« December 2003 | Main | February 2004 »

2004.01.29

今日のアクセス解析


まだアクセス解析を付けて3日目ですが、ほどよく面白いです。

昨日はgoogleで「世界の中心で、愛をさけぶ」を検索して、ここのページを見つけた人が多かったので、googleで、このページのランキングを見たら、びっくり!Amazon.comに続いて2位なんです。

なんで?と思って、いろいろ試してみたら、要するに

○「世界の中心で、愛をさけぶ」
×「世界の中心で愛を叫ぶ」

と、みんな間違った標記でblogとかに書いているみたい。

皆が必死で真面目に「世界の中心で」を広告したりしてる中、人の感想を聞きかじり、自分の意見をちょびっと書いてるだけのuessayが2位になってしまうのは、真面目にSEO(検索エンジン最適化してる人に、ちょっと悪い気分。

それどころか、このページみたいなのを「blogノイズ」と呼ぶらしい。
知らないところで上位にランクされ、知らないところでノイズ呼ばわりされている。

そんなわけで気を付けましょう、と「逆SEO」なるものを試している人もいるようです。
逆SEOは、幾つかのblogで見たけど、誰が元祖かわからないので、トラックバックは延期
詳しく知りたい形は、それことgoogleでたくさん出てきます。

書きたいことを書くのにも気を使いますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.27

fc2.comのアクセス解析


最近、アクセス解析のCGIの調子が悪いのでFC2 ANALYZERに切り替えてみました。左上に「無料サービス」の文字が出るのが気持ち悪いけど、しばらく使ってみよう。

それなりに高機能で、例えばgoogleとかで何を検索して辿り着いたのかとかがわかります。

見てみたら、「ミシェル・ゴンドリー」がトップ。きっと、さっきテレビに出てたからでしょう。その次に「世界の中心で~」と「蹴りたい背中」

あと「イッパツ換太くん」とか「猫の寿命」なんて言葉にも引っかかってます。
gooで検索したら、「イッパツ~」はインプレスとZDNetの間に、「猫の寿命」に至っては、上から3番目にいます。

面白いなぁ!

と同時に、誰からも見られてる場所に投稿しているという事実を再確認した次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

永遠のデスクトップ

デスクトップは永遠のテーマです。

Wiredの「さまざまな製品が登場、デスクトップ向けリナックス」という記事を読んで、Windows以外の世界を、もっと追求しなければ、という気持ちが起きてきました。

SunのProject Looking Glassのデモでは、ウィンドウを自在に回転させ、重なり合うウィンドウを見事に操作できる。

UNIXのデスクトップといえば、今はKDEとGNOMEだが、「NDO::Weblog:最高のデスクトップ用UNIX系OS としての MacOSX」という記事は眼から鱗。早速、トラックバックさせていただきました。

Mac OS XのExposéも気になる。

見た目の楽しさと機能性の両立という難しいテーマを高次元で実現することがデスクトップの宿命だと思う。近年は操作性に加え、「検索性」を向上させるために、アニメーションやら3次元を駆使するのがトレンドか。

gooで実験してるFieldExplolerは、検索結果をブラウズするエクスプローラだが、操作していて最高に気持ちがいい。

検索といえばgoogleが始めたタスクバー検索はYahooやMicrosoftが追随して「サーチエンジンがブラウザを飛び出した--デスクトップ検索の行方を探る」なんて記事も出ているが、タイトルが盛り上がっている割には、見た目が地味で楽しくない。

それより、同じく検索エンジンのnamazuで有名な高林さんのzphotoとかのような画像表示ツールが使っていて気持ちいい。Windowsの画像プレビューや、カメラ付き携帯の画像表示も、近い将来には、こんな楽しい表示になるんじゃないだろうか。

マニアックなところでは、SGIのFSNも、なかなか素敵。(映画「ジュラシック・パーク」で登場しているらしい)

最後に、デスクトップといえばAlan Kay!ということで検索してみたら、Alan Kayがアキバで買い物してる記事を見つけた。意外に若いなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.26

ワイルドスピードX2

白人と非白人という見飽きた組み合わせで、日本車で走りまくる映画。
最後のアクションが、いかにも失敗したアクション映画って感じで、やっちゃったー、と見ていて恥ずかしくなる。

車好きが見たら、面白いかって?それもどうだか。

冒頭のスープラ、GT-R、S2000が競り合うシーンとか、どうやって撮影したんだろうと思うようなアニメのような不思議なカット割りで、工夫と計算の賜物だと思うが、勢いがあるのは最初だけで、途中からはCMで見るほどテンポが良くないし、金がかかってるマシンの割にはおもちゃっぽい。日本車のデザインのせいかな?


