« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »

2004.02.21

広告の天才たちが気づいている51の法則

1998年の全米最優秀ビジネス書だそうです。
で、「米国では、アドマンやマーケッターが仕事で壁にぶつかったときに読んでいます」と帯にあります。

少し読んでみて、刺激の少ないビジネス書だなー、と思いました。タイトルとか構成とかが弱くて、例えば電車の中とかで読んでても、何も感じない。これこそ翻訳と編集の弱さだろう。

逆に、仕事でプレゼンをしたり、文章を書かなければいけないときなどに読み返したら、こんなにいいことが書いてあったのか、と驚く。文章そのものではなく、文章を書く気持ちまでチェックされるようである。「広告の通り」とは、まさしくこのことかも。

橋本大也さんのblogでも紹介されているが、日本人が好みそうな文章ばかり引用してて、何を書いてるのかわからない。ちなみに、「★☆☆☆☆」だそうだ。

amazonでは、まだ書評はなし。

|

« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

プレゼン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広告の天才たちが気づいている51の法則:

« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »