« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »

2004.02.21

広告の天才たちが気づいている51の法則

1998年の全米最優秀ビジネス書だそうです。
で、「米国では、アドマンやマーケッターが仕事で壁にぶつかったときに読んでいます」と帯にあります。

少し読んでみて、刺激の少ないビジネス書だなー、と思いました。タイトルとか構成とかが弱くて、例えば電車の中とかで読んでても、何も感じない。これこそ翻訳と編集の弱さだろう。

逆に、仕事でプレゼンをしたり、文章を書かなければいけないときなどに読み返したら、こんなにいいことが書いてあったのか、と驚く。文章そのものではなく、文章を書く気持ちまでチェックされるようである。「広告の通り」とは、まさしくこのことかも。

橋本大也さんのblogでも紹介されているが、日本人が好みそうな文章ばかり引用してて、何を書いてるのかわからない。ちなみに、「★☆☆☆☆」だそうだ。

amazonでは、まだ書評はなし。

|

« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »

プレゼン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4282/217380

Listed below are links to weblogs that reference 広告の天才たちが気づいている51の法則:

« ハニーブラウン | Main | 有森裕子 »