑って、数日前からブログのリンクを外すことにした。

具体的には、知り合いからブログ見たよ、と冷やかされるのに慣れてないので、それを防止しよう、というわけなんだが、正直、寂しい気もする。

一方で、ブログを通じて知り合ったり、ちょっとだけ喋って盛りあがって、続きはブログで、みたいな人とかもいるんだよな。Greeで二十登録するのって反則かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.14

RGB-8

これで明日の講義もバッチリ?pic_0472.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武士~MUSA


英雄~HERO」を見て、チャン・ツィイーつながりで見たのだが、タイトルこそ似てるが、「英雄~HERO」は香港映画で、「武士~MUSA」は韓国映画である。

そういうわけで、本編前の映画紹介では韓国映画ばかりが紹介される。
(そういえばHEROのようにシャンプーのCMは出ていなかったな)

明が設立された当時の高麗の話で、昔話といえどもアイデンティティを強く感じさせる展開。

そこに出演するチャン・ツィイー。

というか、なかなか出てこないんだが、もったいぶっただけの価値のある登場の仕方。そして、登場してからラストシーンまで、HEROのようなアクションシーンは一切なしで、表情だけで惹きこむ。

一方で、戦闘シーンはHEROのワイヤーアクションとは対極的な重々しさ。また、かっこよさの次元が違う。色気があるとでも言おうか。ヨン様はどうでもいいけど、MUSAのチョウ・ウソンは大騒ぎになってもいいんじゃないかというぐらい、かっこいい。(女性と一緒に見てなくてよかった。。。)

というか、日本で、こういった映画って、作れないんじゃないの?ってぐらい凄い映画でした。


MUSA -武士-

発売日 2004/08/06
売り上げランキング 45

おすすめ平均
韓国・中国・モンゴルの歴史を迫力あるスケールで描く
チョン・ウソンが最高に格好いい!
生涯一武士。。

Amazonで詳しく見るB00014N7M8

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.08.12

RGB-7

丸ビルの明治屋にてpic_0465.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RGB-6

この人たちもRGBだったんだねpic_0466.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.11

カーナビ嫌いに付ける薬

先日、運良く後部座席だったので、人間観察してました。で、思いついたカーナビ嫌い対策。カーナビ上手になるというより、カーナビにカリカリして車中の会話がぎすぎすしないための対策ですが。

・カーナビの選んだ道が気に入らない場合

カーナビも根拠があって、こうしたんだろうけど、その根拠がわかんないよね。××がドラマの主演やってるのと同じぐらいわかんない。(と同調する振りをする)

・助手席の意見と分かれた場合
(で、結局、カーナビを採用する場合)

君とカーナビを比べられるわけないじゃないか。でも、君は大人だからわかってくれるけど、カーナビは、一度すねたら、後で正しい道を教えれくれなくなっちゃうからさ。

・機械に振り回されてると言われた場合(本当に言う人もいるんです!)

機械の言うことも聞いておかないと、どらえもんみたいなのが現れても、助けて貰えないよ。


以上、話題そらし系でした。どうもすみません。

追補:カーナビ嫌いの傾向

・抜け道探しが好き
・人情を大切にする
・時間に遅れるのが嫌い

つまり、いい人が多いんです。
そういうことにしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.10

RGB-5

これぞ本命。pic_0458.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.09

今年もANに挑戦

ANってシステムアナリストという情報処理の資格なんですが、2年連続で受験失敗してて、今年はどうしようかな、と思ったのですが、受けてみることにしました。

3年目の勉強ともなると、いろいろ大変です。浪人生の気持ちもわかるような気がします。

まず、参考書を読めない。最初の年は「へぇ」の連続なので、なんとか読めた参考書も、半分知ってることばかりなので、新鮮味が足りなくて、続かない。

それから、中途半端に去年の教材が残ってるので、新しい教材を買うのが勿体無い気がする。

というわけで、今回は金払って、合格ゼミを受けに行くことにしました。どこのゼミかは秘密ですが、高いのから安いのから、いろいろありますね。

一応、参考にしたURLをポチポチ貼っておきます。

http://www.itec.co.jp/catalog/default.php?cPath=37_38_49
http://jibun.atmarkit.co.jp/scenter/learning/access.php?c_id=125728
http://jibun.atmarkit.co.jp/scenter/learning/access.php?c_id=129318
http://www.hitachi-ia.co.jp/choicee.asp?shitei=kamoku&cd=HSD001
http://www.a-ron.net/ronbunjyuku/

