« @niftyとThunderbirdのスパムフィルター合戦 | Main | OSを入れた後にインストールする10のアプリケーション »

2004.04.29

左右対称ジェスチャー

客先で「右肩上がりです」というジェスチャーをやてる途中、ふっと気付きました。
あれ?客から見たら、左肩上がり=右肩下がりじゃん!

というわけで、ジェスチャーを左右対称にしたほうがわかりやすいかな、と工夫中です。

Before/After

普通の感覚だと、現状はこうですね、と左手を出し、こう変わります、と右手を出すと思います。人の視線は左から右に流れるので、それに対応して、そうなるんだと思いますが、これを逆にしてみてます。

『自分から見ると』

      ○客
    
   Before/After
 
      ●自分

『客から見ると』

      ●自分
    
   After/Before
 
      ○客

ジェスチャーを出す前に、一瞬考えて、「相手から見ると、こっちが左だよな」と意識すれば、なんとかできます。また、聴衆に紙資料を渡してる場合は、それを指しながらやれば、かなり自然にできます。

時系列

これは、ちょっと難易度が高いかもしれません。

僕が昔から使うのは、

・毎年、これだけのお金を使っていて・・・と指で左から右に平行に線を引き
・これだけ高く(安く)なります・・・と指を上げたり下げたり

というやつですが、これを左右対称にするには、ちょっと練習が必要です。

余談ですが、僕がこのジェスチャーを使う理由のひとつに「ある部分は高くなるわけだけど、本当に導入する気はある?ちゃんと調整する気はある?」というのを相手から探るというのがあります。

そういう本音ベースのことは、紙に書いて渡したりはしませんから、紙に書いたものをなぞる、ということはできないんですね。

これの応用で、冒頭にも書いた「右肩上がり」をジェスチャーするというのがありますが、これについては、はっきりいって難しいです。無理しないほうがいいでしょう。


左右対称じゃなくてもいいもの

例えば「ポイントは3つあります」と指を3本出すジェスチャーなんかは、左右対称とかは意識しなくてもいいと思います。これは、指を使ったジェスチャーの場合、体の中心に近いものから順番に1,2,3だという意識があるからでしょうか?


左右対称ジェスチャーの効果は?

なるべく、聴衆の視線を気にしながら喋るようにはしてるのですが、不自然に感じる人はいないものの、普通にやるのに比べて、効果があるのかないのかはわかりませんね。

今度、長尺のプレゼンをするときにでも、前半は今までどおりで、後半は左右対称ジェスチャーにして、比べてみようかな。

あと、人って、割と器用に対応できたりするもので、例えばラジオ体操で、人前で見本で体操する先生なんかは、右手を上げて~と言いながら左手を上げたりしてますが、よく見てみると、つられて左手をあげている人とかもいます。

これって、向かいの人が右、としてるのは、自分にとっても右だよな、と頭の中でコンバートしてる人が、世の中にいるってことですよね。子供のときとか、親が箸の使い方を教えるのに、子供と同じ向きで後ろから手を回して教えてあげるか、それとも、対面で教えるか、とか、そういう過程で分かれてくるのかな?

だから、僕が気を利かせて左右対称ジェスチャーなんかしたところで、頭の中でコンバートする人は、僕がBefore/Afterをやって、Afterにしましょう、と提案しても、それが逆転しちゃったりしてるかも。

でも、さすがに、そこは少数派と割り切ってます

|

« @niftyとThunderbirdのスパムフィルター合戦 | Main | OSを入れた後にインストールする10のアプリケーション »

プレゼン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 左右対称ジェスチャー:

« @niftyとThunderbirdのスパムフィルター合戦 | Main | OSを入れた後にインストールする10のアプリケーション »