ちなみに、私が「かっこいい!」と思う車映画は

1.60セカンズ
 きれいな車がたくさん出てて、それだけで楽しい

2.TAXI
 映画ならではの派手なパーツが面白い

3.キャノンボール
 ジャッキー・チェンも出てた不思議な映画。


オフィシャルはこちら[http://www.uipjapan.com/wildspeedx2/]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝手に車載DVD

pic_0298.jpg

前々から車の中でDVDを見ようと思って、PS2をカーナビに接続したりしてたんですが、いまいち大きすぎて取り扱いが面倒なので、DVD専用機を買っちゃいました。普段はグローブBOXに入れておけます。フタの開閉がチープなのが玉にキズ。ドンキホーテで8000円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.21

蹴りたい背中

話題なので読んでみました。しかもPalmで。

いつも電車で通勤してるのですが、途中で高校生とかが乗ってきて、他愛もない会話をしてたりします。例えて言うなら、それを盗み聞きしてるような感覚の本。全体的に、きれいな感情というより、高校生の頃に感じたことがあるような孤独感とか微妙な感情を、ぎりぎり感情移入できるような絶妙な書き方をしてて、不思議な楽しさがある。

こないだ読んだ「世界の中心で愛を叫ぶ」は、泣くだけ泣いた後に、ほかのひとがどう読んだか気になって、検索しまくり「読み解く必要のない文章なんて陳腐」という考えもあるということを知った。

そうです。芥川賞ですから、読み解きましょう。泣けるかというと全然泣けない。そういうことを期待して読むような本ではないし、どっぷり感情移入できるとしたら、何か間違ってるような気がする。高校の頃に、本当に深刻に孤独に悩んだ人とかは、別の意味で感情移入しちゃうかもしれないけど、著者は、文学的に「孤独」を一生懸命に書いてるんじゃなくて、「孤独」を道具に、感情の変化のおかしさを書いてるんじゃないか、と思う。

でも、芥川賞と知らずに読んだら、どう思うかな。Palmで読んだこともあり、いきなり話が終わっちゃった感が強い。(参照:超整理法をPalmで読む)紙で読んでも、これから盛り上がるとこなのに、とか思ったかも。

2chで盛り上がってるだろうなぁ、とスレッドタイトル検索で検索したら、出るわ出るわココログル出るわ出るわ

とても全部は読む気になれませんので、今回はトラックバックはなし。
綿矢りさの別の作品を読みたいかどうか。うーん、なんとも言えないな。

<追記>iFinderさんじだらくさんにTBを頂きましたので、私もTBをさせていただくことにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.01.20

「超」整理法をPalmで読む


書評というか、Palmで本を読むことについてですが、@irbitway for Palm OS「超整理法4」を買いました。

紙で買うと、文庫で552円。Palmで買うと367円。その差、185円。

PalmにSharpとDocomoが作ったブンコビューアというソフトをインストールして読むのだが、これが、いまいち出来がよくない。まず、どこを読んでるのかわからない。紙なら「ようやく半分」とかわかるのに、そういった表示がないから、読んでて、あとどれぐらい残っているかわからなくて不安になる。それと、目次に戻れないのも考えもの。メニューに「目次」とあるから、ビューアに機能があるけど、本が対応してないだけかもしれないけど、とにかく使えないのは痛い。後述するように、読み飛ばしたくなったときに凄く困る。

ともかく、ブンコビューアで読むのは、ちょっとこりごり。似たような形式でPookというのがあって、これはどっちの問題もクリアしてるので、次に電子ブックを買うとしたら、Pook対応の方ですね。

で、本の感想はというと、この本自体が、新書版の『超整理法』と『超整理法・時間編』をリミックスして作った本なので、全部、読んだことある内容だった。リミックス本ということを、あとがきを読むまで知らなかったので、野口先生はネタの使い回しが多いなぁ、とか思い、読み飛ばしたくてしょうがなかった。こういう失敗、本屋で立ち読みできれば、なかっただろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.19

PT


新着記事に「PT」ってあったので、PTって何だろ、「プロジェクト・チーム」かな?と思ってクリックしたら純生くんという子のリハビリ(?)風景の写真。

横座りが大変なんだ~とか、先生が歌で笑わすんだ~とか、重度障害を克服するのって大変そうですが、がんばれー!って感じです。

PT

冷静に批判したり考察したり技術力を高めたりのBlogもいいけど、がんばる姿を伝えるBlogもいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WEB OF THE YEAR 2003

Yahoo Internet Guideという雑誌(!)でWEB OF THE YEAR 2003という特集でした。

こういう雑誌って、自分で情報を得る手段を持っている人には不用かな、と今まで見向きもしませんでしたが、なんとなく立ち読みしてみたら、自分で情報を得る手段自体を見なおすきっかけになりそうなので、買って見ました。

第1特集の「WEB OF THE YEAR」は、20万人が投票、と言いつつもYahoo寄りで、例えばオンラインサービス部門で、イーバンク、まぐまぐを押さえてYahoo!メールが上位など、へんてこりんなところもある。あと、エンターテインメント部門で「DASH WEB」が1位で、生活情報部門で「伊東家の食卓」が1位、「発掘!あるある大事典」が3位というのもしっくりこない。(20万人が投票した結果なのだとは思うけど)

それより、1996年~2002年までの総合大賞の歴史を載せているあたりが面白い。1996年の5位は全日本プロレスのサイトで、なんと独自ドメインですらない!(この年はソフマップも独自ドメインを持ってなかった)のとかが意外性がある。

第2特集で、男女別とか地域別とかを「裏データファイル」として公開しているが、特に興味を引くという感じもしない。価格.comとか、使っている人は今も多いかもしれないけど、2、3年前のランキングの話じゃないの?と思ってしまう。何が言いたいのかと言うと、この手のランキングは「情報を先取りの人の感性」を反映しているのではなく、情報が早い人、遅い人をミックスしたランキングになってしまうということ。音楽のランキングとは違うリアクションになってしまう。

で、今年の総合1位はというと、まあ、書店で確認してください。

追記
最近、ちょっとネット系の話題に片寄っちゃったな。BlogでBlogを語る、ネットでネットを語る、というのは飽和してる気がするので、ネット系とそれ意外の話題のバランスを考えたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

アクセスログについて

無意識にしてることが、意外に議論の対象となることはありますが、アクセスログも、その代表格だなと思いました。

it1127さんの「アクセス解析調査報告」という記事で、アクセス解析結果を公開し、考察しています。

アクセス解析結果を公開してるところは他にもあるけど、その評価が面白いです。
一部、引用します。

 ♥なぜアクセス解析するのか(商用サイトでないのに)
  ①インセンティブ(馬にニンジン、ムチとアメ)
    ・どのくらいの人が観に来ているか、こっそり覗くのが好き
     出歯亀の心理
    ・アクションしたらリアクションを確かめたいもの
     自然な感情の発露・・・張り合い
  ②ビギナーズ○○
    ・そうゆうもんだと思います
  ③あと、赤ん坊の成長を見守る親の心境かな(親バカですネ)
  ④結果として、意外なサイトの発見がある<---1/18追記
 ♥アクセス解析されることを、嫌がる人に対して思うこと
  ①僕も嫌です。
   でもそれが理由でそのサイトを観ないといった経験はありません
   単に興味がないという理由で観ないサイトはありますが
  ②当初、広告非表示にもできたのですが、後ろめたくて
    意思表示だけはしました。アクセス解析中と右サイド最下位置にこっそりと
    非表示にしても、見る人が見れば判ると思ったので、だったら宣言した方が
    スッキリすると思ったもので
  ③逆に、もはやアクセス解析してない事を、どうやって証明するのか

逆に、アクセス解析ができるということを知っていて、付けない人の意見も聞いてみたいな。もちろん、面倒くさいから、というのは除外で。あるとしたら、覗きをするのはいやだ、という痩せ我慢かな。

私のブログは、まだまだアクセス数やコメント数の少ないほうだと思うけど、一応、右の「ACCESS LOG」という画像をクリックすると見れるようになってます。

で、見て何を思うか、ですが、タイトルに含まれた言葉だったり、タイトル自体の面白さぐらいしか、アクセス数に反映されないんだろう、と。

Webを固定コンテンツと流動コンテンツという風に分けるとすると、そのアクセス要因は、こんな感じかと思う。

固定コンテンツ(Blogみたいにさっさと書くのではなく、ホームページビルダーとかで書いてるページ)