ついでにAmazonも貼っておきます。
(もちろん、自分で買うため)

で、最後に、システムアナリスト受験する方々へトラックバックを送ってみることにします。もしよかったら、トラックバック返しください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.08

イケてる擬人化

昔から、車とかパソコンの接し方が格好いい人と、そうでない人がいるな、と思ってたのですが、ようやく、それを見極める一つのキーワードに達しました。それは「擬人化」です。

イケてない擬人化

・機械を「ちゃん」付けで呼ぶ
・馬子にも衣装(シールを貼ったりカバーをかけたり)
・壊れたら叩く

イケてる擬人化

・指先で軽くタッチ
・「彼も忙しいから」とマシンの事情を察してあげる
・おだてるとスペックが上がる(これは嘘)

ほかに何かあれば、コメントください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英雄~HERO


英雄 ~HERO~ スペシャルエディション

発売日 2004/01/23
売り上げランキング 379

おすすめ平均
きれい
主演のジェット・リーが初めて脚本を読みながら2度泣いた作品です。
できれば大画面で!

Amazonで詳しく見るB00009RG46

チャン・ツィイー主演。
ということで、ビデオの冒頭に新作情報じゃなくてシャンプーのCMが挿入されている。

話の展開がわかりにくいが、絵は評判どおりの美しさ。
シチュエーションごとに衣装の色が変わるという演出も新鮮。

たまたま、uessayでRGB(色の三原色)の写真を何度か載せているが、まさしくぴったりな作品。でも、それが低予算化のため、なんて話を聞いて、ちょっとショック。

それにしても、中国人(香港人?)って、歴史ものが上手ですよね。
ハリウッドだと、戦いというと、良い人と悪い人になって、「悪い人=変な人」になっちゃう確率も高い。
そこを、全員、美しい人にしようとしてるところが、この作品の良いところでもあり、悪いところでもあるんだろうな。


チャン・ツィイー好きは、こちらをどうぞ。
次は武士~MUSAを見てみようかな。Amazonでは評判いいみたいだし。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.07

冬のハイヌミカゼ

テレビで紹介されていて、気になったので。

ミュージック・フィルム 元ちとせライヴ「冬のハイヌミカゼ」

発売日 2004/08/04
売り上げランキング 35

おすすめ平均
元ちとせファンならず必見!!

Amazonで詳しく見るB0002CHQFI

※Amazonにジャケットの絵がなかったので「ハヤヌミカゼ」のジャケットを入れてます。

南国といえば、奄美はないけど、与論島に行ったことがあります。
家の雰囲気がいいですよね。ほんと和みます。

で、このDVD、そういった映像とかも入ってるらしい。
見たら、行きたくなっちゃうかな。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

壁を発見

先日のフットサルがフガイなかったので、休日もボール蹴ってようと思ったら、近所にちょうどいいのを発見。

pic_0457.jpg

<追記>

で、一時間ほど汗を流した後、久しぶりにシューズまで洗ってしまった。
そんな爽やかな一日なんだが、それをブログに書いてる時点で爽やかじゃないよな。

壁と言えば、この作品を思い出します。
Amazonでも、思いっきり評価が良いです。

安部 公房

発売日 1969/05
売り上げランキング 15,000

おすすめ平均
認識について
夢の中の狸
悪夢

Amazonで詳しく見る4101121028


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.05

RGB-4

RGB-3の中身pic_0456.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.04

28歳からのリアル

人生戦略会議

発売日 2003/01
売り上げランキング 853

おすすめ平均
28歳前に読むと感じるものがあるかも。
絶対に必要な知識
本当にリアル。。

Amazonで詳しく見る4872901460


すでに29.5歳なんだが、帯に

 仕事ができて、いい女もそばにいて
 お金もあるし、心身とも健康で、
 そんな30代をおくるために

とあるので、購入した。
(こういう煽りに弱い。。。)