・コンテンツ自体の面白さ(役立ち度とか)
・ほかのページからのリンク
・検索エンジン

流動コンテンツ(Blogみたいなの)

・タイトルの面白さ
・その人は、いつも面白い記事を書く、という評価
・雑誌などの紹介
・検索エンジン

で、私のブログは「いつも面白い記事を書く人」という評価を得るには至ってなさそうだし、雑誌とかで紹介される気配もないので、タイトルか検索エンジンぐらいだろうな。だから、アクセス数のことだけを考えれば、人が興味を引きそうな素材を、いいタイミングで書けばいいんだろうけど、残したい感情を書くという楽しみもあるわけで、どっちつかずな気分になります。

だから、アクセスログが日々の励みになるかどうか、という点では、なかなか欲求不満で、コメントとかトラックバックを貰えたほうが何倍も嬉しいのですが、それでも「ないよりマシ」という感じです。

アルマさんが同じ記事をトラックバックして「アクセス解析してるサイトけっこう好き」という記事を書いてました。こちらも引用します。

その点、アクセス解析のバナーが貼ってあったりブラウザの右下にクッキーブロックのアイコンが表示されるサイトだと、あぁここは無理に掲示板に書き込まなくても見るだけで「来ましたよ」と足跡を残せるんだとほっとした。

あ、これは少しはあるかな、と。もちろん、検索で見つけただけのサイトに「あなた、また来ましたね」とか影で記録されるのは別として、知り合いとか応援したい人とかは、そうではないですよね。Blogの場合、一度、コメントを書いたり書かれたりというだけでも知り合いって拡大解釈でもいいのだとしたら、アクセスログで、その人がもう一度訪ねてくれたりしてくれたのがわかったら素敵なことだと思うし、その逆も悪くない。

ちなみに私の使ってるCGIでは時間とIPアドレスだけで「何を検索して来たか」とか解析できません。残念。

本当は、「私のBlog見て、どう思いました?」ぐらいのがあってもいいのかもしれないけど、そこまではTVの視聴率ですら難しい話だろうし、それを現時点で最も組み込まれた仕組みがBlogではないかと思うので、今、自分はBlogをやっているんだろうな。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2004.01.17

はじめてはC?


@ITではじめて本格的に修得したプログラム言語は?という投票をやってます。

選択肢にJavaがなかったり、今を反映してないような気もするけど、世の中、PrologやAPLが最初のプログラムという人もいるんだな、と。あと、17%もいる「その他」が気になるぞ。

ちなみに、そのページではCが1位でした。
私は、AppleScriptが最初。

これからプログラムを始める人に、すすめるとしたら何でしょうね
やっぱりJavaかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万座温泉

pic_0292.jpg

平日は空いてて気持ちいい!
でも、全ルート滑走可能になってないのが残念

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.15

イッパツ換太くんキット

pic_0287.jpg

レアモノショップで買っちゃいました。

USBは大抵のピンに対応できて、LANケーブルもクロスに変換できて
おまけにマウスまで付いてる。(マイクとイヤホンは必要なのか???)

写真ではコンパクトに見えるけど、実物はかなりでかい。
必要なものだけ持ち運べばいいんだけど、それじゃ芸がないかな。

まあ、でも満足。会社で自慢しようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.14

キリン クラシックラガー

pic_0286.jpg

うーん、ビールって感じ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.12

Multi-media speaker

pic_0282.jpg

Multi-media speakerというのだそうです。
パソコンのCD-ROMの空きベイに付けて使います。

pic_0283.jpg

はい。こうなります。

本当はUSBが背面だと使いにくいので、USBハブを買おうかと思ったら、スピーカー付きで2,200円。USBハブより安いんです。音質は、まあまあ。低音は出ないんですが、もともとスペックの低いパソコンで、CDを再生しながら何かすると音が途切れるので、どうでもいいです。

CD-ROMの空きベイ(5インチベイっていうんだっけ?)は、スピーカーのほかにも温度計を付けてパソコンのファンをコントロールするとか、いろいろ妙なアイテムが揃っていて面白いです。車のシガーライトも付けられるらしい。

個人的に、付いてると面白いな、と思うものは

・小物入れ
 検索したら、自作してる人がいました。
 製品にもなってます。
・小さい画面
 カーナビの画面みたいに。。。と思ったら、これもありました!(Logitec
・イコライザー
 日商エレクトロニクスが扱ってます。売れるんだろうか?
・名刺用スキャナー
 サイズ的には、ちょうどいいんじゃないか?というより、小物入れにして、入れておけばいいか。
・付箋紙用プリンタ
 こーんなやつ→(Casio KP-C50/KP-C10
 別に外付けでもいいけど、内蔵だと、すぐ使う気になるから、消耗品もよく消費されるんじゃないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

表計算大会2004


日経PC21で表計算大会2004をやっています。

去年、サボらなければ5年連続全問正解ってことになるはずなんだが。。。

どう解いたかは、結果が出てからにします。
3問あって、3時間ぐらいかかったかな。
問題自体も、なかなか大変だけど、できれば優秀賞とか、せめて努力賞の図書カードぐらい欲しいので、一工夫を凝らしたりすると、結構、時間がかかります。

でも、こういう腕自慢が揃う企画だから、腕自慢中の腕自慢を選んでもいいんじゃないかな。「マクロを使わない」というコンセプトとか共感できるが、VLOOKUPやMATCHに片寄ってるので、問題自体を募集するとか、毎週、問題を出し、答えられなかったら脱落とかもっと難関にしてもいいんじゃないかな。

それとも、ほかに、Excel自慢が集う場所でもあるのかな。

と、まだ全問正解したわけじゃないのに、さらなる課題を探し中です。
Excelは人に自慢できる数少ないスキルなので、極めたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.10

上越国際

pic_0280.jpg

今年の初すべりでした。
向こうの山がきれいでシャッターを切ったけど、やっぱりⅰショットでは難しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.09

Googleを超える

HotWireに『グーグル』を超える新たな検索ツールという記事が出ている。

『グーグル』が表示する数十ページの検索結果をわざわざ最後まで見る人がいるだろうか?

その通り。見る気はしない。

そこで検索結果を、いかに分類するか、という技術が登場するわけだが、そのなかのグロッカー2というツールを試してみた。

きっと、日本語は通らないんだろうな、と、なんとなくUtada Hikaruと入力。

すると、小さな丸が現れ、脇にJapaneseと表示が。
お、と思ってる間に、次々と丸が生まれて、PopとかArtistとかFisrt Loveとか関係のある言葉がぽこぽこでてきて、しかも、それらがくっついたり、細胞分裂を見ているような感覚。

なるほど、これが、数々の検索結果を自動分類するツールか。

ほほぉ、と思って日本語を入力しても、ちゃんと使える。
ただ、分類は、機械のやることというか、イマイチ、わかりにくいかな。

今話題の「SoftEther」だと「BBS」「Japan」「トップ」「News」というカテゴリーされ、
なるほど、Newsでどう出ているか、BBSでどう出ているかが調べやすいかな。

「椎名林檎」は「勝訴ストリップ」「Love」「Hits」「Album」とか。
Loveは、ちょっとわかりにくいな。

今、テキストマイニングにはまってて、茶筅とかを使って、いろいろ語句解析を楽しんでいるが、結果の見せ方に一苦労する。グロッカーは見たところJavaで動いているみたいだし、いいヒントになりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.07

ビルクイズ

pic_0277.jpg

さいたま新都心です。
この1Fの本屋で政府刊行物を読み漁ってました。

これでビジネスにつながればいいのだけれど。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.06

終電

pic_0275.jpg

正月早々、忙しい日々でした。
正確には終電の何本か前なんですけど。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

★界の中心で、★をさけぶ

※ごめんなさい、Yahoo!やgoogleで検索結果の上位に表示されないようにするため、タイトルを伏字にしました。

世界の中心で、愛をさけぶ
片山 恭一

発売日 2001/03
売り上げランキング 500


Amazonで詳しく見る4093860726

10時ごろから読み始め、1時過ぎには読み終わりました。
いやー泣けた!評判どおり

ココログ書き始めてから、ほかのひとのレビューが気になり、いろいろ探してみました。

amazonでは「泣けない」派も少なくないみたい。

NaneyOrgWikiでは、もっと色んな意見があって、これだけ割れるのも珍しいんじゃないか、と思うほど。

21歳・大学生・女の感想。別に嫌いじゃないけど、好きじゃない。とにかく陳腐。薄っぺらい。小学館のマーケティング戦略が上手く行き過ぎて、ベストセラーになっちゃって、ばかみたいに共感を得すぎている事が腹立たしい。心から人を愛するなんて事は、こんな商業主義的な小説で言われなくたって解ってる。治らない病気の絶望も、大切な人の死も知ってる。だからこそ、こんな、エンタテイメントにもなっていない学級文庫みたいな小説は、我慢がならない。誰にでも解る・何も読み取る事必要のないような文章って、そんなの取扱説明書だけで十分じゃない。小説である必要がない。もっと上質なものがベストセラーになればいい!日本国民はそんなにばかじゃないと、思いたいよ...。

確かに、ちょっとマーケティングしてるよな。冷静に読み解いたら、この小説の設計図を書けそう。

徒然なるままだしにも指摘されてるように、「世界の中心で~」もそうみたいだけど、片山さんの小説ってタイトルが「ジョンレノンを信じるな」とか「満月の夜 モビィディックが」とか、他の作家へのオマージュというか、利用してるだけみたいな気もして、ちょっと複雑です。

でも、ココログに書くなら、ORANGE HAMSTERみたいに、自分の思ったことを書くのが一番ですよね。

個人的には、アキにぐっときました。高校のころ、女の子と一緒に泳いだことないなー、とか、変にうらやましくなったな。こういうふうに、理解してくれて、自分の考えを持っている女性って、あたりまえにいるんだろうけど、バランスいいというか、少し難しい話にもついてきてくれて、許しの与え方が絶妙で、抱えきれないほど悲しみを背負う、もう理想の女性ですね。こういう恋愛、これからできるかなぁ、とか、読んでる途中で、とほほ、と思いました。

映画では長澤まさみという人が演じるようです。残念だけど「原作がよかった映画を見るとがっかりする」というジンクスに、ずいぶんとはまってるので、映画は、多分、見ません。

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語
益子 昌一

発売日 2004/04
売り上げランキング 


Amazonで詳しく見る4094080244


世界の中心で、愛をさけぶ~Visual story BOOK~
杉山 芳明

発売日 2004/04
売り上げランキング 


Amazonで詳しく見る4093800618

| | Comments (60) | TrackBack (2)

ミシェル・ゴンドリー

TVを見てたら、すごい映像作家が出てました。

最近、ビョークのDVDを買って、すごい映像作家がいるもんだ
と思ってたら、ビョークのプロモで有名になり、ストーンズなど
いろいろ手がけてるらしい。

Continue reading "ミシェル・ゴンドリー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.01

大晦日のテレビ

あけましておめでとうございます。

大晦日は予想通り、格闘技を3つ、チャンネルをとっかえひっかえでした。

家族と一緒にいるのに、Yahooのチャットの格闘技に入り浸って、次はどこで試合が、とかやってました。おかげで重要な試合は見逃さずにすんだけど、来年もこれだとしたら、ちょっとしんどいな。

ちなみに、私にとってのベストバウトは

1.桜庭vsノゲイラ
2.吉田vsホイス
3.ジョシュ・バーネットvsセーム・シュルト
4.ヒース・ヒーリングvsジャイアント・シルバ
5.中邑vsイグナショフ

で、番組別には

1.PRIDE
 試合内容がよかったので、かろうじて1位。
 あと、高田と橋本&小川のかけあい(というか、ハッスル1の宣伝)が面白かった。
 演出としては引っ張りすぎ。
 過去の試合をテロップもなく流したり、番組制作姿勢に問題ありじゃない?
2.K-1
 曙vsサップは、絵としては迫力あるが、内容は次回以降に期待。
 それにしても、選手の知名度のせいか、K-1らしさがなかったなぁ。
3.イノキボンバイエ
 藤田は、まあまあ上手かったけど、相手も弱かったんだろうな。
 永田も、やはりだめだった。
 それ以上に、安田、村上が、本当に期待に応えない。
 猪木には期待する気もしない
 藤波は、あそこまで猪木に付き合うこともなかったんじゃないか?
 引退を、すぐ商品にするレスラーは嫌いだ。

でも、重要な試合は、しっかり時間をずらしてるあたり、
最低限の協定が結ばれたんだろうな。

こういうのを投票してるところ(サイト、番組など)ってないかな。

試合結果については、こちらのページが参考になります。

スポーツナビ


また、ほかの視点で書いてるココログにもあけましておめでとうトラックバックさせていただいてます。(ココログルにも感謝)

今年もよろしくおねがいします

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« December 2003 | Main | February 2004 »