人生戦略会議というグループが、仕事・転職・お金・結婚・住宅・健康について、28歳の平均値と選択肢を示す。文体は好みが別れるかも。

例えば転職については、してもしなくてもいいが、するなら早めがいい、ということを数値を使って示す。

転職も結婚も、するとなれば専門誌などを買うだろうし、そこからも得られるだろうが、一冊で広く浅く、PR広告抜きで読めるというのは、悪くない経験だと思う。

その中で、すぐに実践に移せそうなのが、モノに関する部分。

・「なぜこれを持つのか」という理由を持つこと
 (値段や便利さだけでは選ばないこと)
・携帯電話を時計にするのは、そろそろ卒業しよう

と、やけに啓蒙的である。時計を持たない、という選択肢は、ないみたい。

最後に、自分が感じた28歳(というか29.5歳)のリアリティ。ブログを始めて、木村剛さんのオフサイド取引とか、梅田望夫さんのオフラインミーティングとかで、有名人ハッカーやら物書きやら行動力のある人を間近に見たり会話したのだが、そういう人が普通にいることがリアルだと思った。普通に、というのは、会社で給料を貰うリアリティと、それとは別に世界を持っていることを普通にこなしているということ。

正直、時計より、こっちのほうが魅力的に感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.03

白馬

に行ってきました。

hakuba2004.jpg

初日は栂池へ。
3年前、パラグライダーをしてた頃、1回飛びに来たのですが、今回も誰か飛んでました。うらやましいなぁ。(今は、やめてしまったので)

そして、翌日は八方池から唐松岳(標高2696m)へ。

八方には、学生の頃にバイトをさせてもらった旅館があるのですが、そこのおじさんにそそのかされて(?)、八方池だけのつもりが、唐松岳の山頂まで足を伸ばしてしまいました。

それにしても、俺って写真うまくない?
(天候のおかげですが)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.02

スタルクのマウス

こんな記事が出てた。

・マイクロソフト、P・スタルクの手になる初の「デザイナーマウス」を発表  http://japan.cnet.com/svc/nlt2?id=20069737

・米MS、著名なインテリア・デザイナと組んだ新作マウス
 http://nikkeibp.jp/wcs/j/pc/318556

スタルクといったら、首都高を走ってたら浅草あたりで見える金色のオブジェの作者として知られていて、ビレッジ・バンガードでもスタルクの写真集が山積みになっている。

 http://www.biwacity.com/puss-n-boot/index_com.jsp?itemClass=100874

でも、写真をみてがっかり。このマウスに5万円も出さないな。

--
見た目なら、こっちでしょう。

・両手でクリック?--スペースシャトル開発から生まれた「二刀流」マウス
 http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20065104,00.htm

--
USBメモリなんて、特に人目を惹きそうなものだと思うけど、車みたいに著名なデザイナーを投入できるほどの市場じゃないってことかな?

気になるのは、この2製品

VictorinoxのUSBメモリ

総革張りのUSBフラッシュメモリ

ここらへんは、社外の人の目に触れる機会も多いから、少しぐらい、お金だしてもいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.01

デビット・シルビアン+高木正勝

深夜、母の家でBSを見ていたら、デビット・シルビアンのライブをやっていた。(さすがBS!)

元JAPANというバンドのボーカルで、坂本龍一とのコラボレーションも有名。最近ではMONSTERというアニメのテーマソングを歌っている。

この人の声、本当に好き!

さて、そのシルビアン様、落ち着いた声の割には坂本龍一以外にもロバート・フィリップとか前衛的な人との競演が多いのだが、この日のライブは、ステージに3人と2台のスクリーンというシンプルな構成。

3人のうち、2人はシルビアン本人と、元JAPANのスティーブ・ジャンセン
1人は高木正勝という日本人で、ステージで映像を作っている。

http://homepage.mac.com/utono/news/news-j.htm

この人、気になるなぁ。DVDも買えるみたいだし。。。
でも、そのうち、今回のライブがDVDになるんじゃないかな?

と思いつつ、シルビアン様の最新作のamazonアソシエイトを貼っておきます。(買いましょう!)

ブレミッシュ
デヴィッド・シルヴィアン

発売日 2003/10/22
売り上げランキング 3,340

おすすめ平均
静かなるアーティストの雄弁な挑戦
自主制作による超「俺節」
実験的無国籍

Amazonで詳しく見るB0000CBCBF

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »